スイカ,育て方

スイカの育て方.com

スイカ 雨の日の受粉

目安時間:約 4分

 


suika2016006

スイカを人工受粉したのに雨が降ってしまった!
雌花が咲いているのに雨が降っている……、ということがあります

 

 

自然受粉でも、雨が降ると着果しにくくなります。

 
雨に濡れるとどうなるか、ということや、
雨の日の受粉方法についてご説明します。

 

 

■スイカ 雨の日の受粉

 

・雨の日の受粉は?
スイカの花粉は粉状なので、雨に濡れると流されてしまうことがあります。
また、人工受粉の際に雌花が濡れていると、
うまく受粉できず、受粉の失敗に繋がります。
せっかく雌花が咲いたのに、もったいないですね。

 

雌花が雨で濡れるのは、地植え栽培や、
雨に当たる場所での鉢、プランター栽培に多いです。
雌花が雨で濡れてしまわないように防ぐことが大事です。

 

具体的にはどのように防ぐのでしょうか?

 

・天気予報を確認する
スイカ栽培では、天気予報を確認することも大切です。
雨が当たる場所にスイカを植えているときは、天気予報を確認します。

 

予報を見て、雨が降る前、降った後には受粉しないようにしましょう。
せっかく作業をしても、受粉に失敗してしまいます。

 

かといって、梅雨のような雨続きだと、受粉のチャンスがありません。
だとしたら、濡れないような受粉方法をします。

 

 

suika-jyuhun02

空中栽培のスイカ、雌花を人工授粉します↓ ↓ ↓

 

 

 

suika-jyuhun03

そばに植えていたゴーヤの葉を、花の上にかぶせて傘に、

強風のときは洗濯バサミなどで固定します

 

 

・花が雨に濡れないように
地植え栽培なら、トンネルをかけておくというのが確実で簡単です。
雨予報が出たら、人工受粉させておいて、トンネルの中に雌花を入れてあげます。

 

雌花が濡れないように、カバーを被せたり、
摘葉したスイカの葉などを被せるのも効果的です。

 

・梅雨時の受粉
雨に当たるような場所で栽培していて、梅雨のように雨が続くと、
花粉が流されることから、自然受粉では着果しにくくなります。

 

晴れ間を見て人工受粉を行ったり、
トンネルを被せておき花を乾かした状態で受粉を行ったほうが確実です。

 

人工受粉をした後は、雌花を守るようにカバーや葉などを被せておいたり、
雌花をトンネルの中に入れておきましょう。

 

受粉が成功するまでは、雨に濡れないようにします。

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方

 

タグ :  

スイカの受粉方法

スイカ 受粉 失敗

目安時間:約 8分

 


suika2016005

スイカを育てていて、雌花が咲くようになると行うのが受粉です

 

 

けれど受粉がうまくいかないということが、よくありますね。

スイカ栽培で受粉を失敗する原因と、

失敗した場合の対処法をご紹介します。

 

 

[スイカ 受粉 失敗]

 

 

■受粉に失敗する原因

 

子づるに花芽がつき、雌花も雄花も無事に開花したにも関わらず、
雌花の付け根のスイカの赤ちゃんが大きくならずに枯れてしまうことがあります。

 

あるいは、少し大きくなったものの小さいうちにしぼむこともあります。
このような場合は、受粉がうまくできていない場合が多いです。

 

・自然受粉に頼りすぎる
スイカを畑で育てていても、虫などによる自然受粉が確実にできないことがあります。
特にマンションなどの高層階は、虫の飛来が少なく余計に自然受粉が難しいです。

 

受粉を確実にするためには、人工受粉をしてみてください。
人工受粉をすることで、花粉のつきムラや受粉不良などを防ぐことができます。

 

・雨が降っていた
人工でも自然受粉でも、雨降りの日に受粉をしても雨が花粉を流してしまいます。
花粉が流れてしまえば、受粉することができず着果に失敗します。

 

けれどスイカの2番花や3番花を結実させるのは大切なことですが、
雨の日に雌花が開花するということも少なくありません。

 

そんな時は、雨が雌花にかからないように保護してあげます。
トンネルを設置している場合は、トンネルの下に雌花がくるように移動させます。

 

あるいは、雌花の上にカバーをかぶせて雨を防ぎます。
摘葉したスイカの葉をかぶせるという方法もあります。←これは効果あります!

