スイカ,育て方

スイカの育て方.com

スイカ 農家の収穫判断

読了までの目安時間:約 7分

 


スポンサードリンク


suika-syukaku

スイカを育てていて、ようやく実が大きくなってきたら、
次に気になるのはいつ収穫するかですよね

 

 

家庭菜園の本やネットを見ると、収穫の目安が色々と書かれています。
けれどその通りにしてみても、栽培適期のスイカが収穫できるとは限りません。

 

では家庭菜園で目安となるチェックポイントは、
プロのスイカ農家の方が目安とするものとどのように違うのでしょうか。

 

 

[スイカ 農家の収穫判断]

 

 

■基本の判断基準

 

家庭菜園でスイカを育てて収穫する時、
収穫のタイミングをはかる目安として、いくつかの項目があります。

 

・叩いてみた時の音
・実の付け根にあるひげづるの枯れ具合
・表面のツヤ
・ヘタの色
・実のお尻部分の弾力

 

おそらくは上記を目安にされる方が多いと思います。

 

それでも収穫して実際に食べてみると、あまり甘くないということもあるでしょう。
スイカは追熟ができないため、収穫のタイミングがとても重要視されています。

 

当然、プロの農家の方も一番良いタイミングで収穫を目指します。

 

その時、こういった項目を目安にしている農家もありますが、

 

スイカを叩いた音を聞くことは、実際には判断基準になりにくいそうです。
たくさんの株数のスイカを育てている農家の場合、
ここまで細かい項目で1玉1玉チェックすると、作業効率が悪くなります。

 

一番良い収穫のタイミングを逃さないためにも、おいしいスイカを見極め、
なおかつプロを見習い作業効率をあげる必要があります。

 

 

suika (2)

平均的な実を試して切ってみるのが良いです

 

 

■試し切りの重要さ

 

多くの農家の方が採用している方法として、試し切りがあります。
試し切りは、着果日(交配日)が同じものに目印をつけておき、

 

それらが収穫適期となった頃に、本当に適期であるかどうかを、
実際に実を収穫して切って試食してみる方法です。

 

こうすることで、着果日が同じものは、
同じように収穫のタイミングを迎えているという判断をします。

 

スイカの出来不出来は、着果後の天候も関係しますが、
それよりも株の生育具合にも左右されます。

 

そのため、着果日が同じでも、株が違えば品質に差が出る可能性があります。
その差をなくす技術が、プロの技ということになります。

 

また、試し切りをする時には、一番よさそうな実は避けることがポイントです。
一番良い状態の実を試したところで、状態が良いのは分かりきっています。

 

試し切りをするなら、平均的なものを収穫して試した方が確実性が高まります。

 

また、試し切りをした後、収穫適期と判断した場合には、
どの実が同じ着果日なのかすぐに分かるようにしておく必要があります。

 

目で見て瞬時に同じ日付であると確認できれば、
スイカの着果日をいちいち確認する時間をとられることもありません。

 

なので、着果作業を行う時には、日付が分かりやすいように目印をつけておきます。
だいたい着果作業を行う日は限られてくるので、
日別に色を分け、その色によって判断するという方法が多いです。

 

色はビニタイやモール、テープなどを使うことで、簡単に分けることができます。

 

 

■出荷先別の基準

 

農家の方の場合は、収穫した後の出荷先が1つとは限りません。
出荷先がスーパーなどの小売店ばかりであれば、
A品となる基準がだいたい同じであるため、収穫の基準は変わりません。

 

ところが、直売所が出荷先に入っている場合は、少し異なります。
スーパーなどではA品とならないため、出荷できないものであっても、
直売所なら出荷ができる場合があります。

 

むしろA品でなくても良いという消費者も多いので、
直売所への出荷は大きな収入源となります。

 

直売所に出荷する場合、一般的にはA品にはならない、
少し収穫が遅れたものなども出荷の範囲に入ってきます。

 

収穫が少し遅れたものは、完熟状態となっているため、
果肉が少し柔らかかったりすることがあります。

 

形が少し悪くても、果肉が柔らかい完熟状態のものの方が、
食べてみると甘くておいしいことがあります。

 

そういった一般流通とは違う基準で販売されているスイカは、
値段が少し安くおいしいので、それを好む消費者も絶対数存在します。

 

育てたスイカを世に出し、それで収入を得ているプロの農家だからこそ、
収穫の基準が出荷先によって異なるのです。

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方
・スイカ 収穫時期の見分け方

 

タグ :  

スイカ 収穫時期

スイカ 収穫時期の見分け方

読了までの目安時間:約 4分

 


スポンサードリンク


odamasuika
甘く熟したスイカを見分けて収穫するには?

 

 

スイカの実を大事に育て、いよいよ収穫する喜びは大きいです!

できるだけ熟した実をタイミングよく収穫するためには、
いくつかの見分け方を覚えて、収穫の頃合いを計ります。

 

スイカを、甘くおいしいベストタイミングで収穫♪

 

 

■スイカ 収穫時期の見分け方

 

・収穫日数の目安
スイカは受粉した日から35日~40日、
植え付けをしてから85~90日 
ほど経ったものが、
収穫に適していると言われています。

 

この日数は、大玉スイカと小玉スイカでも少し差がありますし、
品種や栽培環境によっても違ってきます。

 

種の入っていた袋や、苗についていたタグなどに、
品種と収穫日数が記載されていることが多いのでチェックし、
授粉日を記した札を果実のつるにつけておくと便利です。

 

品種さえ分かっていれば、
インターネットで収穫日数を調べることも可能です。

 

 

simao0718007

スイカの巻きひげを観察します

 

 

・巻きひげの色を見る
実のついた場所のすぐ近くに、巻きひげが生えています。
この巻きひげの状態によって、熟しているかどうかが分かります。

 

巻きひげがまだ青く軟らかい場合は、熟していませんので少し待ちます。

 

巻きひげの付け根まで、すべて濃褐色になり、
硬くなったら、いよいよ収穫適期です。 

 

・叩いた音で判断する
スイカが熟しているかどうかを確認するのに、
昔から使われている方法は、スイカを叩いて音を聴くことです。

 

叩いた時の音が、高い音だと、まだ未熟な状態で収穫には早すぎます。
逆に鈍い濁ったようなボンボンという音がした時は、熟しすぎています。

 

ポンポンと澄んだ音が鳴ったら、ちょうど収穫のタイミングです。 

この方法は、実際に試してみると、かなり難しいです。

 

未熟な状態のときに叩いてみてどんな音がするのかを確認しておくと、
数をこなせば、聞き分けやすくなります。

 

 

suika11
スイカの音を聞き分けるのは、ちょっと修業が要ります

 

 

・葉の枯れ具合を見る
実のついた部分の周りに生えている葉が、
だんだんと枯れてきたら、実も熟してきています。 

 

葉だけでなく、スイカの実をつなぐつるも、
役目が終わったサインで、だんだんと枯れてきます。

 

 

simao0718006

お尻のおへそで見分けます

 

 

・お尻のへそを見る
スイカの実のお尻に「へそ」のような薄茶色の部分があります。
この部分は、熟してくると少し大きくなる傾向にあります。 

 

まだ実が小さいうちから「へそ」を観察しておき、
大きくなった頃を見計らって収穫しましょう。

 

■参考

 

タグ : 

スイカ 収穫時期