スイカ,育て方

スイカの育て方.com

スイカ 地植えの育て方

目安時間:約 10分

 


スイカがごろごろなると、嬉しいです!

 

 

■スイカ 栽培スケジュール

 

Schedule3

 

 

■スイカ 栽培データ

 

英名・学名 watermelon・citrullus lanatus
形態 つる性一年草
原産地 地中海沿岸、小アジア
草丈/樹高 100cm~300cm
開花期 6月~8月
結実期 7月~9月上旬
花色 黄色
栽培難易度(1~5) 3
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
特性・用途 耐暑性が強い、初心者~中級者向け

 

 

スイカは、夏の果物として日本で古くから親しまれている、
ウリ科スイカ属のつる性一年草です。
こちらの記事では、主に大玉スイカの育て方をご紹介します。


 

タグ :  

スイカの育て方

スイカ 種からの育て方

目安時間:約 8分

 


suika1
スイカを種から育てるのも楽しいです

 

 

スイカは種からでも、育てることができます。

 

園芸店やホームセンター、種苗会社、通信販売で、
スイカのいろいろな種を購入することができます。

 

また、知り合いにスイカを育てている方がいる場合は、
少し種を分けてもらってもいいでしょう。

 

スイカを食べて残った種で育てると、
品種により、発育や収量が見込めないことが多いです。

品種を選び、購入した種から育てるのが安心です。


 

タグ :  

スイカの育て方

スイカ栽培の基本

目安時間:約 7分

 


suika01

縞王、大きくなってきたのでネットに入れました

 

 

スイカを育てるには、スイカに合った環境を作ることが大切です。
初心者のかたにもわかりやすく、
スイカ栽培の基本についてご説明します。

 

 

■スイカ栽培の基本

 

スイカ栽培の基本は、

 

・日当たりの良い場所で育てる
・過湿にしない
・温度を確保する
・接ぎ木苗を使う
・被覆資材を使う

 

大きく分けて5つです。
どうして、この5つなのか、ご説明していきます。

 

・スイカが育つ環境とは
もともと、スイカが育っていた環境は、水が少なく乾燥していて、
日差しも強い環境の砂漠地帯とされています。
原産地は、アフリカ南部の砂漠地帯と言われます。

 

その後、地中海沿岸で栽培されるようになりました。
地中海沿岸も、日差しが強く、乾燥する地域ですので、スイカに適していました。

 

このように、スイカは強い日差しを好み、乾燥した環境で育ちます。
逆に、雨や湿気には弱いのです。

 

実際、栽培をする場合には、十分に暖かくなってから植え付けをします。
スイカは暑さには強いですが、寒さには弱いからです。

 

スイカの生育適温は高く、日中は25度~30度、夜は12度~18度です。
早い時期に植えてしまうと、温度が足りず、生育が悪くなるので、
温度を十分に確保してから栽培をします。

 

そして温度よりも大切なことは、日照です。
特にスイカは他の野菜より強い日差しを好む植物なので、
日照時間や日当たりが重要となってきます。

 

太陽が当たっている時間が長ければ、スイカがより育ちやすい環境になります。
スイカが育ちやすい環境に合わせて栽培すると、
着果や収穫量、品質が上がりやすくなります。

 

逆に、太陽が当たる時間が短くなると、品質が落ち着果も悪くなります。
日当たりの良い場所で栽培する、というのは、このような理由からです。

 

 

suikanae

接ぎ木苗が育てやすいです

 

 

・自根苗と接ぎ木苗
スイカの苗は大きく分けて、根苗と接ぎ木苗に分かれます。

 

自根苗とは、スイカの種まきをして、
そのまま育ったものを使うもの、つまり、接ぎ木をしてない苗です。

 

スイカを自根苗で栽培すると、植え付け直後の生育があまりよくない、
茎葉や根が生長しないという現象が起こります。

 

植え付けた後に低温が続いたりしてしまうと、苗が伸びにくくなります。
しかし、暖かくなる6月中旬頃からは、ぐっと生育します。

 

育てるのが少し難しいので注意が必要です。
また、連作や、病害に、かなり弱いという特徴があります。

 

