サンバ 摘心

スイカの育て方.com

サンバ 摘心とその後

読了までの目安時間:約 4分

 


スポンサードリンク


[サンバ 摘心とその後]

 

 

こんにちは、Senaです。

 

サマーオレンジベビーと同日に、サンバも摘心をしました。
サンバは草勢が強いので、摘心の時期としては遅いです。
草勢が異なる品種を同日に摘心するのはよくないですね。

 

摘心前の6月5日と、摘心からしばらく経ってからの写真です。
摘心直後の写真のデータが飛んでおり、復元も出来なかったです。

 

基本はサマーオレンジベビーと同じように摘心したので、
そちらの記録も見ていただいて補足してもらえればと思います。

 

6月5日時点の様子からご紹介します。
草勢が強いせいか、つるや葉がとても太く、大きいです。

 

 


サンバ 6月5日

 

 

つるはそんなに伸びていませんでした。
近づいて見ると、こんな感じです。

 

 


サンバ 株の様子

 

 

株自体が大きめです。
葉もつるも大きいです。
この日は摘心せず、そのままにしておきました。

 

摘心したのは、6月13日でした。
写真データが飛んでしまったため、写真はありませんが、
サマーオレンジベビーより明らかに生育が良かったのです。

 

また、つるも太く、しっかりしていたので、
摘心しにくかったです。
手で摘心すると株を傷めてしまうので、
ハサミを使ったほうが良かったです。

 

7月に入って7月1日、摘心からしばらく経ってからの観察です。
全体を見ると、このくらい伸びていました。

 

 


サンバ 全体の様子 7月1日

 

 

マルチからはみ出してしまいそうです。
このまま放っておくと、通路に根が着いてしまいそうなので、
早めにマルチの上に戻しておきました。

 

株を上から見ると、より伸びているのが分かります。

 

 

サンバ 上から

 

 

いい感じに生育してくれています。
ここで気になったのが、葉っぱです。

 

何か分かりませんが病気っぽいなと思って、拡大写真を撮りました。
初見ではうどんこ病かなと思いました。

 

 


サンバの葉 病気

 

 

うどんこ病じゃなくてもカビのようなので、
湿度が高かったとか、そういうような要因のようです。

 

この程度の病気は、市販されている薬剤で対応できそうです。
広がる前に早めに対応したいと思います。

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方
・スイカ 収穫時期の見分け方


スポンサードリンク

 

タグ : 

スイカ栽培記録

人気の記事!