スイカ,育て方

スイカの育て方.com

敵芯しすぎ

読了までの目安時間:約 8分

 


スポンサードリンク


スイカ栽培では、摘芯という作業が必要です

 

 

摘芯は、簡単にいうとつるの先端を摘んで、そのつるの生長を止めることです。
生長の具合によって、つるの先端を摘む場合もあれば、根本で摘む場合もあります。

 

本来は生長の必要がないつるを、それ以上伸ばさないようにするために行います。

では、側枝が発生しはじめたら、すぐに摘芯を繰り返すと、
それだけ余分な体力を消耗せずに済むのでしょうか。

 

スイカ栽培での摘芯の役割と、摘芯をしすぎた時にどうなるのかを知っておくと、
適切な摘芯ができ美味なスイカを収穫できるようになります。


 

タグ :

スイカの摘芯

スイカの摘芯

読了までの目安時間:約 5分

 


スポンサードリンク


suika(1)
美味しいスイカを収穫するために♪

 

 

つるが伸びて実をつけるスイカにとって、
摘芯と整枝はとても重要な作業です。

 

摘芯の作業を行わないことにより、
雌花がつきにくくなることや実つきが悪くなることがよくあります。

 

元気で美味しいスイカを収穫するために、
必要のない芽、つる、実を取る、摘芯と整枝作業を行います。

 

 

[スイカの摘芯]

 

 

■スイカの摘芯

 

種から芽が出て、本葉が出てくる最初の茎を親づるといいます。
この親づるに本葉が5枚~7枚ついたら、
そこで親づるの生育を止めるために摘芯を行います。

 

摘芯の作業は特に難しいことはなく、
生長点である先端を手で摘み取るだけです。

 

親づるを摘芯することで、摘芯した場所より下の節から、
子づるが次々と伸びてきます。

 

摘芯をしなくても小づるが出てくることはありますが、
摘芯することで子づるの発生が促されます。

 

 

tekisin-jyuhun.

子づる2本仕立ての摘芯と授粉の例

 

 

■スイカの整枝

親づるを摘芯した後、何本が子づるが伸びてくるはずです。

 

子づるの本数は、株の状態により違いますが、多く伸びてきた場合は、
その中から元気の良い子づるを2~4本残し、ほかは摘み取ります。

 

残す子づるの本数は、大玉、小玉によっても違いますし、
地植え、プランター栽培によっても違います。
だいたいは2本~4本残す要領で、あとは付け根から取り除きます。

子づるを摘み取る際も、ハサミは使わずに手で摘み取りましょう。
ハサミを使うと、切り口から菌が入り、病気にかかってしまったり、
枯れこんでしまうことがあるので注意します。

 

 

suika-tekisin (1)

 

suika-tekisin (2)_edited-1

子だまスイカの摘芯

 

 

◎孫づるの処理
子づるを育てて伸ばしていくと、子づるの葉の付け根から孫づるが発生します。
孫づるは特に摘み取る必要はありませんが、
勢いよく伸びて邪魔になる場合は、付け根から摘み取りましょう。

 

 

■スイカの誘引

 

子づるが伸びてきたら、必ず誘引の作業を行います。
つるが伸びるままに放置してしまうと、
つる同士が絡まってしまい、管理が難しくなってしまいます。

 

また、大きな葉と葉が密集してしまうことで、風通しが悪くなり、
うどん粉病などの病気を発生しやすくしてしまいます。

 

kodamasuika-tekisin

大玉スイカの誘引と着果の例

 

 

地這い栽培する場合は、地面に敷きワラやすだれなどを敷き、
その上につるを這わせるようにします。

 

這わすだけでは、風で動いてしまうので、
針金や紐を使ってつるが動かないように留めておきましょう。

 

支柱やネット、棚などに誘引する場合は、
つるが重ならないように注意しながら、
紐などを使ってしっかりと結んでおきましょう。

 

着果して実が大きくなってくると、それだけ重さが増していきます。
紐がはずれて実が落ちてしまわないよう注意してください。

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方

 

タグ : 

スイカの摘芯