接ぎ木苗とは、カボチャ、カンピョウユウガオなどを台木とし、穂木を繋いだものです。
台木と穂木が別の品種ですので、台木が連作や病害に強ければ、その性質が出ます。
穂木は、育てたいスイカの品種を使います。

 

自根に比べて値段は少し高いですが、
連作や病気に強く、おいしいスイカが作りやすい苗です。
はじめてスイカを育てる方は接ぎ木苗を選んだ方が育てやすいです。

 

 

maruti

黒マルチ

 

 

・マルチなどの被覆資材を使う
スイカは低温、雨に弱い作物です。
ここで必要になってくるのが、マルチなどの被覆資材です。

 

スイカは、6月くらいに植えつければ8月くらいに収穫できます。
この時期は、温度が低かったり、梅雨時もあるので、
被覆資材を使うことは、とても重要になります。

 

特に地植え栽培ではマルチを張ることで地温を確保し、
トンネルを被せることで、雨や泥はねを防ぎ、温度も確保することができます。

 

地植え栽培の被覆資材の使い方は、地温確保と雨を防ぐことが主です。
地温は、黒マルチを使用して確保します。

 

黒マルチを使う理由は、黒は熱を吸収しやすく、地温が上げやすいからです。
透明なマルチを使っても良いですが、雑草も防ぐには黒マルチを使いましょう。

 

 

simaou001

トンネル栽培

 

 

そしてもう一つ、トンネルを使って雨を防ぎます。
雨のほかに、遅霜に当たるのを防ぐことができ、
トンネルを作ることで温度も確保することができます。

 

また、梅雨時の雨でスイカの花粉が濡れたり流されたりして、
着果率が大幅に下がるのを防ぎます。

 

 

hotcap

ホットキャップ C)ガーデニングと雑貨の菜園ライフ

 

 

6月中はまだ温度が低いので、植え付け直後からトンネルを作ります。
ちなみに、生育初期の温度を確保するだけならホットキャップでも良いです。

 

そして梅雨に入るまで、トンネルはそのままで大丈夫です。
暑くなってきてから、トンネルを外します。

 

プランター、鉢など、スイカの容器栽培は、
マルチを張ることはまず無いので、ワラを敷くのが良いです。
温度を確保することはできませんが、過湿や病気の予防になります。

 

温度を確保するのであれば、生育初期にホットキャップを被せたり、
軽くビニールを被せると良いです。

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方

 

タグ : 

スイカの育て方

ラビットスイカ 育て方

目安時間:約 4分

 


Rabbit-suika002

ラビットスイカ C)食べもんぢから。

 

 

ラビットスイカ、ウサギの後姿のような見た目の小玉スイカです。
育て方は、基本的には一般的な小玉スイカと同じように育てます。

 

ラビットスイカは地植えで雨に降られても味が落ちにくく、
味の当たり外れが少ないことが特徴です。

 

地植え栽培でも育てやすく、おいしいスイカが作りやすいです。
栽培のポイントがありますのでご説明します。

 

 

■ラビットスイカ 育て方

 

・種まき
地植え栽培のトンネル栽培で6月~7月収穫をするなら、
種まきは2月の中旬くらいに行います。
ただ、この場合は加温が必要になります。

 

発芽適温は25度~30度と高いので、温度を保てない場合は、
種まきは3月以降、または4月中旬くらいで良いです。

 

トンネルを被せず地植え栽培、または鉢、
プランター栽培であれば4月中旬くらいに種まきをしましょう。

 

ポットに種をまく場合は4月中旬、
直播きならもう少し遅い5月くらいが良いです。

 

・植え付け場所と準備
地植え栽培なら日当たりがよく、水はけの良い場所を選びます。

 

鉢、プランター栽培も日当たりの良い場所で、
土は水はけの良い土を選んでください。
また、地植え栽培であればトンネルを被せて栽培するのも良いです。

 

つるの勢いは普通なので、施肥量は一般的なスイカと同じように行います。

 

・仕立て方
地植え栽培なら子づる4本仕立てで3果収穫、
鉢、プランター栽培なら2本仕立てで2果くらいの収穫にします。
味わいを保つには、あまり多く実をつけないようにしてください。

 

・水やり
土が乾いてきたら水やりをします。
水を与えすぎないように注意してください。

 

