スイカ,育て方

スイカの育て方.com

スイカ 袋栽培

読了までの目安時間:約 5分

 


スポンサードリンク


hukurosaibai

ガーデンバッグを使った、袋栽培

 

 

[スイカ 袋栽培]

 

 

スイカは、袋栽培でも育てることができます。
プランターや鉢を使っての栽培と、少し異なる手順もありますが、
省スペースで美味しくできます。

 

トマト、ナス、ピーマンなども、育てられます。

 

 

■袋の選び方

 

袋栽培をする時に使う袋は、基本的にはどのようなものでも大丈夫です。
一番手っ取り早いのは、市販されている培養土の袋に穴をあけ、
そのままスイカ栽培に使う方法です。

 

その他、不織布やフエルトなどでできた既製品の袋やバッグを使ったり、
コーヒー豆が入っていた麻袋なども使えます。

 

培養土の袋をそのまま使った状態で、
鉢カバーのように不織布やフェルト製の袋や麻袋をかぶしてもお洒落です。

 

培養土の容量はメーカーなどによって様々ですが、
スイカは根を張るスペースを広くとった方が良いですね。

 

あまり小さなものはすぐに根詰まりするため使えません。
できれば30リットルくらいのものを使うといいでしょう。

 

培養土の袋は、耐久性が1年くらいのものもあるので、
できれば、ガーデンバッグのほうが長持ちし移動も楽です。

 

 

hukurosaibai (2)

 

タフガーデンバッグ 直径35H30,25リットル 価格296円 (税込) C)charm 楽天市場店

 

 

■水はけ

 

スイカ栽培では、水はけはとても重要なポイントです。
培養土のなど袋の場合、プランターや鉢などと違い、
鉢底石を入れることができません。

 

鉢底石がなくても、袋の底に余分な水が溜まったりしないように、
工夫する必要があります。

 

・袋の底に穴あけする
培養土の袋の場合、まずは底になる部分に、
ドライバーなどで何か所か穴をあけます。

 

あまり大きな穴をあけてしまうと、そこから土が漏れ出てしまうので、
ドライバーくらいの太さがちょうどいいでしょう。

 

・浅植えにする
苗を植え付ける時、培養土から根鉢が少し出るようにして植え付けます。
こうすると余分な湿気が株元に溜まるのを予防することができます。

 

鉢底石を入れることができない分、
水はけが悪くなりがち、蒸れがちな袋栽培では有効な方法です。

 

・すのこを利用する
袋の下にすのこなどを置いておくと、床に直接おくよりも隙間ができ、
そこから水が抜けやすくなります。

 

・さらに穴を増やす
栽培も後半になると、根が張ったりしてだんだんと土が硬くなってきます。
こうなると水はけが悪くなり、最初にあけた穴から水も抜けにくくなってきます。

 

そんな時は、穴を増やしてみましょう。
最初にあけた穴と同様に、ドライバーで穴をあけます。
最初にあけた穴と穴の間に新しい穴を増やすようにすると効果的です。

 

 

hukurosaibai1

培養土袋の袋栽培の方法

 

 

■支柱

 

袋栽培をする場合、スペースがあるのであれば地這い栽培も可能ですが、
支柱を立てて空中栽培をすることもできます。
支柱の立て方や組み方は、プランターや鉢で育てる時とほぼ同じです。

 

また、袋単体だけではうまく自立せず、すぐに倒れてしまうことがあります。
そんな時は、袋の周囲に3本~4本の支柱を針金や紐でくくりつけると、
安定性がよくなりますし、袋の強度も高くなります。

 

支柱を使ってあんどん支柱風に組み空中栽培することもできます。

 

■参考

 

 

タグ : 

スイカの育て方

スイカ 吊り栽培

読了までの目安時間:約 7分

 


スポンサードリンク


suika2015.06.10
吊り栽培で、本日、着果した大玉スイカ♪

 

 

[スイカ 吊り栽培]

 

 

スイカ栽培の人気は、高まって来ているようで、
スイカを育てたい! けれどスペースが狭い……、
というかたも多いです。

 

そんな方にお勧めしたいのが、吊り栽培です。
吊り栽培は、空中栽培立体栽培と呼ばれることもあります。

 

スイカはつるを地面に這わせて育てる地這い栽培が基本ですが、
支柱を組んで空中に誘引することにより、
地這い栽培よりも狭いスペースで育てることができます。

 

 

■吊り栽培の長所

 

スイカの吊り栽培には、たくさんの長所があります。

 

・省スペース
本来、150cm以上にもなるつるを地這い栽培するとなると、
少なくとも150cmの長さのスペースが必要になります。

 

ところが、吊り栽培で、支柱やネットに誘引することにより、
必要なスペースは、支柱やネットの広さ分だけということになります。

 

支柱の組み方には色々ありますが、最も省スペースなのは、
やはりあんどん支柱を使った誘引でしょう。

 

 

suika (19)

小玉スイカのあんどん仕立て

 

 

・空間の有効活用 
アーチ型や棚型に支柱を組んで吊り栽培を行った場合、
つるは上方に誘引することになります。

 

そうなると支柱の下には空間が生まれるため、
そこで背の低い植物を育てることができるようになります。

 

また、何か物が置いてある場合も、
その上方に支柱やネットを組めば、スイカ栽培ができます。

 

ただし、空いた空間を完全に埋めず、
ある程度隙間をあけて風通しを良くするのがコツです。 

 

・日当たりの確保 
つるや葉を上にあげることで、太陽の光がよく当たるようになります。

特にベランダなど、壁で囲われたような場所で育てる場合は、
床よりも支柱によって高さを出した方が日当たりが良くなります。

 

 

suika-kutyu

ベランダは、竿と園芸ネットを使う方式が便利です

 

 

・風通しの良さ 
スイカは湿気に弱い植物ですし、
風通しが悪くなると病害虫の原因にもなります。

 

地這い栽培は、雨などによって土が跳ね返り、
それが病気の原因になることもあります。

 

吊り栽培は、その名の通り、つるや実を吊った状態で育てるため、
跳ね返りによる病気感染を防ぐことができます。

 

また、つると地面の間に隙間ができるため、
風通しが良い状態を保つことも容易になります。

 

・手入れが楽
スイカが、地面に沿ってつるを伸ばしていると、
手入れをする時に屈む必要があります。

 

吊り栽培は、視線に近い位置につるや実がくるので、
手入れの際に、とても楽になります。

 

また、葉などについた害虫の発見や、
変色などの異常を見つけやすくなるという利点もあります。

 

 

■吊り栽培の仕立て方

 

吊り栽培を行うためには、やはり支柱やネットは欠かせません。
スペースや育てる場所に合わせて、仕立て方を選ぶようにしましょう。

 

