ブラックブッシュ

スイカの育て方.com

ブラックブッシュ

目安時間:約 4分

 


Black Bush

ブラックブッシュ C)サカタのタネっと

 

 

ブラックブッシュ、放任栽培できる大玉スイカです。
最低限の手入れだけでスイカを育てられたら楽ですね。

 

地植え栽培でもベランダなどで鉢、プランター栽培でも、
コンパクトに育てられる大玉スイカです!

 

何故コンパクトに栽培できるのかというと、
このブラックブッシュは節間が詰って生長します。

 

節間が詰っていることで広がりが小さくなり、
コンパクトで省スペースになります。

 

また、地植え栽培では、株間を縮めることができます。
通常、品種によりますが、大玉スイカの株間は150㎝くらい取ります。
このブラックブッシュは45cm~50cmくらいで良いです。

 

株間が狭くなり、植え付け本数を増やすことができるので収穫量が増えます。
地植え栽培の場合は、トンネルを作って栽培するようにします。

 

なにより仕立てた後の手入れが要らないというのが楽ですね。
普通、スイカの栽培は仕立てた後も手を入れることが多いですが、
こちらは放任で栽培ができます。

 

楽に育てられるブラックブッシュ、たくさん育ちたくさん収穫できます!

 

 

[ブラックブッシュ]

 

 

■大玉スイカ ブラックブッシュ

 

◎特徴
・つるの勢いが強い
・株間を狭めてコンパクトに栽培できるので、本数を増やせば収量が増える
・放任栽培ができる
・実の表面は黒く、うっすら縞模様が出る
・実の重さは6~8kgで、2果収穫はやや小さめの4~6kgになる
・果肉は紅色でやや硬く、シャリ感がある
・糖度は12度以上と高く安定する

 

◎栽培のコツ
・つるの勢いが強いので、元肥は少なめにする
・また、つるの勢いが強いときには、受粉させるときに受粉させる株の生長点を摘心する
・仕立て方は親づる1本、子づる2本の3本仕立てで1果、または2果収穫にする
・親づるに実をつけるようにし、2果収穫の場合は親づると子づるに実をつける
・仕立て後の栽培は子づる、孫づる共に放任できる
・1番花、2番花に実をつけると実が小さくなるので、
着果位置は23~25節くらいの3番花につけるようにする
・収穫時期は受粉後、35日くらいで収穫できる
・その他栽培方法は大玉スイカと同じように栽培する

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方



 

タグ :

スイカの品種

人気の記事!