・人工受粉
一般的な小玉スイカと同じように行います。

 

・追肥
こちらも一般的なスイカと同じように行います。
化成肥料を少しずつ与えて、肥料を与えすぎないようにしてください。
より甘いスイカを育てたい場合はリン酸が多い肥料を与えましょう。

 

・収穫時期
天候にもよりますが、収穫時期は受粉後、35日~38日くらいが目安です。
受粉させた日をメモしておきましょう。

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方

 

タグ : 

スイカの育て方

黒部スイカ 育て方

目安時間:約 4分

 


kurobesuika

黒部スイカ C)野口のタネ オンラインショップ

 

 

黒部スイカ、大きいので育てるのは難しいのでは? と思いますが、
基本的には一般的な大玉スイカと同じように栽培します。

 

売られているものと同様な味や大きさをできるだけ再現できるよう、
黒部スイカを育てるときのポイントや、
一般的な大玉スイカの育て方と少し異なる部分をご紹介します。

 

 

■黒部スイカ 育て方

 

・種まき
ポットに種をまく場合は3月くらいから種まきをします。
直播きの場合は5月~6月くらいに種まきをします。

 

発芽するときに光を嫌うのでどちらも土を厚めに被せます。
発芽適温は30度と高めなので、暖かい場所に置いたり、
直播きならキャップを被せて温度を確保します。

 

・植え付けの準備
一般的なスイカと同じように日当たりが良く、水はけの良い場所を選びます。
つるの勢いは普通なので、施肥量は普通で良いです。

 

畝幅は一般的な大玉スイカと同様で畝幅は150cm~200cmくらいにします。
株間も同様ですが、葉が大きいので大体200cmくらいと、少し広めにとっておきましょう。

 

植え付け、水やりも一般的なスイカと同じように行います。

 

・仕立て方
子づる4本、または子づる5本で仕立てます。
親づるの摘心は実が着いたのを確認してから行います。

 

・人工受粉
一般的なスイカと同じように行います。

 

・摘果
着果位置は20節前後で、実は3~4果くらいつけておいて、
その中で形の良いものを残して摘果します。
大きいものを作るときは1株につき1果にすると、より大きいスイカが出来ます。

摘果する時期は実が電球くらいの大きさになってから行います。
同時に追肥もします。

 

・追肥
こちらも一般的なスイカと同じように行います。
大きくなるので少し多めくらいにしましょう。

 

・玉直し
綺麗な形、色にするために玉直しをします。
スイカの下にワラを敷いておくと良いです。
形がいびつになってしまうこともありますが、それでも十分です。

 

・収穫時期
受粉後、50日くらいで収穫できます。

 

・種について
黒部スイカの種は完熟しても白っぽい色をしています。
これを取っておくと、来年また黒部スイカが育てられます。

*詳しい大玉スイカの育て方については、こちらをご覧ください。
>>スイカ 地植えの育て方

 

タグ : 

スイカの育て方

種なしスイカ 育て方

目安時間:約 5分

 


suika

スイカは種があって食べにくい、種を取るのがめんどうですね

 

 

種なしスイカなら、種を取る手間が省けますし、甘くて美味しいです。
隠し味に酸味があり、そのバランスもまた良いです。

 

スイカの中には種がない品種があるので、栽培ができます。
基本的に栽培方法は変わりませんが、少し違う部分もあるので、
種なしスイカの仕組みについて説明します。

 

種なし果実として、ブドウが上げられますが、
これはホルモン処理を行って種なしブドウにしています。
*ホルモン処理とは、ブドウで言えば花にジベレリンという植物ホルモンを浸すこと。
浸すことによって種なしブドウができます。

 

しかしスイカではその方法で種をなくすことはできません。
ではどうやって、種なしスイカができるのでしょうか?