 

andon
・あんどん仕立て 
棒状の支柱に輪がついた支柱を、あんどん支柱と呼びます。
名前のとおり、つる性のものをあんどん状に誘引することができます。

 

スイカの吊り栽培の中では、最も省スペースに育てられる支柱です。
あんどん支柱にもサイズがあり、高さが足りなくならないよう注意します。

 

小玉スイカのつる2本を誘引する場合、高さ90㎝くらいです。

鉢は、10号(直径30㎝)以上を選びます。 

 

 

oyo

 

 

あんどん支柱を購入しなくても、長い棒状の支柱を4本立て、
そこに紐や短い支柱を横に留めて、あんどん支柱にできます。
この方法は、丸い鉢だけでなく、四角いプランターなどにも使えます。

 

 

suika-kutyu (2)
・支柱とネットの仕立て 
縦横に組んだ支柱、長さ210cm、口径20mmぐらいの支柱に、
園芸用のネットを取り付ける方法です。

 

壁面などの広い面を使って誘引することができるので、
広い面はあるけれどスペースが少ない場合に有効です。

 

ただし、あんどんや棚仕立てに比べて、支える力が弱いので、
風や重さにも耐えられるよう、しっかりと設置するようにします。

もし、広さがあれば、合掌式にすると、安定感があり安心です。

 

 

turudana
・アーチや棚仕立て  *C)メーカー直販 第一ビニール(株)
市販されているバラなどを誘引するアーチを使って、
スイカの吊り栽培をすることができます。

 

製品によって、プラスチック製やアイアン製など様々です。
アイアン製のものであれば、スイカの実が大きくなって、
重くなっても折れる心配がありません。

 

選んだアーチや棚(パーゴラ)の種類によっては、
背が高すぎて手入れする時に、脚立が必要な場合もあるので、
つるを誘引した時を想像して手入れのしやすいものを選びます。

 

また、背の低いものとしては、

U字型の支柱にネットをかけて使うものなどもあります。
セット品としても売られているものを使うと便利です。

 

■参考

 

タグ : 

スイカの育て方

ベランダ スイカ栽培のコツ

読了までの目安時間:約 7分

 


スポンサードリンク


suika17
空中栽培なら、日当たり、風通しが良く安心です

 

 

■ベランダ スイカ栽培のコツ

 

1.品種の選び方
スイカには大きく分けて大玉スイカと小玉スイカがあります。
大玉も小玉も、もつるが伸びる長さや、
栽培に関する基本的な作業はほとんど変わりません。

 

最大の違いはやはり実の大きさです。
大玉は1玉4kg~6kgほどになるのに対し、
小玉は1玉1kg~2kgほどにおさまることがほとんどです。

 

ベランダでスイカを育てるにあたり、
どちらかというと小玉スイカの方がベランダ菜園には向いています。

 

ベランダ菜園でも、広さと日照が確保できるのであれば、
大玉スイカを地面に這わせる地這い栽培も可能ですが、
それほどの広さがあるベランダは少ないでしょう。

 

ですので、ベランダ菜園でスイカを育てるには、
空中栽培・吊り栽培といった方法で仕立てるので、
重さの軽い小玉スイカの方が適しています。

 

また、小玉スイカの方が実が小さい分、
開花から収穫までの日数が短いのも魅力的です。

 

ベランダ菜園で育てるスイカの苗を買う時は、
苗が小玉か大玉かをきちんと確認しておきます。

 

>>スイカ 苗の選び方

 

2.日当たりの工夫
スイカは太陽の光が大好きです。
日当たりが悪い場所で育てると、
節と節の間が間延びして徒長しやすいです。

 

さらに花付きや実付きが悪くなったり、
病害虫にもかかりやすくもなります。

 

集合住宅のベランダなどだと、
上階のベランダの床部分が屋根になっていたり、
ベランダの壁が陽射しを遮るようなものがあり、
日当たりが、思うように確保できないことがあります。

 

直射日光がまったく射しこまない場所では、
残念ですがスイカ栽培は諦めた方がよさそうです。

 

けれど陽射しはあるということであれば、
工夫次第では日当たりを確保できるかもしれません。

 

ベランダの外側の壁がガラス張りになっていたり、
柵ではなく、不透明な遮光された壁になっている場合は、
直射日光が当たる高さまでスイカの位置を持ち上げます。

 

具体的には、台や棚の上に乗せて高さを出すことで、
壁によって日陰になってしまうことを防ぐことができます。

 

また、住居側の壁が白の場合、陽が反射してスイカに当たることで、
日光が当たるのと同じ効果が得られます。

 

南側のベランダでも思うように陽射しが当たらない時は、
ひと工夫して乗り切りましょう。

 

 

suika_edited-1

10号サイズ、あんどん仕立てで小玉スイカが2~3個収穫できます

 

 

3.容器の選び方
スイカはつると同じくらいの長さに根を広げます。
そのため、できるだけ広くて大きい容器で育てた方が、
元気に伸び伸びと育ち美味しい実ができます。

 

鉢で育てるのであれば、10号サイズ(直径30cm)で深型のものを使い、
プランターの場合も野菜用などの深くて大きいサイズのプランター
(幅約70×奥行約40×高さ約26.3、50リットル)を選ぶようにしましょう。

 

既製品の鉢やプランター以外にも、培養土の袋を利用する袋栽培や、
大きな発泡スチロールに水抜きの穴をあけて育てる方法もあります。
ただし、耐久性が弱いのと、見た目があまりよくないので、
鉢やプランターで栽培することをお勧めします。

 

無理に小さな容器で育てると、生育初期は良くても、
途中で根詰まりを起こし、収穫できないこともあるので気をつけます。

 

>>スイカ 鉢での育て方
>>小玉スイカ プランターの育て方

 

4・強風対策
高層階になればなるほど、ベランダに強風が吹きやすくなります。

 

また、低層階であっても、向かいに高いビルなどが建っていると、
思わぬ時にビル風が吹いてしまうことがあります。

 

強風によって、葉やつる、せっかくついた実が、
煽られて傷んでしまうことがあります。

 

高い位置で容器栽培をする場合、落下の危険があります。
台風などあらかじめ強風が吹くと分かっている場合は、
高い位置から容器をおろし、風が当たりにくい場所に避難させます。

 

高層階などで常に強風が吹く可能性がある場合は、
容器を壁などにしっかり固定させ、
つるを誘引する時も折れないように誘引するようにします。

 

5.人工受粉をする
ベランダだと、受粉を助けてくれる虫が、
ほとんどやってこないことがあります。

 

そのため、ベランダ菜園でスイカを育てる時は、
受粉を自然任せにせず、人工受粉させるようにしましょう。

 

