スイカ,育て方

スイカの育て方.com

スイカ つる枯病

読了までの目安時間:約 5分

 


スポンサードリンク


suika008
敷きわらは、スイカを病気から守ります

 

 

[スイカ つる枯病]

 

 

■つる枯病とは?

 

つる枯病とは、カビの一種である菌が侵入して起こる病気です。
ウリ科の植物で多くみられ、スイカでも多くみられます。

 

放っておくと大事なつるが枯れ、全体が枯れてしまいます。
病気にかからないような環境を作り、薬剤散布などで予防することが大事です。

 

 

■つる枯病の症状

 

つる枯病は、葉・つる・実に症状が現れます。
株元に近いつるの色が、きれいな緑色から少し暗い色になり、
少しつるが太くなります。

 

その後、褐色になり、つるがひび割れてしまうまでになります。
ひび割れた部分にはヤニが発生することもあり、
乾くと赤褐色になります。

 

湿度が高い時には褐色になった患部が、灰色になることもあります。
つる以外の患部にも、黒い斑点ができることが特徴の一つです。

 

患部の斑点が大きいことがありますが、
やはり黒い小さな斑点がたくさんできることで、
病気にかかっていることが分かります。

 

葉は、縁から扇型に変色し、
だんだんと褐色の部分が広がっていきます。

 

病気が進行し、つるがひび割れてしまった後は、
水分の供給がうまくいかなくなり、
患部よりも上の部分がしおれたり、
枯れたりするようになります。

 

 

suika

空中栽培は病気にかかりにくいです

 

 

■つる枯病の原因

 

つる枯病の菌は、カビの一種です。
高温多湿の環境を好みますので、
梅雨時期や梅雨明け直後に発生することの多い病気です。

 

患部や途中に菌がいるため、
雨によって跳ね上げられた土が葉やつるに付着し、
症状が出ることが多いです。

 

 

■つる枯病の予防

 

スイカは地這い栽培することが多いため、
土が付着する可能性がとても高い環境にあります。

 

植え付ける時にビニールマルチをかぶせておいたり、
敷きわらをしておくようにすると、跳ね上がり防止になります。

 

また、葉が重なったりして風通しが悪くなった場所も、
湿気がこもりやすいため、つる枯病が発生しやすくなります。

 

ウリ科がかかることが多い病気な上、土中に菌が留まってしまうので、
連作していると発病の確率が高くなります。

 

数年の間はウリ科を育てていない場所を選んだり、
容器栽培をする場合は新しい培養土を使うようにします。

 

また枯れたり傷んだりした葉や、
葉やつるが重なりあってしまっているところは、
整理して風通しをよくしておきましょう。

 

 

■つる枯病にかかったら

 

もしつる枯病にかかっていることが分かったら、
自然に治癒することはありませんので、専用の薬剤を散布します。

 

まずは症状の出ている葉などを取り除き、焼却処分します。
取り除いた葉などをその辺に放置していると、菌が土中に残り、

またそこで病気が発生することになる上、
近くでウリ科の植物を育てていると、感染することもあります。

 

取り除いた患部は必ず袋に入れるなどして土に触れないようにし、
処分するようにしましょう。

 

散布する薬剤は、STダコニール1000・トリフミン水和剤・
GFベンレート水和剤などがあります。

 

それぞれ使用法や希釈率などが違いますので、
必ず用法や用量、登録されている病気と植物を確認してから、
購入し、使用するようにしましょう。
*病状写真は取材中です。
■参考

 

タグ : 

スイカの病気

スイカ栽培 失敗

読了までの目安時間:約 7分

 


スポンサードリンク


suika (1)

スイカは大きいだけに失敗するとショックです

 

 

■スイカ栽培 失敗

 

スイカを張り切って育ててみたけれど、
なぜか、どうしてもうまくいかないこともあります。

 

理由はそれぞれ違いますが、
よくあるスイカ栽培の失敗と対策をご紹介します。

 

 

tugikinae002

良い苗を選ぶのが第一歩

 

 

1.苗が大きく育たなかった 
苗を植えてみたものの、花が咲く以前につるが伸びることもなく、
そのまま枯れてしまった、ということがあります。

 

