白いスイカ

スイカの育て方.com

白いスイカ

読了までの目安時間:約 4分

 


スポンサードリンク


白いスイカ 銀世界 C)園芸ネット

 

 

スイカは赤い果肉と黒い種、表皮には緑と黒の縞模様がトレードマークです。
けれど、スイカにもたくさんの品種があります。

 

中には果肉が黄色やオレンジのものがあったり、
種が小さい、あるいは種なしの品種もあります。

 

最近は赤以外の果肉のスイカや種なしスイカは、
スーパーなどでもよく見かけるようになりました。

 

さらに珍しいのは、真っ白な果肉を持ったスイカです。
白いスイカとは、どのようなものなのでしょうか。

 

 

[白いスイカ]

 

 

■白いスイカは熟れていない?

 

スイカを食べようと切ってみた時、中の果肉が真っ白だと、
まだ収穫が早すぎたのかとガッカリします。

 

けれど、スイカの中には、熟れていても果肉が真っ白なものもあるのです。
そういった果肉の白いスイカを、総称して「銀スイカ」と読ぶそうです。

 

白いスイカの最大の特徴は、やはり真っ白な果肉でしょう。
スイカといえば、赤い果肉というイメージがありますが、
白いスイカの果肉は、白から淡い黄色をしています。

 

一見するとまったく熟れていないように見えますが、
食べてみるとちゃんと味があるので、熟れていることが分かります。

 

白いスイカは、一般的なスイカに比べ、風味がさっぱりとしているのが特徴です。
シャリ感は弱めですが、口当たりが良いので、
暑い日にたくさん汗をかいた後に食べると、とても爽やかな気分になれます。

 

 

■白いスイカの品種

 

現在、種や苗が販売されている白いスイカは、
銀世界、クールチャージ潤、銀大和西瓜の3種類です。

 

実自体の流通はとても少ないので、食べたいと思うなら、
自分で育てた方が確実です。

中には苗の販売もなく、種からの栽培となるものもありますが、
自分で育てた白いスイカは、格別な味がすることでしょう。

 

 

・銀世界
白に淡い黄色を混ぜたような果肉の色が特徴の、中玉サイズのスイカ品種です。
種と苗の販売があり、草勢も旺盛で育てやすく、家庭菜園向きの品種となっています。

 

 

・クールチャージ潤甘味に加えて、酸味のある味わいが珍しい、白いスイカです。
果肉の色は、白からややクリームがかったような色合いが優しいですが、
シャリ感のある食感で、食べた後がとても爽やかです。

 

 

・銀大和西瓜クリーム色の果肉をした白いスイカです。
銀世界やクールチャージ潤に比べると、糖度が高くありませんが、
古くからある品種です。

固定種なので、食べた時においしいと感じたら、
種を自家採種し、翌年に播くことで、また栽培することができます。

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方
・スイカ 収穫時期の見分け方


スポンサードリンク

 

タグ :

スイカ栽培 Q&A

人気の記事!