スイカ,育て方

スイカの育て方.com

人気の記事!

四角いスイカ

目安時間:約 5分

 


sikakuisuika
四角スイカ C)果物の郷 おくむら

 

 

[四角いスイカ]

 

 

スイカといえば、真ん丸の形を思い浮かべます。

ところが、近年はなんとも不思議な、
四角いスイカが販売されているのです。

 

四角いスイカとはいったいどういうものなのでしょうか。

 

 

■四角いスイカの味

 

四角いスイカは、実が小さいうちに四角い専用容器に入れることで、
実が大きくなった時に容器の形になるようにされたものです。

 

食用としてではなく、ディスプレイ用として販売されることが多く、
実は基本的には未熟果になります。

 

熟していないため、切って中を見てみると、
まだ赤い部分が少なく、味もおいしくはありません。
味わうためのスイカでは、ないのだそうです。

 

ところが、未熟果であるために、涼しい室内などで管理すれば、
数か月はもつのが魅力です。

 

見た目も珍しくておもしろく、日持ちもするとなれば、
鑑賞用=ディスプレイとしては優秀です。

 

 

■四角いスイカの作り方

 

四角いスイカだけでなく、ハート型や星形のキュウリなど、
本来の形とは違った状態で売られている、
野菜を時々見かけるようになりました。

 

四角いスイカも、星形のキュウリも、
実がまだ小さいうちにアクリル製の専用容器に入れて育てます。

 

実が肥大していくうちに、徐々に専用容器の形に変わっていくのです。
キュウリをハート型や星形にする容器は、
インターネットやホームセンターなどでもよく見かけます。

 

ところが、スイカを四角くする容器は、今のところ市販されていません。
スイカはキュウリと違い、とても実が大きくなります。

 

しかも品種によって大きさが少しずつ違うため、
育てるスイカに合ったサイズの容器を使う必要があります。

 

また、容器よりも大きくなろうとする実の力を抑え込むため、
肥大する力に耐えられる頑丈さが必要になります。

 

さらにスイカは実にも太陽の光を当てることにより、
あの美しい縞模様が浮き上がります。

そのため容器は透明でなくてはいけません。

 

総合すると、透明のアクリル製の専用容器を作り、
そこに実が小さいうちに入れて育てるということになります。

 

容器は市販されていませんので、
個人でどうしても四角いスイカを作りたいという場合は、
アクリル加工をしている会社に依頼が必要となります。

 

 

kyu-ri

星形のキュウリ

 

 

■四角いスイカの値段と購入

 

それでもどうにかして四角いスイカを手に入れたい! という方は、
やはり販売している店舗で購入するのが確実です。

 

百貨店などで数量限定で販売されていることもありますが、
一般の方はインターネットで購入する方が確実かもしれません。

 

四角いスイカは、育てたスイカの2割~3割ほどしか、
出荷できる状態にならないそうです。

 

生産量自体が限られているため、
1玉10000円以上となかなかのお値段です。

 

しかも取扱いのある店舗にも限りがあり、
1店舗あたりが抱えている在庫数も少ないことが多いです。

 

高くてもディスプレイとしては人気がとても高いため、
発売後はあっという間に売り切れになることも少なくないとか。

 

販売している店舗を見つけたら、
すぐに購入しておくようにするか、あらかじめ予約しておくと安心です。

>>楽天市場 四角いスイカ取り扱い店



 

タグ :

スイカ