こがね小玉

スイカの育て方.com

こがね小玉

読了までの目安時間:約 4分

 


スポンサードリンク


こがね小玉

 

 

こがね小玉は1株で15果~20果も収穫できる小玉スイカで、
株式会社タカヤマシードから販売されています。

 

同社から販売されている紅小玉TWと同じく、豊産種で、
この品種は黄肉の品種になります。

 

こがね小玉の品種特徴と栽培のコツをご紹介します。

 

 

[こがね小玉]

 

 

■こがね小玉

 

◎2kgくらいのサイズになる黄肉小玉スイカ

小玉品種で、2kg内外に揃います。
形は丸に近い高球形になります。

 

緑色の表皮に濃緑色の縞模様がハッキリと出る、
縞模様があるスイカです。

 

果肉は淡黄のような、クリーム色をしている黄肉です。

 

 

黄色いスイカ、風味と味わいが独特でおいしいです

 

 

◎草勢が強健で、たくさん収穫できる

生育旺盛で草勢が特に強い品種です。
また、耐病性にも優れるので、病気の心配が少ないです。

 

株式会社タカヤマシードから販売されている紅小玉TWも豊産種で、
こがね小玉は黄肉の品種になります。

 

特徴が良く似ていて、こがね小玉も草勢が強健です。
特に草勢が強いため、多く着果させても草勢が落ちにくいです。

 

1株あたり、15果~20果ものスイカを着果させることができます。

一般的な小玉スイカは1株につき3果~4果ですが、
こがね小玉は一般的なスイカより3倍程度多く、たくさん収穫できます。

 

栽培は特に難しいところはなく、
元肥を少なめにすることが一つのポイントです。

 

生育序盤から、よく育ちますが、
着果させ始めてからは多少落ち着くことがあります。

 

どんどん着果させれば、その分草勢が落ちます。
なるべく多く着果させるのが栽培のポイントです。

 

◎食感はなめらかで、さわやかな風味

繊維質が少ないため、なめらかで口触りがとても良いです。

黄肉品種ならではの食味も持っており、
さっぱりとした独特の風味を持っています。

 

一般的なスイカには持っていない風味、食感を味わうことができます。

 

 

 

 

■特徴

 

・草勢が強健で、生育も旺盛
・耐病性も持っており、病気の心配が少ない
・1株につき15果~20果を着果、収穫できる
・果肉は鮮やかな黄色をしている黄肉品種
・大きさは2kg内外に揃い、形は高球形になる
・果皮は薄いが、硬いため、輸送性にも優れる
・食感はなめらかで繊維が少ない
・さわやかな甘みを持ち、さっぱりとしている

 

 

■栽培のコツ

 

・草勢が強いので、元肥は3割~半分程度まで減らす
・繁茂するので、着果させて草勢を安定させる
・基本に沿って、3番花以降から着果させる

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方
・スイカ 吊り栽培


スポンサードリンク

 

タグ :

スイカ栽培 Q&A

人気の記事!