花火

スイカの育て方.com

花火

読了までの目安時間:約 4分

 


スポンサードリンク


花火

 

 

花火は、ナント種苗が改良して販売している、スイカ品種です。
外見が、とてもユニークで珍しいスイカです。

 

花火は、どのような特徴を持っているのでしょうか。
また、育て方のコツも合わせてご紹介します。

 

 

[花火]

 

◎花火のような柄が特徴
花火は、緑と黒の縞模様を持った、一般的なスイカとは異なる姿をしています。
地の色は濃い緑ですが、縞模様が入りません。

 

その代わりに、花火が散っているかのうような、黒いまだら模様が入ります。
しかもそのまだら模様には濃淡があるため、
弾けてすぐの花火や消えかけている花火など、様々な花火を連想させます。

 

今まで目にしてきたスイカとは全く異なる模様をしているため、
初めて見る人にはスイカに見えないかもしれません。

 

けれど、その美しい模様の入り方に魅了されるに違いありません。
表面の柄は特異ですが、切ってみると中には赤い果肉が詰まっています。

 

糖度が高く、濃厚な甘みとスイカの香りを持ち、とてもおいしいスイカです。
また、シャリ感もきちんとあるので、食味が良く食べ飽きない品種です。

 

◎中玉~大玉サイズ
花火は、育て方や作型によって、
5kg~8kgの中玉サイズ~大玉サイズに育ちます。

 

ハウス促成栽培では、5kg~6kgの中玉サイズになりやすく、
トンネル~露地の早熟栽培では、6kg~8kgの大玉になりやすいです。

 

多肥の状態になってもつるボケしにくいため、
スイカ栽培に慣れていない方でも安心して育てることができます。

 

また、できるだけ大玉に育てたい場合は、
つるとつるの間隔を広げておくと、大玉に育ちやすくなります。

 

◎着果性、肥大性が良い
花火は草勢が強く、着果率の高い品種です。
また、着果後の実の肥大性も良いので、
中玉~大玉のスイカに初挑戦する方でも、実を大きく肥らせやすいです。

 

 

■花火

 

◎特徴
・1玉5kg~8kgで腰高の形良いスイカ
・表面の皮には縞模様がなく、
打ち上げ花火のように黒い斑点が散る独特の模様をもっている
・果肉は紅桃色をしている
・糖度が高く、旨みが濃厚で香りも強い
・シャリ感が強く食味が良い
・ハウス促成栽培、トンネル栽培、小型トンネル栽培、露地栽培が可能
・ハウス促成の場合は5kg~6kgの中玉サイズに、
トンネル~露地の早熟栽培では6kg~8kgの大玉サイズに育ちやすい
・多肥栽培でもつるボケしにくい性質がある
・草勢が強く、着果性と実の肥大性に優れている

 

◎栽培のコツ
・基本の育て方は、一般の大玉スイカと同じで良い
・つるの間隔を広げることで、実を大きく育てることができる

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方
・スイカ 収穫時期の見分け方


スポンサードリンク

 

タグ :

スイカの品種

人気の記事!

«  | ホーム |