 

雨の状態によっては、それでも花粉が流されることもありますが、
何もしないよりは受粉の成功確率が高くなります。

 

・受粉する時間帯が悪かった
スイカの雌花は、思っているよりも寿命が短いです。
早朝に開花した花は、その日の午後に受粉したのでは遅いと言えます。

 

ですので、スイカの人工受粉は、朝の9時までに済ませるようにします。
遅くても10時までには済ませないと、成功率が下がります。

 

・受粉時に雌しべが傷ついた
スイカの人工受粉をする時に多いケースですが、
多くの花粉を雌しべにつけようとして、雌しべを傷つける場合があります。

 

あまり強く押し付けると、雌しべが折れたり、傷ついてしまいます。
雌しべが折れてしまえば、着果はうまく行きません。

 

雄花からきちんと花粉が出ていれば、
軽くぽんぽんと雄しべと雌しべをくっつけるだけで雌しべに花粉はつきます。
力を入れ過ぎないようにしましょう。

 

 

suika2016007

しぼんでしまう実は自然現象です

 

 

・生理落果
受粉後、雌花の付け根が膨らんできて、受粉は成功したと思っていたら、
そのうちのいくつかがしぼんでしまったということがあります。

 

開花した雌花すべてに人工受粉した場合に起きやすい現象で、
実をつけすぎたとスイカ自身が感じて、育てる実の数を減らします。

 

こういった状態を自然落下や生理落果と呼びます。
スイカは子づる1本につき、実を1個~2個つけるのが基本です。

 

いくつかしぼんでしまった実があったとしても、
育っている実が残っているのであれば心配はありません。

 

・寒かった
私たち人間が寒いと感じていなくても、
暑い気候を好むスイカにとっては寒いことがあります。

 

特に受粉して実が肥大しはじめる頃に低温に当たると、
受粉不良を起こしたり、実が大きくならないといった症状が出ます。

 

梅雨の時期などで気温が上がりきらない場合は、
トンネル設置などで、昼間に30度~35度くらいになるようにしておくと安心です。

 

 

suika2016004

失敗が続いたら、小づるの一番花でも、着果しておきましょう

 

 

■受粉に失敗したら

 

人工受粉したけれど、やはり実が大きくなってこないということがあります。
そんな時に大切なことは、諦めないチャレンジ精神です!

 

失敗しても諦めずに、いろいろな方法でチャレンジを続けることで、
スイカ 受粉に成功する可能性は出てきます。

 

・育て方を見直す
現在スイカを育てている環境や育て方が、
本当にスイカに合っているのかをチェックしてみましょう。

 

地這いで育てている場合、高い場所は日当たりが良いけれど、
スイカが育っている低い場所は日当たりが悪いかもしれません。

 

あるいは大事に育てているツルが、実は着果しにくい親づるなのかもしれません。
また病気や害虫などで、思うように育てないのかもしれません。

 

苗自体が悪い場合を除いては、失敗するからには原因があります。
うまくいっていない現状を分析し、原因を追究してみてください。

 

 

suika2016

スイカの雄花、4つくらいの雌花に受粉することができます

 

 

・とにかく受粉させる
親づるを摘心し残した子づるについた雌花のうち、
1番花は摘むようにといろいろな教本に載っています。

 

これは1番花に着果したとしても、中に空洞ができてしまったり、
味がのらずにおいしくなかったりすることが多いためです。

 

また、あまりたくさんの花に受粉しても、
生理落果を起こすために無駄になるという考え方もあります。

 

けれど人工受粉に失敗し、着果できていない状態なのであれば……。

 

乱暴な言い方にはなりますが、
「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」の方式でいってみましょう。

 

