スイカ,育て方

スイカの育て方.com

人気の記事!

スイカ 台風対策

読了までの目安時間:約 8分

 


スポンサードリンク


suika007
ワラを敷くと、泥はね、乾燥や地温上昇を防げます

 

 

[スイカ 台風対策]

 

 

スイカを大切に育てているときに、
台風が来ると、雨や強風により、
スイカが傷むことも少なくありません。

 

台風が近づいてきたら、
対策をとってスイカを守りましょう。

 

 

■地這い栽培の場合

 

・つるの下に何かを敷く
スイカを地這い栽培する際、台風とは関係ない日でも、
つるの下にワラやすだれなどを敷いておくことをおすすめします。

 

 

suika008
このワラは、メール便で送料込み350円 で上質の稲わら200gです
*エス・フィールド楽天市場店、低価格で良心的なショップです

 

 

つるの下に何かを敷くことは絶対ではないのですが、
泥の跳ねかえりによる病気感染を考えると、敷いておいた方が安心です。

 

敷くものは、代表的なものとしてワラやすだれがありますが、
他にもマルチなどのシート状のものも使えます。

 

台風の時は、風の他に大雨が降ることもあるので、
何かを敷いておかないと泥はねが起こります。

 

泥はねによって、実を収穫する前に株が枯れてしまうような、
深刻な病気に感染することもあるので、ぜひ実践しましょう。

 

・つるを留める
地這い栽培をしている場合、
地面に沿ってつるが伸びている状態のはずですね。

 

台風によって強い風が吹くと、地面を這っている状態であっても、
つるがあちらこちらに動いてしまいます。

 

位置がずれるだけなら問題ありませんが、
摩擦などでつるが折れたり、葉が傷んだりしてしまっては、
生育に大きな悪影響を与えてしまいます。

 

たいていの場合は、つるの下に、
ワラやすだれなどを敷いている状態かと思います。

 

 

upin

園芸U字ピン C)ガーデンライフ彩

 

 

スイカのつるが強風であおられて動かないよう、
園芸用のU字ピンなどを使って、

 

ワラやすだれの上からつるを固定しておきましょう。
太い針金で自作するのも良いです。

 

間隔をあけてピンを挿し、つるを動かないようにすることで、
折れてしまったりするのを防ぐことができます。

 

・ネットをかぶせる
スイカの畝全体を覆うように、
ネットや不織布などをかぶせておくと、
台風による強風で実やつるが傷むのを防ぐことができます。

 

株全体を覆うことで、つる・葉・実、
すべてがほとんど動かない状態にすることができるため、

 

強風によってつるが動いて折れたり、葉がちぎれて飛んだり、
実が転がって傷ついたりということを防ぎます。

 

畝全体をネットや不織布などで覆ったら、
必ず端を園芸用のU字ピンと土で留めて、
ネットや不織布自体が飛んでいかないようにしておきましょう。

 

 

■空中栽培の場合

 

・鉢を下ろす

地植えで空中栽培をしている場合は必要ありませんが、
鉢やプランターで育てている場合は、
できるだけ地面に近い場所に下ろすようにします。

 

高い場所に置いたままにしておくと、風の影響を受けやすい上に、
容器ごと落下してしまい、つるが折れたり、
土から根が露出して傷んでしまうことがあります。

 

台の上などに乗せている場合は、必ず下に下ろしておきましょう。
ベランダなどであれば、育てている植物を、
風の影響を受けにくい隅の方に固めて置いておくといいでしょう。

 

固めて置いておくことで、
容器自体が倒れてしまうのを防ぐことができます。

 

 

suika006

大玉スイカ着果しました(2015.06.19撮影)

 

 

・実を支える
台風がくる頃になると、
スイカの実も大きく育っていることが多いです。

 

大きくなった実をそのままにしておくと、
台風の強風にあおられて実が大きく揺れ、
つるからはずれて落ちてしまったり、
何かにぶつかって傷むことがあります。

 

せっかく大きく育ってきている実を無駄にしないためにも、
ネットなどで支えを補強してあげましょう。

 

野菜を保存するネットや、紐を編んでネット状にしたものなど、
あまり伸縮性のないネットを使うと、しっかりと支えることができます。

 

ネットは支柱にしっかりと結び、
ハンモックのようにしたところにスイカの実を置いて安定させます。

 

ネットの他に、不織布や防虫ネットなど、
通気性がよくスイカの実を支えられる強度があるものなら使えます。

 

布も使えないことはありませんが、
濡れるとなかなか乾かないため、あまりおすすめできません。

 

・ネットを巻く
実をネットで支えて落下を防いだら、
風によって横に揺れるのを防ぎましょう。

 

つるを誘引している支柱の周りを、ネットや不織布で巻いておきます。
こうすることで、大きく育った実が風で揺れることもなくなり、
葉がちぎれてしまうことも防ぐことができます。

 

広い場所で棚などを作り、大がかりに空中栽培をしている場合は、
市販の防風ネットを設置すると安心でしょう。

 

 

bohunet

防風ネット C)農業用品販売のプラスワイズ

 

・支柱を補強する
空中栽培の場合、つるや実を支えている支柱自体が倒れると、
そこに誘引しているスイカも傷んでしまいます。

 

組んでいる場所を改めて紐できつく結んだり、
縦の支柱に横、斜めの支柱を足して補強するなどして、
強風に備えるようにしましょう。

 

■参考

 


スポンサードリンク

 

タグ :

スイカ栽培 Q&A