スイカ,育て方

スイカの育て方.com

スイカ 肥料やけ

目安時間:約 4分

 


sikiwara (2)

スイカも肥料を与えすぎてしまうと、肥料やけを起こします

 

 

病気かな?と思ったら肥料やけ、
肥料やけだと思ったら病気、ということもありますので、
肥料やけの原因と対処の仕方を覚えておくと便利です。

 

 

■スイカ 肥料やけ

 

・肥料やけとは
どのスイカの栽培方法でも起こりやすいですが、
プランターや鉢による容器栽培で起こることが多いです。

 

肥料が多すぎてしまうと、根が肥料を吸収しにくくなります。
土の中にも肥料の濃度があります。

 

浸透圧の原理というものがありますね。
これは濃度が薄い溶液から濃い溶液へ移動していく圧力のことです。
スイカなど植物の根にも同じことが起こります。

 

土の中の肥料濃度が高くなってしまうと、
根の水分が奪われてしまうので結果として根が傷みます。

 

プランターや鉢は土の容量が限られているので、
肥料を与えすぎると肥料やけを起こします。

 

肥料によって根が傷むことを肥料やけと言います。
症状が進行すると枯れることもあるので注意が必要です。

 

 

suika

容器栽培のほうが肥料やけしやすいです

 

 

・肥料やけの原因
肥料の与えすぎが原因です。
追肥をしすぎる、液肥を与えすぎるなどが主な原因で、

 

ある程度までは症状が出ないのですが、
少し萎れてきて、元気がないからといって、
肥料を与えると悪化したり、急に枯れてしまいます。

 

特に液肥は、植物が吸収しやすい形の肥料なので、
希釈濃度が高かったり、与えすぎに注意します。

 

また、スイカの根に近い場所に肥料を与えてしまうと、
肥料やけの原因になりやすいので、
根から離れた場所に追肥をするようにしてください。

 

・肥料やけの症状
スイカが肥料やけを起こしてしまうと、株元に近い葉の周りが枯れてきたり、
葉に白い斑点が出てきたり、なんとなく下葉の色が薄く~黄色くなったりします。

 

株元に近い部分の葉に症状が出て、それより上の葉には出てこないのが特徴です。

 

・肥料やけの予防
肥料やけしにくい緩効性肥料を用いると良いです。
そして、とにかく肥料を与えすぎないことですね。

 

液肥は適切な倍率で与える、追肥の量を増やさないことです。
少しずつこめまに肥料を与えるのも予防になります。

 

・肥料やけしたら
しばらく肥料を与えるのをやめましょう。
プランター、鉢栽培のスイカであれば、
水を普段より多めに与えて肥料分を外に流します。

 

根がぐらつくと傷みが広がるので、

地植えであれば、巻きひげがからむよう敷きワラをしたり、
容器栽培、空中栽培なら、揺れないように支柱に誘引します。

 

すぐに回復するわけではないので、気長に行いましょう。

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方

 

タグ : 

スイカの肥料