何番花かどうかはこの際気にせず、雌花が咲いたら人工受粉させます。
1つの雄花からは、だいたい4つくらいの雌花に受粉することができるので、
雄花の数が少なく、雌花の数が多い場合でも大丈夫です。

 

とにかく雌花が咲いたら、朝のうちに人工受粉をしておきます。
もし1本の子づるにたくさんの実が着果したら、
その時は生育の良く位置の良い実を残して摘果すれば良いのです。

 

受粉自体がうまくいかない場合は、
すべてに受粉させ、後で摘果する方法がうまくいくこともあります。

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方

 

タグ :  

スイカの受粉方法

スイカの受粉方法

目安時間:約 5分

 


suika013
受粉して大きくなっていくスイカ

 

 

スイカに実をつけるために、欠かせない作業が受粉です。

 

本来は蜂や蝶などの虫の力を借りて受粉しますが、
家庭菜園では、確実に受粉させたいですね。

 

都会や高所のベランダなどで栽培している場合には、
なかなか虫自体が、来ないこともあります。

 

スイカは雌花のつく場所が限られているので、
チャンスを逃してしまうと、まったく実がつかないこともあります。

 

そこで、人工的に受粉させる作業が必要不可欠になるのです。
大玉スイカも小玉スイカも、授粉したほうが着果率が高まります。

 

 

■スイカの受粉方法

 

1.雌花の状態をチェック
スイカの子づるが伸びてくると、まず7節~8節目に最初の雌花がつきます。
それよりも前に花は咲きますが、雄花であることがほとんどです。

 

 

suika011
雌花は蕾のもとが膨らんでいます

 

 

suika012
雄花は蕾の下に膨らみがありません

 

 

雄花と雌花の見分け方は、蕾の下に膨らみがあるかどうかです。
この膨らみは、受粉後に実となって肥大する場所です。

 

膨らみがある方が雌花、ない方が雄花と覚えておきましょう。

7節~8節目についた最初の雌花は、
もったいないようですが摘んでしまいます。

 

スイカに最初についた花は未熟で、受粉不良を起こして、
思うように実が大きくならないことが多いためです。

 

 

tekisin-jyuhun.

受粉させる雌花は?

 

 

最初の雌花の後は、5節~6節ごとに雌花がつくので、
2番目以降に咲いた雌花に受粉します。

 

2番目以降の雌花がついたのを確認したら、
いつ開花しそうかを毎日確認します。

 

スイカの受粉のチャンスは短いので、
うっかり開花を見過ごしてしまわないよう注意しましょう。

 

2.受粉の時間

スイカの人工受粉の作業を行うのは、必ず朝早い時間にします。
遅くとも朝10時までには受粉作業を終えるようにします。

 

それよりも遅くなってしまうと、
雄花の花粉の出が悪くなったりします。

 

スイカの受粉の時間が遅くなればなるほど、
受粉の失敗率が上がってしまいます。

 

立派なスイカを収穫するため、
受粉作業を行う日には頑張って早起きしましょう!

 

3.受粉の方法
受粉をする時、筆や綿棒などに花粉を付着させてから、
雌花にこすりつけることもできますが、
雄花と雌花を直接こすりつける方が簡単で確実です。 

 

その日に開花したスイカの雄花を花茎から摘み、
花粉ができるだけ落ちないようにそっと花びらを取り除きます。

 

花びらを取り除くことで、雄しべが露出し、
雌しべにこすりつけやすくなります。

 

露出させた花粉がたっぷりついた雄しべを、
雌花の中心にこすりつけます。

 

 

jyuhunn

人工授粉の方法

 

 

あまり強くこすりつけると、雌しべがつぶれてしまうので、
作業はあくまでも優しく行いましょう。

 

これでスイカの受粉作業は終了です。

花粉がある限り、1つの雄花で複数の雌花に受粉作業が可能です。

 

受粉作業が終わったら、作業を行った日付を書き、
受粉させた雌花の近くにくくりつけておきましょう。
スイカの収穫時期を確かめるのに、たいへん便利です。

 

タグ :  

スイカの受粉方法