スイカ,育て方

スイカの育て方.com

縞王シリーズ

読了までの目安時間:約 4分

 


スポンサードリンク


odamasuika (5)

縞模様が美しい「縞王」、空中栽培にしました

 

 

縞王」は、日本全国、北海道から沖縄まで、
どの地域でも安定して栽培できる大玉スイカです。

 

育てやすさから、家庭菜園での大玉スイカの入門種となっている上、
スイカの産地で縞王をメインに育てている農家もとても多いです。

 

そんな縞王もシリーズ化され、それぞれに特徴があります。
それぞれの品種によって、どのような違いがあるのでしょうか。

 

 

[縞王シリーズ]

 

 

■縞王

 

◎特徴
・日本全国、どこでも栽培が可能
・実は7kg~10kgと大玉としても申し分なく、腰高で美しい
・果肉は鮮やかな桃紅色で、切っても見栄えがする
・果肉の中心部分が黒ずんだり、
こんにゃくのように柔らかくなる「うるみ果」の発生が少ない

 

◎栽培のコツ
・標準的なスイカの育て方で十分育つ

 

 

■縞王M(マックス)

 

◎特徴
・縞王よりつるがやや細いが、伸びが良い
・着果率が良く、実の品質も安定して高い
・果実は7kg~10kgほどとなり、縞王と同じく腰高で形が良い

 

◎栽培のコツ
・つるがやや細めのため、作業中に折れないように注意する

 

 

simao0718009

収穫した縞王、鮮やかな果肉で上品な甘さです♪

 

 

■縞王マックスK(キング)

 

◎特徴
・実はほどよく締まり、果肉はシャリ感があって食味が良い
・果実の出来にばらつきが少なく、糖度も12度前後と安定している
・縞王と同じく、果肉は桃紅の鮮やかな色をしている
・果肉がこんにゃく化した「うるみ果」の発生が少ない

 

◎栽培のコツ
・一般的な大玉スイカの育て方で十分育つ

 

 

■縞王マックスKE

 

◎特徴
・低温での着果率が高く、実の品質も安定している
・7kg~10kgの立派な大玉で、やや腰高な形は縞王ゆずり
・果肉には早めに色が入り、色は鮮やかで美しい桃紅色をしている

 

◎栽培のコツ
・低温着果した実は収穫の適期を逃さないように注意

 

 

■縞王マックスRE

 

◎特徴
・低温時の着果がとても良く、ハウスやトンネル栽培での早出し専用品種
・果肉は縞王シリーズの特徴である鮮やかな桃紅色をしていて、
早期から色が入る

 

◎栽培のコツ
・受粉から収穫までが5月~6月の収穫で43日~48日、
7月~8月の収穫で35日~40日が目安となる

 

■参考

 

タグ : 

スイカの品種

祭ばやしシリーズ

読了までの目安時間:約 6分

 


スポンサードリンク


suika011

 

 

祭ばやし」は、果皮の色が濃緑で美しく、
玉張りの良い大玉スイカシリーズです。
見た目だけでなく、食味も良い本物志向の大玉種です。
 

 
[祭ばやしシリーズ]
 

 
■祭ばやし

 

◎特徴
・草勢は中くらいで、雌花の着生・着果性が優れている
・変形果の発生が非常に少ない
・果皮は濃緑で、高温期でも色が濃い
・果肉は鮮やかな紅色
・肉質は緻密でシャリ感があって風味も良い
・熟期は中生で、適熟の幅が広い

 

◎栽培のコツ
・雌花の着生が良いため、着果を急がず18節~20節前後につく3番花に着果させる
・着果後、初期肥大を促すため、灌水や肥効を高める
・すが入ったようになる空洞果が少ない品種のため、

強整枝や極端なつる切りはしないようにする

 

 

■祭ばやし777

 

◎特徴
・つるの伸びはやや早めだが、低温寡日照下の影響が少なく、

雌花の着生と雄花の花粉の出が良い
・果実は豊円型で玉伸びが良く、胴張りする
・空洞果の発生が少なく、上物率が高い
・果肉は明るく鮮やかな赤色
・肉質は適度に締まり、食感が良く糖度も高い
・果皮は薄いが硬いため、輸送に耐えられる
・果実の大きさは早い作型で6kg~7kg、中から遅い作型では7kg~8kgになる
・熟期は4月下旬~5月下旬収穫で交配後48日~55日、6月~7月で46日~50日で熟す

 

◎栽培のコツ
・草勢がやや強いため、交配期まではハウス内での高温に注意する
・着果後の灌水と肥効を高め、強整枝と極端なつる切りはしない

 

 

■祭ばやし8

 

◎特徴
・つるの伸びはやや早めだが、雌花がよく充実し、着果が安定する
・果実は豊円型で玉の肥大も良く、8kg前後となる
・果皮は濃緑で縞模様が鮮明で見た目も美しい
・果肉は鮮やかな紅色で鮮明に発色するため、切った時の見栄えも良い
・肉質は緻密で繊維が少なく、シャキッとした食感が特徴
・糖度が高く、全体的に安定している
・熟期は祭ばやし777と同程度

 

◎栽培のコツ
・交配まではハウス内での高温管理を避け、やや高め程度の温度管理をする
・雌花が充実する3番花~4番花まで待ってから着果させる
・着果後、25日目までの間に温度を高めに管理し、水分も十分に与えて肥大を促す
・空洞果の発生は少なめだが、着果後は側枝が茂りすぎないように整理する

 

 

suika (2)

 

 

■祭ばやし11

 

◎特徴
・草勢は強く、高温期のつる持ちが優れている
・果実は豊円型で肥大性に優れている
・適作型では8kg~9kg以上になる
・空洞果が少ない
・果皮は比較的濃い緑色をしていて、縞模様が整ってスイカらしい容姿をしている
・果肉は鮮やかな桃紅色で、高温期に変色が少ない
・肉質は緻密でよく締まり食感が良く、スイカ本来の味が楽しめる
・収穫敵期の幅が広い
・熟期は祭ばやし777に比べて二日ほど長くかかる

 

◎栽培のコツ
・ハウス内での高温管理はつるが軟弱に育ち、雌花の質が落ちるので避ける
・曇雨天でもつる周辺の気温が22度~23度を確保していれば、

換気を行って徒長させないようにする
・果実の肥大は良い品種だが、肥大初期には温度と水分を十分に確保する

 

 

■祭ばやしAC

 

◎特徴
・生育スピードはやや早めだが、気象変化に強く栽培しやすい
・低温寡日照下でも花粉の出が良いため、安定した着果が期待できる
・雌花は低節位からよく着生し、充実した雌花が開花する
・果実はやや腰高の豊円型で、見栄えが良く、カット後の変色がない
・肉質は中硬でシャキッとしていて、

果実の中心部分と果皮に近い部分の糖度差が少ない
・糖度以上の甘み、旨みを強く感じるため、非常に食味が良い
・熟期は4月~5月収穫で交配後48日~53日、6月~7月では43日~46日で熟す

 

◎栽培のコツ
・祭ばやし777と同じ

 

■参考

 

タグ :  

スイカの品種

1 5 6 7