必勝

スイカの育て方.com

人気の記事!

必勝

読了までの目安時間:約 5分

 


スポンサードリンク


hissyou-suika

必勝

 

 

必勝という大玉スイカの品種があります。
大和農園が交配している品種で、玉揃いが良いのが特徴です。

 

栽培する環境や時期によって、1玉が7kg~9kgほどに生長します。
ハウス栽培から露地栽培まで、広い作型に対応できる品種なので、
時期をずらして栽培すれば、収穫期間を長くすることができます。

 

必勝は、低温期の着果性が特に優れているので、
2月に定植するハウス栽培でも十分な着果・収穫が見込めます。

 

かといって高温に弱いかというと、そうでもありません。
高温期は高温期で、一般的な品種のスイカと同じように着果します。

 

栽培初期は少し草勢が弱く、貧弱なように見えますが、
もともとツルも繊細で細めなので問題はありません。

 

必勝は、草勢が弱いからと追肥をしすぎると、ツルボケを起こすので注意します。
栽培後半に向けて徐々に草勢も強くなり、
実が肥大して熟期を迎える頃には、強くなっています。

 

必勝の性質として、熟期になるにつれ草勢が強くなるということは、
葉が光合成を盛んに行うため、おいしいスイカに仕上がります。

 

ハウスや大型トンネルでの栽培では、交配から収穫まで50日~53日かかります。
中型トンネル~露地栽培の場合は、交配から収穫まで48日前後が目安となります。

 

露地栽培の場合、定植はゴールデンウィーク頃になりますが、
気温が低くなることがあるので、気温が安定するまでは、
ホットキャップをして保温しておくのがお勧めです。

 

気温が安定した後は、ホットキャップをはずして育てます。
低温期に強く、高温期にも露地で栽培ができますが、
空洞果や変形果がとても少なく、秀品が多いのも必勝の魅力です。

 

必勝は正球に近い丸い形をしていて、スイカらしい縞模様が美しい品種です。
表面の皮にもツヤがあるので、販売時に見栄えがします。

 

切ってみると、中は鮮やかな赤色ですが、
真っ赤というよりは少し桃色が入ったような爽やかな色合いです。

 

必勝は、色回りが良いので、果肉の端まで均一な色に仕上がります。
皮の緑、皮際の白、果肉の桃紅色のコントラストが美しいので、
切った時にとてもおいしそうに見えます。

 

必勝の果肉は少し柔らかめですが、スイカ特有のシャリ感はしっかりと感じられます。
糖度も平均して12度前後にまでなるので、
スイカの濃厚な香りと甘さ、爽やかさが楽しめます。

 

 

■大玉スイカ 必勝

 

◎特徴
・1玉の重さはハウス~大型トンネルで7kg前後、中型トンネル~露地で8kg~9kg
・正球型で縞模様がはっきりとして美しい
・果肉は鮮やかな桃紅色
・果肉はやや柔らかいがシャリ感があって美味
・糖度は12度前後
・低温期の優良雌花の開花率が高く、着果率も良い
・空洞果、変形果が極めて少ない
・草勢は栽培初期は弱く、収穫期までに徐々に強くなる
・ハウス~大型トンネルでは収穫まで50日~53日、小型トンネル~露地は48日前後かかる

 

◎栽培のコツ
・ハウス~露地まで幅広い作型に対応できる
・栽培初期は草勢が弱いが多肥にしないよう注意
・ツルは細めなので草勢の判断に注意

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方
・スイカ 収穫時期の見分け方


スポンサードリンク

 

タグ :

スイカの品種