人工受粉自体は難しいことではありませんので、
ぜひチャレンジしてみてください。

 

*詳しいスイカの受粉方法はこちらをご覧ください。
>>スイカの受粉方法

 

 

sityu

支柱を組んで誘引します

 

 

6.支柱を立てる
ベランダで育てるのであれば、空中栽培や吊り栽培がおすすめです。
ネットではなく、支柱を交差させて組んだり、あんどん支柱で、
スイカの長いつるや重たい実を支えられるようになります。

 

 

kutyusaibai

ネットで吊るさないと実が裂けることがあります

 

 

実が肥大してきたら、つるが重さに負けてしまわないよう、
支柱にタマネギなどを入れておくネットなどを吊るし、
そこに実を入れて支えるようにします。

 

 

タグ :  

スイカの育て方

小玉スイカ プランターの育て方

読了までの目安時間:約 11分

 


スポンサードリンク


suika-kutyu (2)

上手に仕立てて、美味しいスイカを収穫しよう!

 

 

■スイカ 栽培スケジュール

 

Schedule3

 

 

■スイカ 栽培データ

 

英名・学名 watermelon・citrullus lanatus
形態 つる性一年草
原産地 地中海沿岸、小アジア
草丈/樹高 100cm~300cm
開花期 6月~8月
結実期 7月~9月上旬
花色 黄色
栽培難易度(1~5) 3
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
特性・用途 耐暑性が強い、初心者~中級者向け

 

 

大玉のスイカに比べ、比較的コンパクトに仕立てやすい、
小玉スイカは、プランター栽培に適しています。

 

地植えにできない、栽培するスペースが狭い場合でも育てられます。
大切に育て収穫したスイカを食べる時の喜びは、素晴らしいです!

 

 

■小玉スイカ プランターの育て方

 

・種まきからの場合
春、まだ少し肌寒い季節の3月~4月に種をまきます。

プランターに土を入れて、直接種をまいても良いですし、
ポットで苗を育ててからプランターに定植することもできます。

 

どちらの方法で育てるとしても、
この時期は発芽に必要な気温が確保できないことも多いため、
防寒のためにホットキャップなどをかぶせておきましょう。

 

*詳しい種からの育て方はこちらをご覧ください。
>>スイカ 種からの育て方

 

 

kodamasuika
赤こだま接ぎ木苗(2015.05.04撮影)

 

 

・苗を選ぶ場合
初心者の方であれば、苗から栽培をスタートさせるのがおすすめです。
5月に入ると、園芸店やホームセンターにスイカの苗が並び始めます。

 

時期が遅れてしまうと、店に元気な苗がなくなることがあります。
店員さんに入荷時期などを聞いておくといいでしょう。

 

たくさん苗があり、
選べる状態の時にチェックを通過した元気な苗を購入しましょう。

 

1.葉が黄色く変色しておらず、濃い緑色をしている
2.節と節の間が詰まっていて、ひょろひょろと間延びしていない
3.株がぐらついていない
4.葉や茎に害虫がついていない
5.ポットの底穴から根が出ている場合、茶色くなっていない

 

*詳しい苗の選び方はこちらをご覧ください。
>>スイカ 苗の選び方

 

 

・植え場所(栽培環境)
スイカは風通しと日当たりの良い場所を好み、
湿気た場所と寒い環境が苦手です。

 

日当たりの悪い場所で育てると、
節と節の間が長く間延びし、花付きや実つきが悪くなります。
また風通しの悪い環境だと、病気にかかりやすいので注意しましょう。

 

・プランターの準備
小玉スイカを育てるプランターは、
通常のものより深さと広さのある、野菜用のプランターを用意します。

大きめのトロ箱に排水穴を開けた容器でも良いです。

 

深さが30cm、奥行き40㎝、幅が60~90cm、
50リットルの大型プランターであれば、苗を2株植え付けられます。

 

プランターの底が隠れる程度に鉢底石を敷き、
その上から野菜用培養土を縁から2cm~3cmほど下まで入れます。

小玉スイカは水はけの悪い土が苦手なので、鉢底石は必ず入れましょう。

 

*用土を自作する場合はこちらをご覧ください。
>>スイカ栽培の用土

 

 

・植え付け
本葉が4枚~5枚の頃に、植え付けを行います。
まずは苗の根鉢が崩れないように、水を与えてよく湿らせておきます。

 

用意しておいた用土の入ったプランターに、
根鉢がすっぽり入る程度の植え穴をあけます。

 

植え穴にあらかじめ水を入れてしみこませておきましょう。
苗を植え付け後、プランターの底から水が出てくるまで、
たっぷりと水を与えておきましょう。

 

・支柱
プランターで育てるのであっても、
地這い栽培を行う場合には、支柱は必要ありません。

 

空中栽培を行う場合は、支柱やネット、
棚を作るための材料を準備しておきましょう。

 

 

oyo
プランターの支柱立ての基本、これに園芸ネットをかけます

 

 

 

kutyusaibai

空中栽培は省スペースで病害虫にかかりにくいです

 

 

・水やり
プランター栽培は、地植え栽培に比べると土が乾きやすい環境です。
土の表面が乾いたら、プランターの底から水が流れ出てくるまで、
たっぷりと水を与えましょう。

 

夏の間は、朝に水を与えても、夕方に土が乾いている場合には、
再度たっぷりと水を与えるようにします。

 

ただし、土が乾いていない時は、水を与えてはいけません。
余分に水を与えてしまうと、甘みが薄まる上に、
過湿になって根腐れや病気になってしまうこともあります。

 

・追肥
プランターに直接種をまいた場合は、
本葉が4枚~5枚になったら、少量の化成肥料を与えます。

 

その後は、3週間に1回くらいのペースで、
少量ずつ化成肥料を与えるようにしましょう。

 

苗をプランターに植え付けた場合は、
植え付けてから3週間ほど経ってから追肥を行います。

その後は、3週間に1回のペースで少量の化成肥料を与えていきます。

 

小玉スイカは多肥にするとつるボケを起こしやすくなり、
花が咲かなくなってしまいます。

肥料を与える時は、少量をこまめに与える方がいいでしょう。

 

 

tekisin-jyuhun.

