黒たまご

スイカの育て方.com

黒たまご

読了までの目安時間:約 4分

 


スポンサードリンク


黒たまご

 

 

黒たまごは名前の通り、黒に近い濃緑色の表皮に、
オレンジ~黄色の果肉をしている中玉スイカです。
株式会社久留米種苗園芸から販売されています。

 

ユニークな形と鮮やかな果肉を持つスイカ、
黒たまごの品種特徴と栽培のコツをご紹介します。

 

 

[黒たまご]

 

 

◎黒皮で果肉はオレンジ色
黒たまご、と名前がついているように、
表皮は黒皮でツヤがあり、果肉がオレンジ~黄色をしているスイカです。

 

形は楕円形をしていて、形の揃いが良いです。
3kg~5kgになるので中玉サイズです。
ユニークな形をしていて、大きさもあるので見分けやすいです。

 

糖度は13度~14度以上になるので特に甘く、
シャリ感も持ち合わせているので食味食感ともに良いです。

 

 

 

 

◎家庭菜園ならトンネル地植え栽培
適応する作型は半促成、抑制栽培とされていますが、
二つの作型は難しいため、トンネル地植え栽培が一番簡単です。

 

半促成はハウス内で栽培し、栽培後半はハウスの被覆を取る栽培で、
早めに収穫する作型です。

 

逆に抑制栽培は遅く収穫するように調整します。
冷涼地などで行われ、栽培後半に保温する栽培です。

 

トンネル地植え栽培は、地植え栽培と同様ですが、
ビニールを使い、トンネルを作ります。

 

雨を防いだり、保温をすることができます。
スイカが生長しやすい環境を作りやすいです。

 

また、後半まで株疲れしにくい特徴を持っています。
草勢は強いですが、栽培後半まで株疲れしにくいため、
無理な追肥、水やりは控えるようにします。

 

植え付け前、元肥の段階から肥料を減らし、
一般的な量より半分程度にしておくとつるボケもしにくくなります。

 

◎3本仕立て、4本仕立てが理想
仕立て方は3本仕立て2果収穫、3本仕立て1果収穫、
4本仕立てなら3果収穫が理想です。

仕立て方や着果数により大きさにバラつきが出ます。
受粉後40日~45日で収穫ができます。

 

 

■黒たまご

 

◎特徴
・3kg~5kgになる中玉スイカ
・表皮は黒皮、果肉はオレンジ色をしている
・楕円形でユニークな見た目
・糖度が高く、13度~14度にもなる
・シャリ感が感じられ、食感が良い
・生育後半まで株疲れしにくい
・着果が安定する

◎栽培のコツ

・草勢が強いので元肥は基本より少なく、4割~半分にする
・半促成、抑制、トンネル地植え栽培が可能
・3本仕立て1果、2果収穫、4本仕立てで3果収穫とする

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方
・スイカ 吊り栽培


スポンサードリンク

 

タグ :

スイカの品種

人気の記事!

«  | ホーム |