黒部スイカ

スイカの育て方.com

人気の記事!

黒部スイカ

目安時間:約 4分

 


kurobesuika

黒部スイカ C)野菜のタネのお買い物 太田のタネ

 

 

黒部スイカ、俵型の大きなスイカ、デパートなどで見かけたことはありませんか?
重さが10kg以上になる素晴らしいスイカを紹介します。

 

黒部スイカは入善ジャンボ西瓜として有名です。
歴史は古く、明治時代から育てられ、元は米国産のラットルスネーク種です。

 

入善町で栽培が始まって、荻生西瓜、縞皮すいかと名前が変わり、
黒部スイカと呼ばれるようになりました。

 

昭和57年からは入善ジャンボ西瓜と名称を変え、
より大きく、より甘いスイカを作っています。

 

入善町で育てられている黒部スイカの重さは、
15kg~25kg以上となり、とても大きいです。

 

輸送する際にはワラを編んださん俵と呼ばれる、
ワラの蓋みたいなものをスイカの上下に縛り付けてあります。
大きさも、見た目のインパクトも強いです!

 

見た目からは想像できない甘さと香りが感じられます。
とにかく大きいので、シェアして食べるのがオススメです。

 

持ち上げるのにも一苦労な黒部スイカ。
野口のタネ、太田のタネなどネットショップで、
「くろべスイカ」という名前で種が販売されています。

 

苗もその他のオンラインショップで購入できます。
ちょっとビックリ! 大きいスイカ作りに挑戦してみてください。

 

 

■大玉スイカ 黒部スイカ

 

◎特徴
・つるの勢いは中程度
・大きいので地植え栽培向け
・実の表面は薄い緑色に濃緑色の縞模様が出る、白っぽいのが特徴
・実の形は俵型
・一般的なスイカより皮が厚い
・長さは40cmくらいで直径が30cmくらいと、とても大きい
・実の重さは10kg以上、栽培によっては15kg~25kg以上になる
・果肉の色は鮮紅色
・糖度は12度くらい
・実はしっかりしていてシャリ感がある

 

◎栽培のコツ
・子づる4本~5本仕立てにして、最初は3果くらいを着けて形の良いものを残す
・1株につき1果にすると大きいスイカができる
・肥大力が強いので、追肥が遅れないようにする
・ワラなどを敷くと形の良いものができる
・収穫時期は受粉後50日くらいで収穫できる
・基本的には一般的な大玉スイカと同じように育てる

*詳しい育て方は、後述します。

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方



 

タグ :

スイカの品種