大栄スイカ

スイカの育て方.com

人気の記事!

大栄スイカ

目安時間:約 6分

 


daiesuika

大栄スイカ

 

 

大栄スイカは、鳥取県の北栄町(旧 大栄町)で育てられるスイカです。
鳥取県は熊本県と並んで、おいしいスイカの生産地として知られています。

そのスイカは遠くドバイまで運ばれ、食べられているのだとか。
大栄スイカとはどのようなスイカなのでしょうか。
また、おいしさ秘密は何かあるのでしょうか。

 

 

■大栄スイカとは

 

大栄スイカは、鳥取県にある北栄町(旧 大栄町)で育てられたスイカで、
大栄スイカという品種というわけではありません。

 

どちらかというと、大栄で育ったブランドスイカということになります。
日本では古くからスイカが親しまれています。

 

現代でも日本各地にスイカの名産地があり、大栄町もその1つです。
7月頃にピークを迎える大栄スイカは、
日本人が思うスイカそのままの形をしていて、毎年とても人気があります。

 

自宅で楽しむのであれば、変形果や空洞果などのB品なら、
見た目が少し落ちるだけで、お手頃価格で味はA品と同じなのでお勧めです。
もちろん、A品なら贈答用として見劣りしません。

 

 

■大栄スイカの特徴

 

大栄スイカとして売られているスイカには、特徴があります。

 

・7kg~11kg以上の大玉スイカ
・果肉は少し薄めだけれど赤い鮮やかな色
・シャリ感の強い食感
・甘みが強く、糖度計導入によって品質が安定
・皮が厚くて硬いので鮮度を保つ

 

大栄スイカは糖度が11度~13度にもなる、高糖度なスイカです。
その甘さは、糖度計が導入されたため、
出荷時の計測により味のバラつきがかなり少なく、安定しています。

 

また、大玉スイカならではの強いシャリ感は、
暑い夏を吹き飛ばしてくれる爽快感があります。

 

また、大栄スイカは皮が厚く硬いため、収穫後からの裂果が少ないのも特徴です。
スイカのみずみずしさと甘さは、皮によって守られています。

 

皮が薄いと、輸送中に割れてしまったり、
中の水分や甘みが抜けてしまったりすることがあります。

 

それに比べると、大栄スイカの皮は厚いため、
余分な水分が抜けることがなく、おいしいスイカが手元に届きます。

 

100年以上続く大栄スイカ栽培は、農家さんたちのたゆまぬ努力の賜物です。

 

 

■大栄スイカのおいしさの秘密

 

大栄スイカがおいしいのには、理由があります。
100年以上も前からスイカを栽培している歴史に加え、
恵まれた土地環境と農家の方たちの終わりのない向上心と努力です。

 

・100年続く栽培方法
大栄スイカには100年以上続く栽培歴史があります。

 

「大栄スイカ」という言葉は、昭和48年に統一銘柄として定められ、
その後、平成20年に商標登録されました。

 

大山山麓に広がる火山灰土壌を「黒ぼく」と呼び、
その土がスイカ栽培に適していたため、おいしいスイカが栽培されるようになりました。

 

黒ぼくは病害虫に強い根を育てることができる土のため、
甘みが強くおいしいスイカが育ちます。

 

・日照量の多さと寒暖差
鳥取県は天気の悪い日が多いと思われていることが多いですが、
春の間は意外と晴れが多いのです。

 

春はスイカがツルや葉を伸ばし、光を浴びて養分を溜め株を充実させる時期です。
この時期に日照時間が長いことで、スイカは元気に育つことができます。

 

元気な苗はおいしい実をつけることができるため、
この時期の日照時間はとても大切なのです。

 

また、昼間と夜の寒暖差が大きい鳥取では、スイカが甘く育ちます。
夜が寒いということは、スイカが夜になると活動を抑えるということです。

 

そのため、昼間に作って溜めた養分を夜間に消費してしまうことがなく、
たっぷりと養分を溜めこめる環境となります。

 

・糖度センサーの導入
大栄スイカでは、甘さを均一にし、玉の形や大きさによって、
確実な等級選別ができるよう、計測器を導入しています。

 

果肉の甘さや空洞をセンサーによって計測する糖度センサー、
形や大きさを計測する外部判定装置を使って計測されています。

 

そのため、甘みにばらつきがなく、
贈答用と自宅用とで買い分けることができるようになりました。

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方
・スイカ 収穫時期の見分け方



 

タグ :

スイカの品種