摘芯と仕立て方(2本仕立ての場合)

 

 

・摘芯
本葉が5枚~7枚になったら、親つるの先端を切って摘芯を行います。
その後、親つるから子つるが伸びはじめます。
複数の子つるが伸びてきたら、

その中で生育の良いものを1本~2本選び、あとは根元から取り除いておきます。
*詳しいスイカの摘芯方法はこちらをご覧ください。
>>スイカの摘芯

 

 

・誘引
親づるの摘芯が終わった後、伸びてきた子づる同士が絡まないように、
支柱やネットなどに誘引していきます。

 

気温が上がってくるとつるの伸びが早くなり、
数日放置しているだけでつる同士が絡まってしまうこともあります。
つるが伸びたら伸びた分だけ誘引しておくようにしましょう。

 

・着果
1株子づる2本仕立てで、小玉スイカ2個の収穫をめざします。
子づるの13~23節くらいの3番花に着果させると良い実になります。

 

結実させる実よりも下についた雌花や、伸びてくる孫つるは摘み取り、
2つの実に栄養を集中させるようにします。
jyuhunn
虫が来ない場所では、人工授粉します

 

 

*詳しい人工授粉の方法はこちらをご覧ください。

>>スイカの受粉方法
・収穫
受粉してから30日~40日くらいで収穫ができるようになります。
品種によって、収穫までの日数は変わりますので、

育てている品種が何日で収穫できるのかを確認しておきましょう。

 

 

kodamasuikaA

甘くてジューシー♪

 

 

・種採り
スイカを食べる際に、黒く熟した種をとっておきましょう。
とっておいた種を水でよく洗い、日陰で乾燥させます。
全体が乾燥したら、封筒などに入れて冷暗所で保管し、春になったらまた種をまくことができます。

ただし、F1種はできた実からとった種を育てても、親株と同じ性質を引き継ぐとは限りません。

 

・病害虫

・アブラムシ
春、暖かくなってくるとアブラムシがつくことがあります。
葉の裏や葉の付け根、新芽などにつくので、よくチェックするようにします。
もしアブラムシがついているのを見つけたら、粘着テープなどで捕殺するようにしましょう。

 

・うどん粉病
葉に白い粉がかかったようになり、だんだんと株全体に広がっていきます。
風通しが悪かったり、過湿の状態になると起きやすいので、つる同士が絡んだりしないように注意します。
ごく初期の段階であれば、白くなった葉のみを切り取り、処分するだけで回復することがあります。

 

■小玉スイカ プランター 育て方
1.種まき時や苗が小さいうちは防寒をする
2.容量の大きいプランターを使う
3.つるボケにならないよう、多肥にしない 

 

 

タグ : 

スイカの育て方

スイカ栽培のコツ

読了までの目安時間:約 7分

 


スポンサードリンク


suika (2)
自家栽培のスイカは美味!

 

 

スイカを育てるのなら、
やはり美味しくて甘い実を収穫して楽しみたいですね。

 

スイカ栽培の成功の秘訣をまとめました!

 

 

■スイカ栽培のコツ

 

1.接ぎ木苗を選ぶ

スイカはウリ科の植物ですが、
ウリ科の植物は連作障害に弱く病気にかかりやすいものが多いです。

 

前年にスイカを育てていないから大丈夫と思っていても、
キュウリやゴーヤなどのウリ科の別の野菜を栽培した場合は、
連作の対象になるので避けるようにします。

 

市販されている苗の中には、接ぎ木苗と呼ばれる苗があります。
連作障害や病気に強いものを台木とし、
その上にスイカの苗を継いでいる苗です。

 

こうすることで前年にウリ科の植物を育てていても、
連作障害がでにくくなります。

 

連作障害だけでなく、病気に強いという利点もあるので、
初心者の方は少し値段が高くても接ぎ木苗を育てた方が安心です。

 

 

hotcap
ホットキャップ、便利です C)ガーデニングどっとコム

 

 

2.寒さ対策をする
スイカは寒さに弱いため、
植え付けた後に寒さに当たると枯れてしまうことがあります。

 

苗を植え付けるのは充分に暖かくなってからというのが鉄則ですが、
時期を誤ると苗が売り切れてしまうことがあります。

 

苗が店頭に並び始める頃には苗を購入するようにし、
植え付けた後にホットキャップなどで保温しておくか、
保温しながら気温が安定するまでポットのまま育てるかします。

 

また、スイカは地温が低いと根が生育しにくく、そのまま枯れることもあります。

 

地温を上げるため、黒いビニールでできた、
マルチをかぶせておくのが効果的です。

 

最近では100円均一でも小さいサイズのマルチが販売されているので、
1株や2株と数が少ない場合は、そちらを利用すると便利です。

 

3.肥料は控え目に
元肥も追肥も多すぎると、スイカは花をつるや葉ばかり茂らせる、
つるボケという状態になってしまうことがあります。

 

与える肥料も、窒素が多いとつるボケしやすくなるので、
窒素・リン酸・カリが同等のものか、
リン酸が少し多めのものを与えるようにします。

 

4.水を与えすぎない

スイカはもともと水の少ない場所で育っていた野菜です。
そのため、土も水はけのよいものを使い、
水を必要以上には与えないように注意します。

 

水を与えすぎてしまうと、つるボケを起こしやすくなったり、
根が傷んで根腐れを起こしてしまうことがあります。

 

土の表面が乾いていても、中はまだ湿気ていることがあるので、
葉が少ししおれたら水を与えるようにしましょう。

 

5.摘芯をしてつるを増やす
苗を植え付けた時に伸びているのは、親づると呼ばれるものです。
この親づるの先端を切り、摘芯をすることによって、
下の葉の脇から脇芽が伸び、それが子づるとなります。

 

こうすることでつるの数が増やすことができます。
また、親づるのまま放任にしていると、
雄花ばかりが咲いて肝心の雌花が咲かないことがあります。

摘芯は大事な作業なので、忘れずに行うようにします。

 

 

suika17

空中栽培は、病気にかかりにくく省スペースです

 

 

6.整枝する
スイカはつるが長く伸びるので、放っておくとつるが絡んでしまい、
つるがどうなっているのか分からなくなってしまうことがあります。

 

仕立て方は色々ありますが、代表的なのは地面に這わせる地這い栽培と、
トレリスやネットなどに誘引する空中栽培があります。

 

地這い栽培の場合は、残した子づるそれぞれを誘引するために、
U字ピンなどを使って地面に固定しておくといいでしょう。

 

つるを固定することで、強風がふいた時に着果した実や葉、
つるが傷まないようにすることもできます。

 

空中栽培の場合は、子づるが伸びてきたら設置して、
伸びた分だけ紐やテープなどでしっかりと誘引するようにします。

 

長く伸びてから絡んだものをほどくのは難しいですが、
毎日の世話のついでに誘引しておくと、意外と簡単にできます。

 

 

suika011

収穫適期は、授粉日から数えるとほぼ間違えありません

 

 

7.熟してから収穫する
やはりおいしいスイカを楽しむためにいは、
よく熟した状態で収穫する必要があります。

 

