スイカ,育て方

スイカの育て方.com

赤こだま 病害かも?

読了までの目安時間:約 4分

 


スポンサードリンク


■赤こだま 病害かも?

 

こんにちは、Senaです。

 

前の記事は、

>>スイカ 摘心して不織布をかけました

 

黒娘ここあと同時進行で栽培している赤こだま、
少し様子がおかしいのです。

 

摘心も同じ時期、5月下旬~6月頃に行いました。
その時はあまり気にしていなかったのですが、
6月18日観察すると、葉がやや枯れていました。

 

 


赤こだま 6月18日

 

 

この時点で何か考えるべきでした。
でも、生理障害なのか病害虫なのか分かりませんでした。

しばらく経って、7月1日。

 

 


赤こだま 7月1日

 

 

写真の左側だけ、やけに枯れていました。
病状か、生理障害が進行しているように見えます。

 

写真や、拡大した写真を見て、調べてみることにしました。

 

まず、葉の周りから変色、枯れ始め、
段々と葉の全体が枯れてきています。

 

葉の症状が出て、葉の周りから枯れてきているなら、
カリウム欠乏を疑ってみました。

 

カリウム欠乏の特徴は、葉の周りから黒くなり、
葉が内側に丸まって壊死が始まります。

 

調べて、写真を見比べてみて、
カリウム欠乏もあり得るのでは? と頭に入れておきました。

 

カリウム欠乏の場合、つるの片方側だけ症状が出るものなのかな?
と疑問に思います。

 

しかし、カリウム欠乏の場合、生理障害なので、
部分的ではなく全体的に症状が出るのではないかと思います。

 

枯れている部分の写真を撮って、写真と症状を照らし合わせます。

 

 

赤こだま 枯れた葉

 

 

次に疑ったのは、病害です。
スイカ炭そ病スイカつる割病スイカつる枯病などです。

 

つるが割れていないので、スイカつる割病ではないなと思います。
残るはスイカ炭そ病、スイカつる枯病の2つです。

 

症状や発生時期を考えてみても、スイカ炭そ病、
スイカつる枯病は十分ありえるのかな? と思います。
特に、梅雨時期に発生、被害が拡大しやすいそうです。

 

どちらもカビによって発病します。
写真をよく拡大して観察してみたら、

 

若干カビ系統のような感じで、
葉の周りに白いつぶつぶのような、カビのようなものが付着していたので、
病害の線が濃厚かもしれません。

これ以上、被害が広がるのも困りますし、
一度、発生したつるごと切って様子を見ようと思います。
それでも被害が増えてしまいそうなら、株ごと処分します。

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方
・スイカ 収穫時期の見分け方

 

タグ : 

スイカ栽培記録