スイカ,育て方

スイカの育て方.com

マダーボール

読了までの目安時間:約 5分

 


スポンサードリンク


Madder ball (2)

マダーボール  C)北の逸品・北海道

 

 

ラグビー形をした小玉の赤肉スイカ、マダーボールを紹介します。
こちらはみかど協和株式会社から販売されている品種です。

 

マダーボールには他にも3品種ありますので全て紹介していきます。

 

マダーボールシリーズに共通することは、どれもつるの勢いが強いことです。
元肥は控えめにしてつるボケを防ぎます。
また、着果が良いのでたくさん収穫できます。

 

接ぎ木のいらない品種もありますので、栽培を検討されてみては?

 

 

[マダーボール]

 

 

■小玉スイカ マダーボール

 

◎特徴
・極早生品種
・つるの勢いは強い
・実の表面は緑色に濃緑色の細い縞模様が出る
・楕円形をしている小玉スイカ
・果肉の色は濃紅桃色
・食感はセンイが少なく、しまっていてシャリ感がある
・糖度は12~13度と高く安定し、食味食感ともに良い
・実の重さは2.2kg前後
・縦の長さは大体20cm前後
・変形果、空洞果になりにくい
・ハウス、トンネル、地植え栽培に適している

 

◎栽培のコツ
・つるの勢いが強いので、元肥は控えめにする
・栽培方法は一般的な小玉スイカと同様
・収穫時期は受粉後40日程度で収穫できる。

 

 

Madder ball66

■小玉スイカ マダーボール66

 

こちらはマダーボールの姉妹品種になります。

 

◎特徴
・つるの勢いはやや強い
・ほとんどの特徴はマダーボールと同様
・果肉の色は鮮紅桃色
・皮が薄いので皮際まで食べられる
・糖度は12度以上と高く安定する
・実の重さは1.8kg~2.5kg
・果肉、果皮の両方が硬く、裂果しにくく、日持ちも良い

 

◎栽培のコツ
・つるの勢いがやや強いので、元肥は控えめにする
・栽培方法は一般的な小玉スイカと同様
・マダーボールと同様に収穫時期は受粉後40日程度で収穫できる。

 

 

FR-Madder ball.

■小玉スイカ FRマダーボール

 

こちらは新品種で、接ぎ木のいらない品種です。

 

◎特徴
・つるの勢いは強い
・接ぎ木のいらないスイカ品種
・自根スイカ特徴の食味、食感、香りがある
・実の表面は緑色に濃緑色のやや太い縞模様が出る
・形は他の品種と同様に楕円形
・果肉は鮮紅桃色
・皮が薄いので皮際まで食べられる
・実の重さは2kg前後
・糖度は12度以上と高く安定する

 

◎栽培のコツ
・つるの勢いが強いので元肥は控えめにする
・栽培方法は一般的な小玉スイカと同様

 

 

Gold Madder ball.

■小玉スイカ ゴールドマダーボール

 

マダーボールの中の黄色いスイカです。
他のマダーボールと違ってつるの勢いが大人しいです。

 

◎特徴
・極早生品種
・つるの勢いは中程度
・実の表面は緑色に濃緑色の独特な縞模様が出る
・形は他の品種と同様に楕円形
・果肉はクリーム色または黄色
・食感はやわらかく、食味はさわやか
・その他特徴は他のマダーボールと同様

 

◎栽培のコツ
・栽培方法は一般的な小玉スイカと同様
・マダーボールと同様に収穫時期は受粉後40日程度で収穫できる。

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方

 

タグ :

スイカの品種

ブラックボンバー

読了までの目安時間:約 3分

 


スポンサードリンク


blackbonber

ブラックボンバー

 

 

ブラックボンバーという名のスイカを聞いたことはありますか?
かなりの有名品種です。
タキイ種苗から販売されていました。

 

今はタキイ種苗のサイトにも乗っておらず、廃盤品種のようですが、
種が残っている方は貴重ですので育ててみてはどうでしょうか?

 

現在のところ、品種の紹介だけになりそうです。
小玉スイカ、ブラックボンバーを紹介します。

 

表面が黒く、中は赤肉の小玉スイカです。
実の重さは2.5kg~3kgでやや、皮が厚いです。

 

糖度は大体12度くらいと安定していて、中心の糖度と皮の近くの糖度は
約2度くらい差がありますので、皮の近くは大体10度くらいですね。

 

肉質はしっかりしていてシャリ感がありますので、食味食感ともに良いです。
日持ちもするので畑に置いたままでも良いので長く楽しめますね。

 

また、収量が多い品種なので、株あたり3個~4個、確実に収穫できます。

今は販売されていないので貴重な品種です。
手元にブラックボンバーの種がある方は育ててみてください!

 

 

■小玉スイカ ブラックボンバー

 

◎特徴
・つるの勢いは中程度
・実の表面は黒く、赤肉の小玉スイカ
・実の形は球形
・実の重さは2.5kg~3kg。育て方によりもう少し大きくなる
・皮に粘りがあるので裂果しにくい
・肉質は硬めでシャリ感があり、日持ちも良い
・日持ちするので収穫適期の日数が広い
・高温になる時期に収穫するような作型に適している

 

◎栽培のコツ
・中間地で4月下旬~5月いっぱいまでに定植する
・高温期に収穫するような作型に適しているので、上記よりやや遅めでも良い
・子づる3~4本で仕立てて、株あたり3果収穫にする
・着果は18節くらいの3番花に実をつけるようにする
・収穫時期は受粉後36日~38日程度で収穫できる
・その他の栽培方法は一般的な小玉スイカと同様に行う
* ブラックボンバーの種は出回っていないようです。
入手困難なスイカなので、もし種を入手できたら育ててみてくださいね。

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方

 

タグ :

スイカの品種

人気の記事!