熟しているかどうかの基準は色々ありますが、
雌花が開花・受粉した日付からの日数と、
実のすぐ近くにある巻きひげの枯れ具合が分かりやすいでしょう。

 

開花・受粉からの日数は、品種によってそれぞれ違うので、
種袋や苗のタグをよく見て確認しておきましょう。

 

巻きひげは枯れていくほどに熟していきますので、
色や枯れ具合で判断することができます。

 

私は、着果した日付を記したラベルを、スイカの茎に下げておきます。

 

タグ : 

スイカの育て方

スイカ 鉢での育て方

読了までの目安時間:約 12分

 


スポンサードリンク


■スイカ 栽培スケジュール

 

Schedule3

 

 

■スイカ 栽培データ

 

英名・学名 watermelon・citrullus lanatus
形態 つる性一年草
原産地 地中海沿岸、小アジア
草丈/樹高 100cm~300cm
開花期 6月~8月
結実期 7月~9月上旬
花色 黄色
栽培難易度(1~5) 3
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
特性・用途 耐暑性が強い、初心者~中級者向け

 

 

スイカを育ててみたいけれど、
栽培スペースがほとんどない場合には、
鉢で空中栽培することができるので試してみてください。

 

 

[スイカ 鉢での育て方]

 

 

■品種

 

鉢でスイカを育てるのであれば、小玉スイカがお勧めです。
小玉スイカは、あんどん仕立てで空中栽培ができるので、
狭いスペースでも育てることができます。

 

小玉スイカにもいろいろな品種があり、
好みの糖度や食感で選ぶことができます。

 

・紅小玉
早生で作りやすい品種です。
糖度も高く、線維が少く柔らかです。
我家も、紅小玉をよく作ります、ジューシーで美味です!

 

・ひとりじめ
糖度が高く、独り占めして食べたくなるおいしさです。
大玉によく似たシャリシャリとした食感です。

 

・サマーキッズ
気温が低い地域や、日照時間が少なくても育てやすい品種です。
シャリ感の強い食感です。

 

・イエローキッズ
サマーキッズの黄玉スイカです。
甘さもあり、しっかりとしたシャリ感があります。

 

・姫甘泉
皮のそばまで甘さがいきわたり、大玉に負けないシャリ間が味わえます。
実が固く、多少の衝撃では割れにくく、保存性も良いです。

 

 

suika17

スイカの空中栽培は省スペースで病気にかかりにくいです

 

 

■栽培管理

 

スイカは高温で乾燥した環境を好みます。
できるだけ日当たりのよい場所で育て、
水やりは生長過程に応じてやり方を少なくしていきます。

 

鉢で育てる場合は、根が深く張るので、
10号鉢以上で深さのある鉢を選ぶと良いでしょう。

 

種から育てるのであれば4月に種まきを行います。
苗を植える時は、病気になりにくい接ぎ木苗を選ぶと安心です。

 

・鉢と用土
スイカの根は、乾燥地でも水分をとれるように細く分岐し、
深く地中に潜るようになっています。

 

そのため、鉢は大きめのものを用意します。
10号鉢に1株が育てやすい目安になります。
あんどん仕立てにし、1株で2個の実を収穫できます。

 

用土は、水はけのよいものを用意します。
市販の野菜用の用土で充分ですが、

 

自分で用意する場合は、
赤玉土:堆肥:砂やパーミキュライトを6:2:2の割合にし、
緩効性化成肥料(ゆっくり効く肥料)を1握り混ぜます。

 

・種まきからの場合
スイカは移植を嫌うので、4月上旬~中旬に鉢に直まきをします。
鉢底に鉢底石を敷いてから用土を入れます。

 

土の中央に穴を開け、種を3~5粒いれ、軽く土を被せます。
まだ寒い時期には、ホットキャップなどで保温すると発芽しやすくなり、
ウリバエやタネバエの幼虫の食害も防ぐことができます。

 

間引きながら育て、最終的には生育の良いものを1株のこします。
本葉が3枚ほど育ってくると、ホットキャップの中が蒸れてくるので、
上部を空けて換気をしてあげます。
*詳しい種からの育て方はこちらをご覧ください。
>>スイカ 種からの育て方

 

・苗を選ぶ場合
小玉スイカは病害虫の被害にあいやすいので、
初心者のかたは、病気に強い接ぎ木苗を選んだ方が安心です。

 

苗は、節間が詰まっていて、
葉の色が鮮やかで、茎の太いものを選びましょう。

 

葉は4~5枚ついているものを選び、
変色などの病気の兆しがないか、葉の裏もしっかりとチェックします。

 

苗は鉢の中央に植えます。
鉢に穴を掘り、植え付けますが、スイカは浅植えになるように植えます。

 

植え付け後はたっぷりと水を与え、ホットキャップで保温します。
苗が根付いたらホットキャップの上部を空けて換気を行います。

*詳しい苗の選び方はこちらをご覧ください。
>>スイカ 苗の選び方

 

 

suika02

こんな狭い場所でも美味しいスイカが育ちます♪

 

 

・鉢の置き場所
スイカは高温で乾燥した環境を好みます。
鉢はできるだけ温かく、日当たりのよい場所に置きましょう。

 

・水やり
スイカは乾燥気味な環境を好みますが、生長過程ではある程度の水分が必要です。
鉢が乾いたら鉢底から水が流れ出るくらい十分に水を与えます。

 

ただし、栽培の終盤では、過湿だと実が割れたり味が落ちます。
実が育っていく過程では、水の量を減らしていきます。 

 

 

tekisin-jyuhun.
摘芯の方法

 

 

・摘芯
スイカの本葉が5~6枚ほど育って来たら、
病気防除のため、よく晴れた日に親づるを摘み取って摘芯をします。

 

すると、子づるが伸びてきます。
子づるは、生育の良いものを2本残して摘み取ります。

 

 

andon
あんどん支柱

 

 

oyo
手作りあんどん支柱

 

 

市販の高さ150㎝のあんどん支柱を使っても良いですし、
150㎝の支柱を4本、短い支柱を10本くらい用意し、
紐や針金で固定し、あんどん仕立て用の支柱を作っても良いです。

 

週に2度くらいは様子を見て、つるを支柱に添って誘引していきます。
一つの子づるに1つの実をならします。 

子づる2本で2個の収穫です。

 

子づるの13~23節くらいの3番花に結実させると良い実になります。
結実させる実よりも下についた雌花や、伸びてくる孫つるは摘み取り、
1~2つの実に栄養を集中させます。

 

 

jyuhunn
人工授粉のしかた

 

 

・人口受粉
スイカをあんどん仕立てにするときは、
結実させる花を限定する必要があります。

 