 

◎種なしスイカの仕組み
染色体レベルでは、多くの植物や生物染色体は2倍体(=2組)です。
スイカは通常2倍体ですので、この状態だと種があるスイカになります。

 

種なしスイカの種を取るために薬剤を使うのですが、詳細は割愛します。

 

薬剤を使って染色体を4倍体にし、
4倍体のスイカの雌しべに2倍体の花粉をつけることで3倍体になります。
ちなみに、4倍体のスイカは種ができます。

 

4倍体のスイカと2倍体のスイカを掛け合わせてできたスイカの種、
3倍体のスイカの種を取って育てることで、種なしスイカができます。

 

現在売られている種なしスイカの種は、3倍体の種ということになります。
こちらは遺伝子組み換えではありません。

 

 

tanenasisuika

種なしスイカの種も売られています

 

 

■種なしスイカ 育て方

 

・種に一工夫
種なしのスイカは性質上、種の表面(種皮)が少し厚くなり、
胚の発育も一般的なスイカの種に比べやや劣るので発芽しにくいです。

 

そのため、種に少し工夫をします。
種まきをする前に種が発芽してくる部分を、
爪きりなどで少し切っておいたり割ったりしておきます。

 

割るときは、爪きりの持つ部分に縦に種を入れて、
ピシッっと音がする程度に割ります。
少し割れていれば大丈夫です。

 

・種まき
種まきは一般的なスイカと同じように行います。
ただ、栽培する期間はなるべく夏の作型に合わせるように種まきをします。

 

これも種なしスイカの特徴で、初期の生育が少し遅いからです。
初期の生育は遅いですが、その後はつるの勢いがとても強くなります。

 

・土作り
土作りですが、つるの勢いがとても強くなるので、
チッソの量は一般的なスイカより半分くらいにしておきます。

 

・整枝
仕立て方は4本仕立ての2果どり、または3本仕立ての1果どりにします。
つるの勢いがとても強いので、こまめに剪定します。

 

・受粉の仕方
種なしスイカの花粉を雌しべにつけても実ができません。
そのため、種がある普通の品種の花粉をつける必要があります。

 

事前に混植しておくか、人工受粉をしましょう。

 

混植するときには、種なしスイカ3株~5株につき、種ありスイカ1株くらいで良いです。
混植、人工受粉するときのスイカの品種はどれでも構いません。

その後の栽培管理は一般的なスイカと同じように行います。

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方

 

タグ : 

スイカの育て方

スイカ 北海道の育て方

目安時間:約 4分

 


suika002

北海道で育てると甘くて美味なスイカができます

 

 

北海道のスイカの育て方を調べていて、
寒い地域なのに同じ育て方でも大丈夫? と疑問に思いますね。

 

基本的な育て方は変わりませんが、
種まき、植え付け時期は、北海道などの寒冷地の場合変わってきます。
北海道は涼しい分、時期をずらす必要があります。

 

日本の気候区分は大きく分けて、暖地、中間地(または温暖地)、
寒地(寒冷地、または冷涼地)となります。

 

北海道は、寒地、寒冷地ですから、
暖地、中間地の作型だと、遅霜にあたって傷んだり、うまく育ちにくいです。

寒冷地の作型にあわせることが大切です。

 

具体的な作型の違いですが暖地、中間地より、
種まき、植え付け、収穫の時期が遅くなります。

 

種まきから始めるなら、種袋の裏を見て
寒冷地と書かれている栽培スケジュールを目安に栽培しましょう。

 

また、北海道の特徴として、昼夜の寒暖の差が大きいです。
昼夜の寒暖差が大きいと、スイカにとって厳しい環境になりますが、
その分、甘くておいしいスイカができます。

 

栽培時期が少しずれるだけで、スイカ栽培の基本は変わりません。
寒暖差を利用しておいしいスイカを育てましょう。

 

 

suika003

時期はずれますが、基本的な育て方は中間地と同じです

 

 

■スイカ 北海道の育て方

 

・種まき
4月~5月が種まき適期になります。
大玉、小玉スイカともにこの時期から始めましょう。

*詳細については下記をご覧ください。
>>スイカ 種からの育て方

 

・苗の選び方
苗の選び方は特に変わりません。
本葉の数が5枚前後、節と節の間が間延びしておらず、
葉の色が濃いものを選びます。
>>スイカ 苗の選び方

 

・畑の準備
用土、肥料などは一般的な栽培の仕方と変わりません。

>>スイカ栽培の用土
>>スイカ 畑の準備

 

・植え付け時期
暖地、中間地より遅い、5月下旬~6月上旬です。
早いと遅霜によって痛みますので注意してください。

 

