ミニラグビー

スイカの育て方.com

人気の記事!

ミニラグビー

読了までの目安時間:約 6分

 


スポンサードリンク


Mini rugby

ミニラグビー

 

 

ミニラグビーは、ラグビーボールのような形をしたスイカ品種です。
名前の通り、ラグビーボール型になるスイカの中でも、小玉になるタイプで、
育てやすく冷蔵庫にも収納しやすく、家庭菜園でも人気があります。

 

形はラグビーボールのような楕円形になる品種ですが、
個体差によってやや細長くなるタイプと、寸詰まりになるタイプがあります。

 

実の形が長かったり短かったりしても、味は変わりません。
表面の柄は、緑に濃い緑のラインが入る縞模様ですが、
濃い緑のラインが少し崩れることもあるため、
はっきりとしたキレイな縞模様とならない場合もあります。

 

1玉の重さはだいたい2kg~2.5kgほどで、スマートな形をしているため、
家庭用の冷蔵庫の野菜室でも入れやすいサイズと形をしています。

 

切ってみると、中は赤い果肉が詰まっています。
鮮やかで、ピンクがかったような赤色が、見た目にも明るい色合いです。

 

果肉はよく締まっていて、種の周りの果肉が柔らかくなる、
「うるみ」という現象も起きにくいのが特徴です。

 

果肉がだれないため、日持ちが良いです。
1玉でも食べきるのに時間がかかる場合や、
食べる予定の日が収穫から数日後であっても、傷むことなく食べられます。

 

時々、果肉が割れてしまっていることもありますが、
それでも熟しすぎということが少なく、味は一定に保たれます。

 

味はスイカらしい甘さと爽やかさ、それから香りと食感が楽しめます。
特別に甘いというわけではありませんが、冷やしてたべれば、
みずみずしいスイカの味を堪能することができます。

 

小玉種の中でも育てやすい品種で、1番果だけでなく、
2番果や3番果の収穫も期待できます。

 

家庭菜園の場合、スペースの都合上1株しか育てられない場合でも、
1本のツルで複数個の収穫ができるのが嬉しいところです。

 

小玉スイカは実が小さい分、収穫適期を見極めるのが少し難しいとされています。
ミニラグビーは、熟した後も裂果するまでに猶予があるため、収穫適期が長めです。

 

収穫だとスイカを見に行って、実が割れてしまっているととても残念ですが、
ミニラグビーならそれを回避することができます。

 

ツルの伸び具合は、栽培前半は普通程度です。
後半になると勢いが増すので、強くなりすぎた場合は調整が必要となります。

 

1本のツルから複数個の実を収穫するためには、
1番果の肥大が止まる頃に2番果の受粉をするのがコツです。

 

3番果を受粉させるのも、2番果の肥大が止まる頃に行うと、
それぞれがきちんと肥大するので、大きさの揃いが良くなります。

 

低温期でも花粉がよく出るので、1番果の受粉の失敗が減ります。
受粉から収穫までの期間は、4月に着果して35日、
5月に着果すると32日、6月の着果では27日くらいです。

 

気温が高くなるほど熟すまでの期間は短くなりますが、
日数だけでなく、試し切りするなど、他も総合して収穫可能か見極めるようにしましょう。

 

 

■ミニラグビー

 

◎特徴
・ラグビーボール型の小玉品種
・実の形は細長い楕円や短めの楕円
・皮にはグリーンと濃いグリーンの縞模様が入る
・中の果肉は鮮やかな明るい赤
・さっぱりとした甘みとスイカ特有の香り、食感が楽しめる
・種周りのうるみが少なく、果肉がよく締まっている
・果肉に割れが発生していても、過熟になっていることが少ない
・日持ち性に優れている
・低温期の花粉の出が良く、着果性が良い
・着果性、肥大性が良いので、2番果3番果が期待できる
・裂果が少なく、収穫最適期間が小玉種の中でも長い
・6月の着果で収穫までが27日目安となる極早生の品種
・ハウスやトンネル栽培に向く

 

◎栽培のコツ
・草勢は前半が普通、後半になると強くなる傾向がある
・2番果の受粉は、1番果の肥大がおさまる頃に行う
・受粉から収穫までは、4月着果で35日、5月着果で32日、6月着果で27日が目安

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方


スポンサードリンク

 

タグ :

スイカの品種