植えた苗がすぐに枯れてしまうのには理由があります。
まずは苗自体が弱っていたこと。
選んだ苗が病気にかかっていたり、害虫がついていたり、
軟弱に育っていたものだったりすると、
植えても元気に育つことができず、そのまま枯れてしまいます。

 

他にも、うまく根付かなかった、水切れを起こしてしまった、
寒さに当たった、なども考えられます。

 

苗は元気なものを購入し、正しい手順で植え付けます。
根付くまでの2週間ほどは水切れに弱いので、水やりにも注意します。

 

 

hotcap

ホットキャップ C)ガーデニングどっとコム

 

 

2.苗を寒さにあててしまった 
スイカは温帯が原産の植物です。
そのため暑さには強いですが、寒さには弱いです。
特に、まだ小さい苗だったり、植えてすぐの頃は、
寒さに当たるとたちまち枯れてしまうことがあります。
苗を植えた後は、気温が上がって安定するまで、
ホットキャップや寒冷紗をかぶせて、
防寒対策をしておくようにしましょう。

 

3.水をあげすぎた
苗を植えてすぐは、根づいていないため水やりが欠かせません。
けれど、根づいた後はどちらかというと乾燥気味に管理します。

 

スイカはあの大きな実をつけることから、
水分を欲しがるものだと思われがちですが、そうではありません。

 

必要な水分を与えることは大事なことですが、水をあげすぎると、
過湿の状態になって根腐れを起こすことになります。

 

大事な根が傷んでしまっては、その後の生育に大きく影響します。
水の与え方には注意しましょう。

 

4.つるボケした
つる性の植物でありがちなのが、つるボケの症状です。
花も実もつかず、つるが伸びて葉が茂るだけの状態です。

 

つるボケの原因は、元肥が多すぎたり、
スイカにストレスを与えたなどがあります。

 

一番多いのは元肥が多すぎることです。
元肥が多いと、草勢が強くなりすぎてしまい、
つるを伸ばすことにばかり養分を使ってしまうようになります。

 

元肥だけでなく、追肥をする時も、
必ず適正な量を与えるようにします。

>>スイカの肥料は?

 

 

kodama2015.06.10

スイカの雌花

 

 

5.着果しなかった 
花は咲くけれど、うまく着果しなかった時は、
受粉がうまくできていないのかもしれません。

 

虫が媒介する環境であっても、
人工授粉をすることで着果率が上がります。

 

花粉は朝早い方が出やすいので、
10時頃までには受粉作業を終えるようにします。

 

また、雨の日は花粉が流れやすくなるので、
人工授粉をするには向きません。

 

支柱を立てたところにビニールをかぶせ、
雨除けをすることで花粉が流れてしまうのを防ぐことができます。

>>スイカの受粉方法

 

6.つるが伸びて整理できなかった
つるを伸ばしたい放題にしていると、つるが滅茶苦茶に絡みます。
つるの整理ができていないと、
どのつるにいくつの実がついているかが把握できません。

 

特に大玉スイカの場合は、1つの実に養分を集中させるために、
摘果の作業が重要になってきます。

 

また、つる同士が絡んで葉が重なると、
風通しが悪くなって病害虫の原因になります。

 

摘芯をした後は、子づるが伸びてくるので、
伸びたらその都度誘引し、つるの状態を把握するようにしましょう。

 

 

suika12 (2)

収穫を間違えたスイカ(漬物やピクルスにすると美味です)

 

 

7.収穫適期がわからなかった 
大きく育ったスイカの実を、いざ収穫して切ってみたら、
まだ、中も青っぽく収穫には早かった。

 

あるいは、いつ収穫しようかとまごまごしていたら、
収穫が遅れて実割れをしてしまったなどは、よくある失敗です。

 

スイカの実を収穫するときの目安は、受粉させた日からの日数や、
実の近くについているひげづるの色が参考になります。

 

他にも、全体の色やツヤ、叩いた音や触った感触など、
スイカからの収穫のサインはたくさんあります。

 

目安はどれか一つに絞らず、総合的に考えて、
タイミングをはかると収穫適期がわかりやすいです。

>>スイカ 収穫時期の見分け方

 

タグ : 

スイカ栽培 Q&A

人気の記事!