たくさん実がなると嬉しいのですが、
限られた栽培スペースでおいしい実を育てるには、
1株に2つの実を結実させるのが良いです。

 

2本伸ばした子づるの13~23節目くらいにできる雌花を、
人工授精で結実させ、それ以外の花は摘みとります。
人工授粉は早朝に行うと効果的です。

雄花を摘み取り、花粉を雌花の柱頭に軽く触れさせます。
ラベルに授粉日を書いて実の近くに結び付けておくと、
収穫の目安になり便利です。

 

・追肥
実が卵くらいの大きさになったら追肥を行います。
米ぬかや、油かす、鶏糞などを10gほど2~3週間おきに2回与えます。

 

スイカは収穫までの期間が長いので、追肥は必要です。
この時期に追肥を行うと、実の糖度が増します。 

 

しかし、追肥を与える時期が早過ぎると、
つるばかりが伸びて実がなりにくくなります。

 

 

suika
実はこぶし大の頃ネットに入れて吊ります

 

 

・実の管理
実がこぶし大くらいの大きさになったら、
ネットに入れて支柱に吊り下げるようにします。

 

あんどん仕立てで空中栽培を行うときは、
実を支えてやらないと、重さでつるが痛んだり、
重さに耐えきれずに実が割れたり落ちてしまいます。

 

・収穫
小玉スイカは、結実から30~35日後に収穫を行います。
ただ、天候にも左右されるので、人工授粉を行った日を目安に、
実が付いている節の巻きひげが枯れているのを確認してから収穫を行います。

 

よく、実を叩いた音で判断すると聞きますが、
素人が音で実の完熟加減を判断するのは難しいように感じます。

 

スイカは、収穫時点で生長がストップするので、
追熟などせず、新鮮なうちに食べるのが良いです。 

 

 

kodamasuikaA
小玉スイカでも甘くて美味しい!

 

 

■病害虫
小玉スイカは病害虫が発生しやすいので、対策が必要です。

 

・低温多雨の時に発生しやすい病気
・つる割れ病
つるの付け根が割れ、腐ってくる病気です。
発生したら、株ごと抜き取って処分します。

 

・炭そ病
葉や実に黒い斑点ができ、腐っていきます。

つる割れ病や、炭そ病は、
ダイセンやダニコールをまくと予防することができます。

 

・乾燥時に発生しやすい病気
・うどんこ病
葉に白い斑点ができてくる病気です。
モレスンを散布するとよいでしょう。

 

ウリハムシや、ハモグリバエなど、害虫にも注意が必要です。
葉を食害しますが、害が進行するスピードが速いので、
見つけ次第薬剤を散布します。モレスタンが有効です。
また、ベストガード粒剤を施しておくと、被害を予防できます。

 

 

■スイカ 鉢での育て方のコツ
1.あんどん仕立てにすると、狭いスペースでも栽培できる
2.日当たりのよいところに置き、生長時期に合わせて水をやる
3.摘心を行い、良い子づるを選んで育てる

 

タグ :  

スイカの育て方

小玉スイカ 地植えの育て方

読了までの目安時間:約 11分

 


スポンサードリンク


suika-new012

小玉スイカでも甘くて美味!

 

 

■スイカ 栽培スケジュール

 

Schedule3

 

 

■スイカ 栽培データ

 

英名・学名 watermelon・citrullus lanatus
形態 つる性一年草
原産地 地中海沿岸、小アジア
草丈/樹高 100cm~300cm
開花期 6月~8月
結実期 7月~9月上旬
花色 黄色
栽培難易度(1~5) 3
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
特性・用途 耐暑性が強い、初心者~中級者向け

 

 

大玉スイカに比べ、小玉スイカは実も小さい分、
味も収穫の感動も劣ると思ってはいませんか?

 

小玉スイカは、上手に育てることができれば、
皮に近いところまで赤くなって食べることができ、
糖度も高く大玉スイカに負けずに美味しいです!

 

小玉スイカも、1玉が数kgにもなれば、
立派で美しいスイカになり、収穫の感動も大きいです。

こちらの記事では、小玉スイカの育て方をご紹介します。

 

 

■小玉スイカ 地植えの育て方

 

・種まきからの場合
3月~4月頃が種まきの適期です。
育てる場所に直播きすることもできますし、
ポットで育苗してから植え付けることもできます。

 

直播きする場合は、先に育てる場所の土を作って、
畝や鞍つきも作っておきましょう。

 

育てる場所に種を2粒~3粒まき、
種が隠れる程度に土をかぶせたら、水をたっぷり与えておきましょう。

 

ポットで育苗する時は、3号サイズのポットに種まき用の用土を入れ、
中央に種を1粒~3粒少し間隔をあけておきます。
種が隠れる程度に土をかぶせたら、水をたっぷりと与えておきましょう。

 

防寒と乾燥予防に、ホットキャップをかぶせたり、
ビニールで覆ったりしておきましょう。

*種からの育て方ついては、こちらをご覧ください。
>>スイカ 種からの育て方

 

・苗を選ぶ場合
種から育てるのが難しいと感じるのであれば、
ホームセンターなどで苗を購入して育てるのもおすすめです。

 

苗を選ぶ際に、いくつかのポイントがあるので、
よくチェックして良い苗を購入するようにしましょう。

 

1.耐病性のある接ぎ木苗である
2.葉にツヤがあり、色も濃く害虫がついていない
3.軽くゆすってみて、ぐらぐらしていない
4.節と節の間が詰まっていて、茎がしっかりしている
5.ポットの底穴から見えている根が白い
6.ポットの土の表面がコケに覆われていない

 

最初に選んだ苗が、その後の生育に大きく影響します。
弱い苗を植えれば、どれだけ手をかけても弱々しく育ってしまい、
途中で枯れてしまうこともあります。

 

健康でがっしりとした苗を選ぶようにしましょう。
また、苗は5月に入る頃から店頭に並び始めます。

 

購入が遅れると、苗がほとんど売れてしまい選ぶ余地がないこともあります。
店員さんに聞くなどして、苗の仕入れ時期を把握しておきましょう。

 

 

tugikinae002

去年購入した紅こだま接ぎ木苗

 

 

・植え場所(栽培環境)
スイカは乾いた空気と太陽の光が大好きです。

できるだけ日当たりがよく、
風通しの良い場所で育てるようにしましょう。

 

寒さに当たると、葉や根が傷み、
その後の生育に大きく影響します。

 

充分に気温が上がるまでは、
ホットキャップやビニールで保温するようにします。

 

 

oodamajiue
小玉スイカの畝の作り方

 

 

・畑の準備
植え付けを行う2週間以上前に、
植え付ける場所の土を作っておきましょう。

 

