タヒチ

スイカの育て方.com

人気の記事!

タヒチ

読了までの目安時間:約 3分

 


スポンサードリンク


Tahiti

タヒチ

 

 

大玉スイカで、しましま模様が入らず、
黒いスイカを見かけることはありませんか?

 

表面が黒いスイカで見た目にインパクトがあります。
今回は、サカタのタネから発売されている「タヒチ」をご紹介します。

 

このタヒチは表面が黒いスイカの中で超人気商品です。
北海道当麻町で作られている「でんすけすいか」も、この品種で作られています。

 

またその他の地域でも「ばくだんスイカ」や「ダイナマイトスイカ」、
という名前でブランド化されて販売されています。

 

どれも高値で取引される高級スイカなんですね。

 

見て面白い、切って美しい、食べて美味しいスイカです。
高級スイカのタヒチを自宅で育ててみませんか?

 

 

suika

元肥は控えめに

 

 

■大玉スイカ タヒチ

 

◎特徴
・つる割病と炭そ病に耐病性を持っている
・丸いスイカで重さは7~8kgの大玉スイカ
・果肉がやや硬くしっかりとしていてシャリ感があり食感が良い
・糖度は11度~12度程度と高めで食味に優れている
・果肉がやや硬いことから日持ちが良い
・果肉の色は明るい紅色で表面の皮は暗い緑色をしていて縞模様がない
・肥大化しやすい
・肥大性が強いので空洞果になりやすい
・気温などの影響を受けやすい
・つるの勢いが強く高温乾燥でも実をつけた後、つるが弱りにくい

 

◎栽培のコツ
・つるの勢いが強い傾向にあるので、つるボケを防ぐために元肥は控えめにする
・親づる1本と子づる2本と3本仕立てにするのが育てやすい
・低節位についた実は摘み取る
・10節前後についた実は変形果になってしまったりスジが多いので摘果し、
15~25節くらいに着果させると良いスイカができる
・収穫時期は夏場で開花後30~35日で収穫が可能
・アブラムシが病害を持ってくるので早めの防除をする
・空洞果や裂果を防ぐために、敷きわらを敷き乾燥を防いだり適度に摘果する
・梅雨期に通気性や排水性が悪いと生育が衰えやすいので、
通気性、排水性の良い畑や土を選ぶ
・その他標準的な大玉スイカの育て方で健康に育つ
 

■参考
・スイカ 種からの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方


スポンサードリンク

 

タグ :

スイカの品種

«  | ホーム |  »