タフガイ

スイカの育て方.com

タフガイ

読了までの目安時間:約 4分

 


スポンサードリンク


タフガイ

 

 

タフガイは接ぎ木苗を作るときに使う台木品種で、
育苗中の病害に強いため育てやすく、健康な苗が作りやすいです。

 

つる持ちはよく、栽培後半までバテずに育ちます。
タフガイの品種特徴と栽培のコツをご紹介します。

 

 

[タフガイ]

 

 

◎がっしりとした苗に育ちやすい

タフガイの胚軸部分はしっかりとしていて、やや太いです。
子葉は小さめに育ちます。

 

成苗の歩留まりが良く、良い状態の苗が作りやすいです。

 

種まきから育苗、接ぎ木までの期間は短いですが、
その分良い苗を作ることは、台木苗も同じです。

 

台木がしっかりと育っていれば、
接ぎ木後の生長も良いです。

 

◎育苗中の病害に強い

台木品種なので、種まき、育苗、接ぎ木までの作業があります。

 

育苗中にかかる可能性があるうどんこ病、軟腐病に耐病性を持っていて、
健康な苗が育てやすいです。

 

苗の健康はとても大事で、苗が良い状態なら良い作物が収穫でき、
苗が悪い状態では、育たないこともあります。

 

耐病性を持っていると育てやすく、感染しても被害が少なく済みます。
感染してしまった場合は、感染した苗を隔離して処分することで被害の拡大を防げます。

 

◎肥大性が良く、つる持ちが良い

接ぎ木後、つるはやや細めに育ちます。

 

草勢のコントロールはしやすく、
多少、肥料が多くともつるボケせずに育ちます。

 

また、着果性にも優れていて、安定して着果し、果形も安定します。

肥大性も良いので、スイカが太りやすいです。

 

栽培後半、着果から収穫まで草勢が落ちずに育ち、
つる持ちも良いです。

 

 

■タフガイ

 

◎特徴
・茎がしっかりとしていている
・うどんこ病や軟腐病に強い
・健康な苗が作りやすい
・つるはやや細くなる
・つるボケしにくい
・着果性は良く、肥大性も良い
・栽培後半までバテずに育つ
・高品質なスイカが狙いやすい

 

◎栽培のコツ
・基本は陽が当たる場所で育て、水やりも十分に行って徒長しないようにする
・健康な苗を作るために、病害が出た場合には感染、
拡大を早めに防ぐために防除は徹底しておく
・草勢が落ちにくく、安定しているが、大玉スイカに接ぎ木する場合、
着果数が多いと着果負担による草勢低下が起こる可能性があるので注意する。

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方
・スイカ 吊り栽培


スポンサードリンク

 

タグ :

スイカの品種

人気の記事!