スイカ 育て方 種

スイカの育て方.com

人気の記事!

スイカ 種からの育て方

目安時間:約 8分

 


suika1
スイカを種から育てるのも楽しいです

 

 

スイカは種からでも、育てることができます。

 

園芸店やホームセンター、種苗会社、通信販売で、
スイカのいろいろな種を購入することができます。

 

また、知り合いにスイカを育てている方がいる場合は、
少し種を分けてもらってもいいでしょう。

 

スイカを食べて残った種で育てると、
品種により、発育や収量が見込めないことが多いです。

品種を選び、購入した種から育てるのが安心です。

 

[スイカ 種からの育て方]

 

 

■種まき

 

種まきは3月~4月が適期です。
これより早いと種が凍ってしまいますし、

 

遅いと発芽以降の生育が遅れてしまい、
収穫に間に合わなくなるので適期は守るようにします。

 

 

suikatanebukuro
好みの品種を選びます

 

 

・直播き
スイカは、育てる場所に直接種をまいて育てることができます。
直播きを行う場合は、土作りを種まきより先に済ませておきます。

 

種まきをする2週間以上前に、
1㎡あたり、完熟堆肥2kg~3kg、化成肥料100g、
苦土石灰を100g加えてよく混ぜておきます。

 

畝を作るか、鞍つきを作り、適期になったら種をまきます。
1か所に3粒~4粒の種を1cm間隔に置き、
種が隠れる程度に土をかぶせます。

 

土をかぶせた後は、水をたっぷり与えておきましょう。

 

・ポット播き
育苗して定植する場合は、3号サイズのポットに種をまきます。
ポットに種まき用の用土を入れ、2粒~3粒の種を1cm間隔に置きます。
種が隠れる程度に土をかぶせたら、水をたっぷり与えましょう。

 

 

■鞍つきの作り方
穴を掘った底に肥料を入れる方法もありますが、
スイカの場合は、畑の土づくりをしてから、
鞍つきにするの方法が良いでしょう。

 

 

kuratuki1
1.土を盛り、直径30~40cm、高さ20cmの円錐を作る。

 

 

kuratuki2
2.円錐の頂点を手の平で押し、平らにする。
3.平らになった部分の中央に、種をまいたり苗を定植したりする。

 

 

■防寒

 

種まきを行う3月~4月は、スイカにとってはまだ寒い頃です。
種をまいた後、防寒のために、
ホットキャップやビニールをかぶせておきましょう。

 

防寒しておくことで、発芽に充分な気温が確保でき、
また乾燥防止にもなります。

 

ホットキャップはホームセンターなどで売られていて、
1個から購入可能なので、家庭菜園で数株育てる時などに便利です。

また、であれば充分に気温が上がるまで使えるので便利です。

 

防寒対策だけでもは気温が低い場合は、
園芸用のヒーターや加温器を利用して温度を上げます。

 

 

hotcap
ホットキャップがあると便利です C)ガーデニングどっとコム

 

 

■水やり

 

種をまいてから本葉が出てくるまでは、乾燥しすぎは禁物です。
特に発芽するまでに土が乾ききってしまうと、
うまく発芽しないこともあるので注意しましょう。

 

ポットに種をまいた場合は、直に種をまくよりも土の量が少なく、
乾燥が早いので注意が必要です。

 

必ず毎日土の状態をチェックして、
乾いているようであればたっぷりと与えるようにしましょう。

 

本葉が出てきた後は、葉がしおれない程度に、
土が乾燥したら水を与えるようにします。

 

あまり湿気た状態が続くと、過湿になって、
まだ弱い根が根腐れなどを起こして傷んでしまいます。

 

 

suika013

 

 

■間引き

 

複数の芽が出たら、本葉が出る頃に、
育ちの良いものを1つだけ残し、あとは間引きします。

 

間引きをする時は、残す芽の株元を軽く押さえ、
間引く株を反対の指でつまんで引き抜きます。

 

残す芽の株元を押さえていないと、
間引く芽につられて土から抜けてしまうことがあります。

まだ弱い根は少し土から浮くだけでも傷むことがあります。

 

できれば根ごと間引きをした方が良いのですが、
芽が混んでいて、どうしても根が浮いてしまうことがあります。

 

その場合は、無理に引き抜かずに、
間引く予定だった芽を地際で切っておきましょう。
ただし、残す芽まで傷つけないように注意します。

 

発芽してまだ赤ちゃんの状態の芽はとてもデリケートです。
間引きの作業は、ていねいに優しく行うようにします。

 

 

■定植

 

種を直播きした場合は定植の必要はありませんが、
ポットで育苗は、本葉が5枚~6枚になったら、定植しましょう。

 

定植をする前に、ポットの入った状態のままで、
苗にしっかりと水を与えておきます。

 

スイカの根は弱く、ポットから抜いた際に根鉢が崩れてしまうと、
根が傷むことがあります。

 

定植の時に根を傷めてしまうと、根の修復に時間がかかってしまい、
その生育に大きく影響します。

 

 

ueana
定植する場所には根鉢が入るくらいの植え穴をあけておき、
ここにも水を入れてしっかりと染みこませておきます。

 

 

tesyoku (2)
苗側、植え穴両方に水分を含ませた上で、苗を少し高めに植えます。
定植が終わった後にもたっぷりと水を与えておきます。
こうすることにより、根付くのが早くなり、生育がよくなります。

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方
・スイカ 収穫時期の見分け方



 

タグ :  

スイカの育て方