植えつけた後は、ビニールやホットキャップなどを被せ、
防寒、乾燥対策をしましょう。

以降の栽培の仕方は、中間地と変わりはありません。
*地植え、プランター栽培、鉢の育て方をご覧ください。
>>スイカ 地植えの育て方
>>スイカ プランターの育て方
>>スイカ 鉢での育て方

 

タグ :  

スイカの育て方

でんすけスイカ 育て方

目安時間:約 4分

 


densukesuika

でんすけスイカはネットでも人気です

 

 

でんすけスイカは、北海道当麻町で生産され、毎年高値で取引されています。
流通しているのは味、サイズともに一級品のスイカです。

 

当麻町の農業後継者が米の栽培が中心の農業から代わるものを探し、
種苗会社のパンフレットに載っていた「タヒチ」を見つけ出したスイカです。

 

当時、タヒチは決まった産地がなかったので、特産品になるかもしれない、
と栽培を始めたのが最初で、現在は当麻町の上位特産品です。

 

そんなでんすけスイカ、家庭菜園でも栽培してみたいですね。
元気により美味しい育てかたのポイントについて説明していきます。

 

 

Tahiti

タヒチ

 

 

[でんすけスイカ 育て方]

 

でんすけスイカの品種は、
サカタのタネから販売されている「タヒチ」という品種です。

詳しくは スイカの品種、タヒチで説明していますので合わせてご覧ください。

 

 

■でんすけスイカ(タヒチ)の特徴

 

なんといっても見た目にインパクトがあります。
普通のスイカに見られる縞模様がなく、黒い色をしたスイカです。

 

大玉スイカで、果肉は明るい紅色をしていて、
やや硬くしっかりとシャリ感があります。

 

糖度は11度以上になりますので
食味、食感ともにとても良くおいしいです。

 

・耐病性
つる割病、炭そ病に耐性を持っているので、病害に強いです。

 

・その他特徴
肥大性が強いため、空洞果が発生しやすいので注意が必要です。

 

 

■栽培のポイント

 

つるの勢いが強いので、つるボケ防止に元肥のチッソ肥料は控えめにします。
仕立て方は、親づる1本と、子づる2本の計3本の3本仕立てにします。

 

プロは、1株につき1果ですが、こだわらなくても大丈夫です。
基本的な栽培の仕方は標準的な大玉スイカの育て方で育ちます。

 

・摘果
低節位、10節前後についた実は摘果して、15~25節くらいに実をつけます。
開花後、30~35日で収穫が可能です。

 

・注意点
空洞果が発生しやすい品種ですので、敷きわらをして乾燥を防いでください。
*なお、でんすけスイカはF1品種なので、実を食べたあとの種をまいても、
同じスイカにはなりにくいです。「タヒチ」の種を購入してまくのがお勧めです。

 

■参考
・スイカ 種からの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方

 

タグ : 

スイカの育て方

スイカ 無農薬栽培

目安時間:約 6分

 


odamasuika (2)

空中栽培の大玉スイカ、現在直径16.5㎝

 
[スイカ 無農薬栽培]

 
スイカの病気や害虫を予防するために、
専用の薬剤を使うことはありますが、
薬剤は絶対必要というわけではありません。

 

育てている時に少し工夫することによって、
農薬などを使わなくても、
病害虫を比較的簡単に予防することができます。

 

1. 病害虫に強い接ぎ木苗を選ぶ
店頭には一般的な苗と、接ぎ木苗の両方が、
販売されていることが多いです。

 

一般的な苗は、種から発芽したものをそのまま育苗して、
ポット苗として出荷しています。

 

接ぎ木苗は、台木と呼ばれるスイカ以外の植物に、
スイカの芽を接ぐことでできた苗です。

 

接ぎ木苗は台木がスイカではない植物の根であるため、
連作障害に強いという特徴があります。

 

スイカは連作することでかかる病気が多いので、
接ぎ木苗を使うことで病気の予防になります。

 

 

suika0619009

敷きわらをするとスイカもご機嫌♪

 

 

2. どろ跳ねは防止する
スイカが感染する病気の多くは、土中に菌が潜んでいます。
雨が降ったり、水やりをした時に泥が跳ねあがり、
スイカの葉の裏に付着することがあります。

