スイカ,育て方

スイカの育て方.com

人気の記事!

スイカ 本の紹介

読了までの目安時間:約 5分

 


スポンサードリンク


suika-hon
楽天市場、Amazonにも、スイカの本がいっぱいあります
 

 

スイカの基本的な育て方を書いた本はもちろん、

専門的な栽培方法を書いてある本、スイカを題材にした絵本。

 

中には、スイカというタイトルがついているにも関わらず、

内容は思いもかけない本もあります。

 

そんな読んで楽しい、見て面白い、スイカ本をご紹介します。

 

 

[スイカ 本の紹介]

 


■スイカの栽培のための本

 

●スイカの作業便利帳 1836円
著:中山 淳、町田 剛史  出版社:農山漁村文化協会

家庭菜園でも挑戦できるスイカだけれど、やはり極めようと思うと難しいもの。
一般的な栽培書よりも、一歩踏み込んだ栽培のポイントが書かれています。
品質の高い立派なスイカが育てられそうです。

 

●スイカの生理生態と生産実例-高品質安定生産を狙う(野菜の栽培技術シリーズ) 3024円
編:農耕と園芸編集部  出版社:誠文堂新光社

スイカ栽培をする上でつきまとう、天候や栽培技術の問題は、そのまま収量に影響します。
栽培するための基礎知識から、全国の栽培実例まで紹介されています。

 

●食べたら種まき ベランダでできるリサイクル農園 1296円
著:ヒナ  出版社:祥伝社

食べた果物や野菜からとった種をまいて育ててまた食べる、
「食べまき」が紹介されている本です。
縁側で食べて種を飛ばすイメージのあるスイカの食べまき方法が紹介されています。

 

 

odamasuika (1)

スイカは、本でも人気者!

 

 

■スイカの絵本

 

●すいかシーソー 1400円+税
作・絵:さくまひろこ 出版社:新風社

スイカが大好きな赤いアリと青いアリ。
見つけたスイカに両端から食べ始めたら、

 

三日月みたいなスイカがシーソーみたいに動き始めます。
小さいアリと大きなスイカの対比がかわいらしいだけでなく、

 

シーソーのような動きや虫たちの動きがダイナミックです。
スイカを食べ進めた後、最後はどうなるのでしょうか。

 

●すいかのたね-ばばばあちゃんのおはなし こどものとも傑作集 800円+税
作・絵:さとうわきこ  出版社:福音館書店

スイカの種をうめたばばばあちゃんでしたが、

動物たちが何を埋めたのか気になって掘り返してしまいます。

 

しまいにはばばばあちゃんまで、

スイカの種を掘り返すものだから、ついに種が怒ってしまいます。

 

そんな種に対してばばばあちゃんが言ったこととは?
種をまいた本人のばばばあちゃんまでが、種を掘り返してしまうのが楽しいです。

 

小さなスイカの種を囲んで、ばばばあちゃんと動物たちが織り成す、

くすっと笑えるおはなしです。

 

 

■ちょっと変わったスイカの本

 

●スイカの丸かじり 中古1円~
著:東海林 さだお  出版社:文藝春秋

食にまつわる面白いエッセイが詰まった、
東海林さだおさんの「丸かじりシリーズ」にもスイカがあります。
スイカ以外の食についても、東海林ぶしが効いた話が盛りだくさんです。

 

●Suicaのペンギン Trip×Train 晴雨兼用折りたたみ傘BOOK 2376円
出版社:宝島社

JR東日本のマスコットキャラクターであるSuicaのペンギンが、
折りたたみ傘のそこかしこにプリントされています。

 

以前、販売して完売続出だった折りたたみ傘の色違いバージョンが付録されています。
晴雨兼用なので、いつでもどこでも、一緒にお出かけすることができます。

 

■参考


スポンサードリンク

 

タグ :  

スイカ