ロイヤル甘泉

スイカの育て方.com

ロイヤル甘泉

読了までの目安時間:約 5分

 


スポンサードリンク


ロイヤル甘泉

 

 

ロイヤル甘泉は、丸種株式会社が改良して販売している大玉スイカ品種です。

 

ロイヤルという高貴な名前がつけられている、
ロイヤル甘泉の特徴と、育て方のコツをご紹介します。

 

 

[ロイヤル甘泉]

 

 

◎外見も食味もトップクラス
ロイヤル甘泉は、やや腰高の形をしていて、
球形よりも少し背が高く、スラッとしています。

 

表面にはスイカらしい濃い緑と黒の縞模様が入り、
表皮にはつやがあるので、見るからにおいしそうな容姿をしています。

 

中の果肉も鮮やかな紅桃色で、色ムラが少ないです。
切ったそばから甘く爽やかなスイカの香りが溢れ、食欲をそそります。

 

重さは1玉6kg前後で、変形果も少なくよく揃います。
糖度は12度前後と、安定して甘いスイカに仕上がります。

 

肉質も締まっていてシャリ感があり、繊維も細く食べやすい食味です。
皮と果肉の間の白い部分も厚くなく、食べきった後の満足感も強いです。

 

◎優れた低温伸長性と玉伸び
ロイヤル甘泉は低温に強く、低温期の雌花の着生や花粉の出が良いため、
安定した着果率があり、安心して育てることができます。

 

また、着果後の玉伸びもとても良いため、低温期の栽培で力を発揮します。
草勢はやや強めですが、葉の大きさは中程度、つるも中位なので、
コントロールは容易です。

 

むしろ草勢がやや強いおかげで、
着果後に急激に株が疲れて実が育たないなどのトラブルが少なくて済みます。

 

◎促成~抑制まで可能
ロイヤル甘泉は、広い範囲の作型で栽培が可能です。
ハウスによる促成栽培、半促成栽培をはじめ、
大型トンネルを利用した作型や、抑制栽培まで可能です。

 

低温伸長性があるため、ハウスでの栽培も難なくクリアできます。
開花して着果してから、収穫が行えるまでの日数は、
半促成栽培(5月~6月上旬)で48日くらい、
大型トンネルでの栽培(5月下旬~6月中旬)で45日くらいが目安となります。

 

接ぎ木苗を作って栽培する場合、
台木にはユウガオの他、南瓜も使うことができます。

 

 

■ロイヤル甘泉

 

◎特徴
・スイカらしい形に高級感のある容姿が魅力の大玉スイカ
・やや腰高の形で、濃い緑と黒の縞模様がはっきりと出て美しい
・1玉6kg前後になり、変形果が少なくよく揃う
・果肉は鮮やかな紅桃色で、色ムラが少なく食欲をそそる
・糖度は12度前後で安定していて甘い
・肉質は硬めでよく締まっていてシャリ感があり、繊維が細く食べやすい
・低温伸長性に優れ、低温期の雌花の着生や花粉の出が安定している
・どの作型でも雌花がよく発生し、着果率が高い
・着果後の玉伸びが良い
・草勢はやや強いが、葉の大きさが中程度、つるも中位なのでコントロールが容易
・草勢の強さにより、着果後の株の衰えがない
・交配から収穫までは、5月~6月上旬の収穫で48日、
5月下旬~6月中旬収穫で45日が目安
・ハウスを利用した促成栽培、半促成栽培、大型トンネルを利用した栽培、
抑制栽培と、広い作型に適応できる

 

 ◎栽培のコツ
・一般的な大玉スイカの育て方と同じで良い

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方
・スイカ 収穫時期の見分け方


スポンサードリンク

 

タグ :

スイカの品種

人気の記事!

«  | ホーム |