 

葉の裏についた泥から菌が葉に侵入し、
病気に感染するというケースは少なくありません。

 

そのため、できるだけどろ跳ねを抑えることが、
スイカの病気予防につながります。

 

苗を植え付ける時に黒マルチを用いたり、
敷きわらなどを株元に置いておくのも効果的です。

 

 

kodamasuika

実だけでなく葉も観察します(小玉スイカ、6月29日着果)

 

 

3. 手入れはこまめに
放任にしていても、生育条件が良ければ、
美味しい実を収穫することができるかもしれません。

 

けれど、生育条件が悪ければ、病気にかかってしまったり、
害虫によって丸裸にされてしまうこともあります。

 

黄変したり、枯れたようになっている葉があれば取り除き、
害虫がついているのを見つけたら、その時に捕殺するようにします。

 

こうした細かいスイカの手入れをまめにすることで、
無農薬でも病気を予防し、害虫がついても被害が最小限で済みます。

 

4. 自然農薬を使う
自然農薬とは、化学薬品ではなく、
植物などの自然素材を使ってできた農薬のことです。

 

代表的なものには木酢液や竹酢液があります。
他にもニンニクや唐辛子など、虫除けや殺菌作用のあるものを、
定期的に散布することにより、病害虫を予防することができます。

 

病気にかかったり、虫がついてしまった後に、
散布して駆除するというよりは、
あらかじめ散布して予防するといった方法で使うことが多いです。

 

ただし、自然農薬といっても、
濃度の高い状態で使うと、植物にはよくありません。

 

必ず希釈して使うようにし、使用後に異変があった場合は、
水ですぐに流すようにしましょう。

 

 

marigold

マリーゴールドでセンチュウ対策

 

 

5. コンパニオンプランツを植える
トマトにバジル、バラにニンニクのように、
スイカにもコンパニオンプランツが存在します。
代表的なものはネギとマリーゴールドです。

 

ネギはスイカを含めたウリ科の大敵である、
ウリハムシを近寄らせない効果があると言われています。

また、マリーゴールドはセンチュウ対策として有名な植物です。

 

6. 吊り栽培をする
スイカの吊り栽培は、空中栽培、立体栽培と呼ばれます。
省スペースで手入れも楽、その上病害虫に強いです。

 

管理人は、主にスイカは接ぎ木苗で吊り栽培、無農薬ですが、
一度も、病害虫の被害にあったことは、ありません。

>>スイカ 吊り栽培

 

7. 病害虫の被害を受けた場合
スイカの無農薬栽培にいろいろと手を尽くしたとしても、
やはり病気にかかったり害虫がついたりしてしまうことはあります。

 

被害が大きくなってしまった後は、
自然農薬を使ったり、手で駆除するのにも限度があります。

 

被害が大きい場合は、専用の薬剤を使うことになります。
ウイルス性の病気にかかってしまった時は、
薬剤も使えず処分するしかない場合がほとんどです。

 

無農薬栽培をする場合にも、病害虫や農薬の知識は一通り学んでおき、
被害を早く発見し、最小限にとどめられるよう備えていたほうが安心です。

 

■参考

 

タグ : 

スイカの育て方

スイカ栽培 初心者も安心

目安時間:約 7分

 


suika2015.06.10
スイカの着果、嬉しいです!

 

 

スイカは、夏の風物詩です。
家で育てて家族で食べた~い、
けれど、思うように育つか心配という方に、

 

初心者の方でも、実を確実に収穫できるコツをご紹介します。

 

 

[スイカ栽培 初心者も安心]

 

 

tugikinae002
スイカの接ぎ木苗

 

 

■育てやすい品種を選びます

 

スイカを育てる時、まず重要なことが品種選びです。
スイカにはたくさんの品種があるので、
その中でも初心者に向いた品種を選ぶと育てやすいです。 

 

スイカには大きく分けて大玉種と小玉種がありますが、
受粉から収穫までの日数が短い、小玉種の方が、初心者の方には向いています。
その中でも「紅こだま」や「ひとりじめシリーズ」などがおすすめです。

 