植え付ける場所を深さ30cmほどの深さに掘り、よく耕しておきます。

1㎡あたり、完熟堆肥を2kg、苦土石灰を100g、
化成肥料を50~100g加え、よく混ぜておきます。

 

スイカは多肥にするとつるボケを起こしやすいので、
控え目に施すのがポイントです。

 

土作りが終わったら、高さ20cm、幅150~200cmの畝をたてます。
株間は品種によって様々ですが、
だいたい150cm~200cmほどとっておきます。

 

・植え付け
本葉が4枚~6枚になったら、植え付けすることができます。
根鉢が崩れないように、植え付けの作業を行う前に、
育苗した苗に水を与えておきます。

 

植え付ける場所に根鉢が入るくらいの植え穴をあけ、
そこにも水を入れてしみこませておきます。

 

植え穴に苗を植え付け、周りの土と軽くなじませたら、
さらに水をたっぷり与えておきましょう。

 

接ぎ木苗を植え付ける場合は、
接ぎ目の部分を土に埋めないように注意します。

 

・支柱・棚作り

地面にそのまま這わせて栽培する場合は、
支柱を用意する必要はありません。

 

空中栽培を行うと、地這い栽培のような広いスペースが必要ではないので、
狭い場所で育てるときやじっくり鑑賞したいときににおすすめです。

 

その他に、棚を作って誘引することもできます。
気温が上がり始めるとつるの伸びなど生育スピードが早くなるので、
支柱や棚は、早めに準備しておきましょう。

 

また菜園用の支柱でなく、園芸用のオベリスクなどを使うと、
設置も簡単で、見た目もお洒落になります。

 

 

obelisk

オベリスク C)よろずや倉庫

 

 

・水やり
定植した後、しっかりと根付くまでの2週間ほどの間は、
乾燥しすぎないように注意します。

 

その後は、よほど長い期間雨が降らないなど、
葉がしおれるほど乾燥していたら水をたっぷりと与えます。

 

・追肥
受粉が成功し、実が鶏の卵くらいの大きさになったら、追肥を行います。
化成肥料を少量ずつ、伸びているつるの脇に数か所に分けて与えるようにします。

 

 

kodamasuika-tekisin
子づる4本仕立てで一番果を3個収穫する仕立て方です
*草勢が良ければ、二番果を着果させ、さらに3個収穫します。



・摘芯
親づるの本葉が5枚~6枚になったら、
親づるの先端を切って摘芯します。

 

その後、複数の子づるが伸びてきたら、
勢いのある2本~4本のつるを残して、後は根元から切ります。
子づるから伸びる孫づるは、そのままにしておいて大丈夫です。

 

・誘引
残した子づる同士が絡むと、その後の管理がたいへんです。
風通しも悪くなり病気にかかることもあるので注意しましょう。

 

伸びてきた子づるは、絡まないよう、
その都度ネットや支柱などに誘引しておきます。

 

 

jyuhunn
早朝に人工授粉をすると着果率が高くなります、

雨の日は葉っぱなどでカバーをしてあげます
>>スイカの受粉方法

 

 

・収穫
受粉してから30日~40日ほどで収穫できます。
受粉から収穫までの日数は、品種によって違いますので、
育てている小玉スイカの品種をよく確認しておきます。
*授粉した日に日付を書いたラベルをつるしておくと便利です。

 

 

suika14

紅こだま、甘くてジューシーでした!

 

 

・種採り
F1種の場合、収穫した実から種を採り育てても、
親と同じ性質(甘くて大きいなど)になるとは限りません。

 

それでも種から育ててみたい場合は、熟した黒い種をとり、
よく洗ってから日陰で乾燥させます。

 

よく乾燥させたら、封筒に入れて冷暗所で保管しておきましょう。
翌年にその種を使って育てることができます。

 

・病害虫
・アブラムシ
葉の裏や葉の付け根、新芽などにアブラムシがつくことがあります。
春頃から増えてくるので、日々観察して、

見つけたら粘着テープなどで捕殺するようにしましょう。

 

・うどん粉病
葉や茎に白い粉のようなものが発生し、どんどん広がっていきます。
これは風通しが悪かったり、過湿の状態になっていると起きやすいです。
大きな葉同士がくっついてしまったり、過湿にならないように注意しましょう。

 

 

■小玉スイカ 地植え 育て方のコツ

1.種まき時や苗が小さいうちは防寒が必要
2.つるボケ防止のために多肥にしない
3.うどん粉病防止のために過湿にしない 

 

タグ :  

スイカの育て方

スイカ プランターの育て方

読了までの目安時間:約 12分

 


スポンサードリンク


odamasuika (1)

2015年プランター栽培の縞王、極上の味わい!

 

 

■スイカ 栽培スケジュール

 

Schedule3

 

 

■スイカ 栽培データ

 

英名・学名 watermelon・citrullus lanatus
形態 つる性一年草
原産地 地中海沿岸、小アジア
草丈/樹高 100cm~300cm
開花期 6月~8月
結実期 7月~9月上旬
花色 黄色
栽培難易度(1~5) 3
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
特性・用途 耐暑性が強い、初心者~中級者向け

 

 

ウリ科のいろいろな植物の中でも、
トップクラスの大きな実をつけるスイカ。

 

自分で実際に育ててみたいけれど、
地植えにするスペースもないと諦めてはいませんか?

 

プランターのスイカ栽培は、
地植えに比べてやや収穫量は減りますが、

 

地植えと大差ない世話をするだけで、
立派な大玉スイカを収穫できます!

 

 

■スイカ プランターの育て方

 

・種まきからの場合
種まきから栽培する場合は、3月~4月が種まきの適期です。

 

プランターに土を入れた状態に、直接種をまいても良いですし、
3号サイズのポットを使って育苗しても良いでしょう。

 

地植えで育てるのと違い、プランターは土の量が制限されます。
根が育つスペースも限られていますので、

 

直接種をまく場合はプランターの中央に2粒~4粒、
1cmほどの間隔をあけてまきましょう。

 

種をまいたら、ホットキャップやビニールなどをかぶせ、
防寒対策をしておきましょう。

 

 

hotcap
ホットキャップ、10枚入280円 C)ガーデニングどっとコム

 

 

・苗を選ぶ場合
5月頃からスイカの苗が店頭に並び始めます。
スイカの苗は案外売れるのが早く、時期を過ぎてしまうと、
あまり状態がよくない苗しか残っていないことがあります。

 

あらかじめお店に問い合わせて、
苗の入荷時期を確認しておくと間違いがありません。

 

*スイカの苗のじょうずな選び方は下記をご覧ください。
>>スイカ 苗の選び方

 

・植え場所(栽培環境)
スイカは乾燥した空気と、太陽の光が大好きです。
そのため、育てる場所はできる限り風通しと日当たりの良い場所にします。

 

