夏武輝

スイカの育て方.com

人気の記事!

夏武輝

読了までの目安時間:約 3分

 


スポンサードリンク


kabuki

夏武輝

 

 

今回はタキイ種苗から販売されている夏武輝を紹介します。
夏武輝と書いて、「カブキ」と読みます。

 

夏武輝は昔ながらのスイカの味と言われることが多く、
懐かしい味がする品種です。

 

夏武輝の特徴は、実の揃いが良く空洞果が少ないです。
品質が良いものが出来やすく、特に秀品率が高いです。糖度も高く安定します。
栽培の仕方によってはそれ以上に甘くなります。

 

栽培の特徴はつるの勢いが強いですが実のつきが良く、
低温でもよく肥大しますし空洞果が少ないので作りやすい品種です。

 

作りやすく秀品率が高い昔ながらのスイカ、栽培してみませんか?

 

 

suika-new010

夏武輝は1株2果どりでも、ほぼ確実に大きくなります

 

 

■大玉スイカ 夏武輝

 

◎特徴
・低温で日照がやや少なくても花粉量が多く実のつきが安定し、低温でも太る
・節と節の間が詰まり、つるの勢いが強く、後半にもつるが元気
・着果後のつるの勢いは極端に落ちることがない
・実の形は高球形で、果面のでこぼこがなくスムース
・夏武輝は実の揃いが良く、空洞果が出にくい
・着果性、肥大性が良いので、1株2果どりでも、ほぼ確実に大きくなる
・実の大きさは6~8kgの大玉スイカ
・果肉は濃い桃紅色をしていて色むらがない
・皮と果肉の境界がくっきりとしていて見た目もきれい
・縞模様の縞部分はやや細く、地色は鮮やかな緑色
・肉質はジューシーでシャリ感が強く、食感が良い
・糖度は12度~13度で安定し甘く、食味が良い

 

◎栽培のコツ
・つるの勢いが強いので接ぎ木苗を使う場合は、つるの勢いが強い台木を避けて、
中程度の台木を使用する
・育苗中はがっしりした苗を育成し、日照と換気を良くし徒長のない苗に育て、
育苗後半は夜の温度を高くしないようにする
・葉や茎のみの栄養生長に偏らないように、親づる摘心後から、
子づるが育つまでの間は、蒸し込みはあまり行わないようにする
・収穫時期は受粉後、約40日で収穫できる
・追肥は、生育を見ながら適切に行う
・夏武輝は、その他標準的な大玉スイカの育て方で育つ
*蒸し込みとは、ビニールハウスやトンネルなど、
密閉できる空間、環境で内部の温度と湿度を上げること。

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方


スポンサードリンク

 

タグ :

スイカの品種