また、スイカの苗には接ぎ木苗というものがあります。
接ぎ木苗とは、病気や連作に強い根を持つ台木に、
おいしい実をつける穂木を接ぐことにより、
病気に強くておいしい実がなるように作った苗のことです。

 

スイカは連作や害虫、土壌から感染した病気にかかり、
実が収穫できる前に枯れてしまうことが多々あります。

 

種から育てた普通の苗に比べ、接ぎ木苗は少し高額ですが、
そのような病気に強い性質を持つ苗なので安心して育てられます。 

 

同じ品種、同じ接ぎ木苗の中でも、
健康に育っている苗を選ぶこともとても重要です。

 

良い苗のポイントを覚えておくと、苗選びの時に便利です。
>>スイカ 苗の選び方

>>接木苗とは?

 

 

■植え付け時期に気をつけて

 

スイカは高温を好む植物です。
寒さに弱いため、植え付けた後に寒さに当たると、
大切な生長点が傷んでしまったり、
ストレスを受けて花付きや実付きが悪くなることがあります。

 

スイカの苗自体は5月の初旬頃には店頭に並び始めますが、
植え付けるのは気温が安定する5月下旬以降が最適でしょう。 

 

あるいは、苗を見つけてすぐに購入した後、
植え付けてから防寒対策として、
ホットキャップなどをかぶせておくこともできます。

 

 

suika009

小玉スイカ(赤こだま)も元気に生長中(2015.06.09撮影)

 

 

■水はけを良くします

 

スイカは元々、雨の少ない地域で育っていた植物です。
なので、水を与えすぎると、つるや葉ばかりが伸びる、
「つるボケ」になりやすかったり、病気にかかりやすかったり、
根腐れを起こして枯れてしまうことがあります。

 

どちらかというと乾燥気味に管理する方が、スイカは元気に育ちます。
そのため、植え付ける時に使う培養土などは、
腐葉土を1~2割混ぜ込んだ、水はけの良いものを使うようにします。 

 

地植えにする時は、20cmの高さの畝を作ります。
畝を作ることで水はけがよくなり、スイカが元気に育ちます。

 

 

■摘心、誘引をします

 

スイカなどつる性の植物はつるの管理をすると、よく実をつけます。

 

スイカは、親づるを摘心した後、子づるを2本~3本伸ばして実をつけさせ、
孫づるは放任するのが基本です。 

 

親づるを摘心すると、摘心した場所より下の節から子づるが発生します。

複数の子づるが発生した場合は、生育の良いものを2本~3本選んで、
他はすべて摘み取るようにします。

 

つるが伸びてきたら、地這いにしていても空中栽培していても、
その都度誘引しておくようにします。

 

 

tekisin-jyuhun.

>>スイカの摘芯

 

 

■摘果するのも忘れずに

 

スイカが元気に育つと、1本のつるに何個も雌花をつけ、
すべてに着果してしまうことがあります。

 

着果すると嬉しいものですが、1株に多くの実をつけると、
実の数だけ養分が分散し、各果実の養分不足で実が小さくなります。

 

実が大きくなっている途中で株が疲れてしまい、
最悪の場合、突然枯れてしまうこともあります。

 

1本のつるには0~1個の実を育てるようにし、
摘果して、残した実を大事に育てるようにしましょう。 

 

特に大玉スイカの場合は、開花から収穫までの日数が長いので、
株を疲れさせないことが大切です。

 

 

kodamasuika-tekisin

大玉スイカの摘心と着果例

 

 

■葉を大切に育てます

 

スイカはあの大きな実を育てるために、
最後まで株が疲れることなく、元気に生育する必要があります。

 

実を大きくするためには、肥料も大切ですが、
太陽の光を浴びて光合成する葉もとても大切です。 

 

害虫の被害にあったり、病気にかかったり、
水切れや根腐れなどの影響で葉の枚数が少なくなると、
株全体の元気もなくなってしまいます。

 

元気のない株には大きな実もなりにくいので、
大切な葉を残すため、こまめに手入れします。

 

 

■収穫適期を見極めます

 

スイカの収穫適期を見分けることは、
美味しいスイカを食べるのにとても大切です♪ 

詳しくは、こちらをご覧ください。
>>スイカ 収穫時期の見分け方

 

タグ :  

スイカの育て方