スイカ,育て方

スイカの育て方.com

人気の記事!

スイカダイエット 効果

読了までの目安時間:約 7分

 


スポンサードリンク


odamasuika (1)
スイカが実はダイエットに効果的って、ほんと?

 

 

スイカは全体の9割が水分でできていて低カロリーです。

スイカに、本当にダイエット効果があるのでしょうか。
スイカに隠された、ダイエット効果とダイエット法をご紹介します。

 

 

■スイカダイエット 効果

 

スイカがダイエットに効果があると言われるゆえんは、
水分の多さとカロリーの低さだけではありません。

 

スイカにはダイエット効果の期待できる成分が、
たくさん詰まっているのです!

 

1.むくみを改善する
季節に関係なく、女性の悩みの種のひとつであるむくみ。
スイカはこのむくみを改善する、
カリウム・シトルリンといった成分が含まれています。

 

カリウムは体内でナトリウム濃度の調整を行う成分で、
過剰なナトリウムを排出してくれます。

 

ナトリウムといえば塩。
塩分は水分を溜めこんでしまう性質があるため、
塩分過多の状態になるとむくみやすくなってしまいます。

 

その塩分過多の状態を、ナトリウムは解消してくれるのです。

 

もうひとつのシトルリンは、
近年注目を浴びているアミノ酸の一種である成分です。

 

シトルリンは血管を広げ、血流をよくすることにより、
体のめぐりをよくする働きがあります。
そのため、余分な水分を排出する力があるのです。

 

2.老廃物を取り除く
どれだけ気を付けて生活をしていても、
現代社会に生きる人間にはどうしても老廃物が溜まってしまいます。

 

この老廃物を溜めこんだままにしてしまうと、体調が悪くなったり、
代謝が悪くなって痩せにくくなってしまったりします。

 

この老廃物を排出するのを手助けしてくれる、
シトルリン・食物繊維・リコピンがスイカには含まれています。

 

食物繊維は便秘に効くというのはご存じかと思います。
便秘も老廃物を溜めこんでいる状態と同じことで、
それを解消する効果のある食物繊維は、老廃物除去にかなり有効です。

 

トマトに多く含まれているというリコピンも、
スイカには豊富に含まれています。
リコピンは抗酸化作用が強く、美白・美容にも効果的な成分です。

 

 

suika2

 

 

3.程よい満腹感がある
スイカを食べるだけでは、
お腹がいっぱいにならないのでは、と思うかもしれません。

 

けれど、スイカには水分・食物繊維・糖分が含まれているため、
想像する以上に、満腹感を得られます。

 

特に夏場は朝起きた時から気温も高く、
固形物を口に入れるのも億劫になることがあります。

 

そんな時でも、シャリッと食感の良いさっぱりした甘さのスイカは、

食べやすく、食事を抜いて太りやすくなるのを防いでくれます。

 

4.その他の嬉しい効果
スイカにはビタミンCやβ-カロチンなど、
美肌・美白にも効果のある成分が入っています。

 

また、カリウムや水分、糖分などがバランスよく含まれているため、
スポーツドリンクを飲むのと同じような効果も期待できます。

 

夏の朝、スイカを食べることで、
体に溜まった余分な水分や老廃物を排出する作用を高めます。
 
また、余分なものがなくなった体に、
スイカを食べることで新しい水分と糖分を摂取することができます。

 

 

suika

 

 

●朝スイカダイエットとは? 
朝スイカダイエットというものがあります。
名前の通り、朝食にスイカを食べるというダイエット法です。

 

それまで食べていた朝食の代わりに、スイカを400g食べます。
朝食はスイカだけにとどめ、昼食と夕食はいつもと同じように食べます。

 

朝だけでなく、昼食と夕食も軽めにすれば効果が上がりますが、
慣れるまでは無理に食事を減らす必要はありません。

 

スイカに含まれるダイエット効果のある成分で、
体を痩せやすい体質に作り変えて行くわけです。 

 

●スイカのカロリーは? 
果物はカロリーが高い、そんな風に思ってはいませんか?
スイカは可食部100gで約37キロカロリーとされています。

 

数字だけでは分かりにくいですが、
スイカを400g食べるとすれば約150キロカロリーです。

 

1/8カットのサイズでだいたい可食部が400gあるので、
1/8カットを一人で食べても約150キロカロリーの摂取となります。

 

標準的な食パンの1枚のカロリーが、
5枚切りで211キロカロリー、6枚切りで177キロカロリーです。

トースト1枚食べるよりも低カロリーなのが分かります。

 

糖分が多いのも気になるという方もいるかもしれませんが、
特に疾患がない場合、朝や昼間に食べるのであれば、
生活しているうちに十分消費できる程度の量です。

 

特に朝に食べれば、頭がすっきりして爽快感も増します。

 

>>スイカの栄養


スポンサードリンク

 

タグ : 

スイカ