風通しが悪いと、病気にかかりやすくなったり、
根腐れなどを起こして枯れてしまうことがあります。

 

また、日当たりが悪いと節と節の間が間延びしたように徒長してしまい、
貧弱に育ち良い果実がならないので注意します。

 

・プランターの準備
大玉のスイカを育てる時は、横幅60~90cmサイズの、
野菜用の深いプランターに1株が目安となります。

 

つるをよく伸ばし、大きな実をつける大玉スイカは、根の生育も旺盛です。
小さなプランターや浅いプランターなどを使うと、
根の生育が制限されてしまい、生育に影響します。

 

・植え付け
ポットで育苗したものや、購入した苗は、
本葉が4枚~5枚の状態で植え付けを行います。

 

用意したプランターの底が隠れる程度に鉢底石を敷き、
その上から野菜用培養土を縁から2cm~3cmほど下まで入れます。

 

プランターの中央に苗の根鉢が入る程度に植え穴をあけ、苗を植え付けます。
スイカの根は弱いので、根鉢を崩さないように注意しましょう。

 

また、接ぎ木苗を購入した場合は、
接ぎ目が土に埋まらないように注意して植え付けます。

 

 

planter-b
プランターの支柱立ての基本

この上に園芸ネットをかけて紐や洗濯ばさみで固定します

 

 

・支柱
スペースが広くとれ、地這いが可能な場合は、
支柱を用意する必要はありません。

 

一番省スペースなのは、やはり空中栽培です。
最近では空中栽培用の支柱とネットのセットが売られていますので、
そちらを利用するのも便利です。

 

気温が上がってくると、スイカの生育スピードは急激に上がります。
支柱が必要な場合は、遅くても摘芯を行うまでに準備しておきましょう。

 

子つるが伸びてくる頃には、
気温も上がって生育のスピードが早くなります。

 

その時になって慌てて設置すると、
作りが甘くなって途中で倒れてしまったり、

 

だんだんと重くなってくるスイカを、
支えきれなくなってしまうことがあります。

 

設置をする時は、麻紐や固定具などでしっかりと留め、
倒れないように注意しましょう。

 

 

kodamasuikanew20(1)-f4268

スイカの赤ちゃん♪

 

 

・水やり
プランター栽培の場合、土の量が制限されているため、
土が、とても乾燥しやすい環境です。

 

そのため、土の表面が乾いていたら、
プランターの底から水が出てくるまでたっぷりと水を与えます。

 

逆に、土の表面が乾いていない時は、水を与える必要はありません。

 

つるが伸び、気温も上がってくると、
水分をたくさん吸い上げるようになります。

 

朝に水を与えても、夕方にもう一度土の状態を確認し、
乾いているようであればたっぷりと水を与えるようにしましょう。

 

・追肥
スイカは多肥にすると、つるボケを起こしやすく、
実をつけなくなってしまうことがあります。

 

また、実をつけても甘みが薄くなることがあるので、
多肥にしないように気をつけます。

 

植え付けてしばらくは、
元肥が効いていますので、追肥の必要はありません。

 

植え付けを行ってから3週間ほど経ったら、1回目の追肥です。
緩効性の化成肥料を少量か、規定通りに薄めた液体肥料を与えます。

 

その後は3週間ごとに緩効性の化成肥料を与えるか、
1週間ごとに液体肥料を与えるようにします。

 

 

tekisin-jyuhun.
摘芯と仕立て方(2本仕立ての場合)

 

・摘芯
親つるの本葉が5枚~6枚になったら、先端を切って摘芯を行います。

 

その後、複数の子つるが伸びてきますので、
生長の良い1本~4本を残し、後は根元から切っておきます。

 

その後、子つるから孫つるも伸びてきますが、
これはそのまま放置しておいて構いません。

 

 

tyakka
着果のさせ方

 

 

・着果
1株からの着果は、2個に制限したほうが、
甘くて良いスイカに育ちます。

 

13~23節くらいの3番花に着果するのが良いとされています。
これより手前に着果するとスイカが小さく歪むことがあります。

 

・誘引
親つるの摘芯を行った後、子つるが伸び始めてくる頃になると、
生育スピードがぐんぐんと上がります。

 

支柱やネットを設置し、つる同士が絡まないように整理しながら、
伸びたら伸びた分だけ誘引しておきましょう。

 

 

jyuhunn

朝10時頃までに人工授粉をすると着果しやすいです
>>スイカの受粉方法

 

◎空中栽培は、実をネットでつるす 
空中栽培をしている場合、実が大きくなってくると、
つるを傷めたり、実が崩れたり落ちるがあります。

 

つるに実がついたままで、しっかりと熟させるために、
実が大きくなってきたらネットをかぶせつるします。

 

空中栽培用の、ネットも市販されていますが、
排水口のネットなどを代用してもかまいません。

 

ネットを支柱や棚にしっかりと結んでおきます。

 

 

kutyusaibai

空中栽培では、ネットなどで実をつるします

 

 

・収穫
受粉をしてから35日~50日くらいで、いよいよ収穫適期になります!
受粉から収穫までの日数は、品種によってまちまちですので、
自分が育てているスイカの品種の収穫期を把握しておきます。

 

種から育てている場合は、種袋に記載されていることが多いですし、
苗を購入した場合は苗についていたタグに記載されていることが多いです。

 

受粉した日付を記したタグを雌花につけておくのも良いです。
また、収穫時期の見極め方は詳しく後述しますね。

 

・種採り
スイカの種を採る場合は、
スイカを食べる際に熟した黒い種をとっておき、
よく洗って日陰で乾燥させます。

 

乾燥した種を封筒などに入れて冷暗所で保管しておきましょう。
翌年の3月~4月になれば、また種から育てることができます。

 

ただし、F1種の場合は親株とは、
違う性質のスイカが、育つことがあります。

 

・病害虫

・うどんこ病
風通しが悪かったり、土が湿気たままになったりすると起きやすくなります。
葉や茎に白いカビがはえたようになり、放っておくと株全体に広がります。
葉が混みあっていると風通しが悪くなるので、

誘引してつる同士が絡んだりしないようにしておきましょう。

 

・アブラムシ
葉の裏や新芽にアブラムシがつくことがあります。
アブラムシがついているのを見つけたら、放置せずに数が少ないうちに粘着テープなどで捕殺するようにしておきましょう。

 

 

■スイカ プランターの育て方のコツ
1.寒い時期はホットキャップなどで保温する
2.プランターはスペースが制限されるので1株から2個を収穫
3.つるボケしないように、肥料を与え過ぎない 

 

タグ :  

スイカの育て方