星きらら

スイカの育て方.com

人気の記事!

星きらら

読了までの目安時間:約 3分

 


スポンサードリンク


hosikirara

星きらら

 

 

星きららは、大和農園が交配した大玉のスイカの品種です。
正球に近い真ん丸な形をしていて、縞模様がはっきりとして、
スイカらしいと美しい形と模様です。

 

1玉がだいたい8kg~9kgほどになるので、
大人数で食べても満足できるほどの立派な大玉に育ちます。

 

中の果肉は赤いですが、少しピンクがかった鮮やかな色をしています。
果肉はよく締まっていて、硬めですがその分シャリ感が強いので、
スイカ特有のシャリシャリとした食感が好きな人にはお勧めです。

 

表面の皮の模様も、果肉の色や硬さも良いので、
丸ごとの販売からカットした状態での販売まで向きます。

 

栽培前半からほどよい草勢の強さがあり、
収穫期に向けて少しずつ強くなっていきます。

 

基本的には農家向けの品種ではありますが、
大和農園や他の種苗会社から種を購入することができるので、
家庭菜園でチャレンジすることができます。

 

どちらかというとハウス栽培よりも、
低温期のトンネルやホットキャップによる保温で育てる方法が合っています。

 

5月の上旬に定植するのであれば、露地での栽培も可能です。
ただ、定植後は気温が突然下がることもあるので、ある程度安定するまでは、
ホットキャップをして保温をしておいた方が無難です。

 

とてもおいしいスイカですが、残念ながらF1種のため、
種をとって育てても、親と同じ性質には育ちません。

 

あらたに栽培を行う時は、また新しく種を購入する必要があります。

 

 

■大玉スイカ 星きらら

 

◎特徴
・1玉8kg~9kgの大玉種
・正球に近い丸い形
・はっきりとした縞模様
・中の果肉はピンクがかった鮮やかな赤色
・果肉は硬めでシャリ感が強い
・糖度は12度~13度と高く、甘みが強い
・草勢が収穫期に向かって強くなる
・ツル持ちが良い
・甘みや果肉の色のりが良い
・低温~高温まで開花・着果率が良い
・低温期はトンネルかホットキャップをしておくと安心
・露地の場合、4月下旬~5月上旬定植で8月収穫が目安

 

◎栽培のコツ
・基本的なスイカの栽培方法に準じる

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方
・スイカ 収穫時期の見分け方


スポンサードリンク

 

タグ :

スイカの品種