スウィートキッズ

スイカの育て方.com

スウィートキッズ

読了までの目安時間:約 5分

 


スポンサードリンク


スウィートキッズ

 

 

スウィートキッズは、萩原農場が改良した小玉スイカ品種です。
萩原農場といえば、ひとりじめシリーズが人気です。

 

スウィートキッズも、ひとりじめと競い合うおいしさが評判!
スウィートキッズの特徴と、育て方のポイントをご紹介します。

 

 

[スウィートキッズ]

 

 

◎スウィートな果肉をたっぷり堪能
スウィートキッズは、見た目は正球形~やや腰高をしていて、
スイカならではの緑と黒の縞模様をしています。

 

サイズは一般的な小玉スイカの大きさで、家庭でも食べやすい量です。
家庭用の冷蔵庫の野菜室にも入れやすいのが嬉しいところです。

 

スウィートキッズには、名前にスウィートと入っているほど、
スイカ特有の爽やかな甘さに自信のある品種です。

 

萩原農場が出している小玉スイカ品種の中でも、
ひとりじめシリーズはとても人気がありますが、
それを越えるほどの甘さがあります。

 

状態が良いと、中心部分の糖度は13度以上になることもあります。

 

一般的に、スイカは中心がとても甘く、
皮に近くなるにつれて甘みが減少します。

 

中には中心だけが甘く、外側は風味も甘みも薄いということもあります。

 

そんな中で、スウィートキッズは中心の甘みが強いことはもちろん、
中心から皮に近くなってもきちんとスイカの香りや甘みがあり、
際までしっかり甘みと美味しさを味わうことができます。

 

鮮やかな赤色の果肉と薄い皮の間には白い部分がわずかにありますが、
従来の小玉スイカと比べるととても薄いので、
ギリギリまで食べることができます。

 

 

 

 

◎大玉スイカなみにシャリ感
スイカといえば、特有の香りや甘みだけでなく、
食感を重視したいという方も多いようです。

 

スイカには大きく分けて、大玉・中玉・小玉という3種類がありますが、
スイカらしいシャリシャリとした食感は、大玉が一番強いとされます。

 

小玉は肉質が柔らかいものも多いのですが、
スウィートキッズはシャリ感がとても強く、大玉スイカなみです。

 

シャリ感に加えて、果肉はよく締まっていてシャリ感もあるのに、
果汁がたっぷりと含まれていてジューシーなのも魅力的です。

 

◎低温に強く2番果収獲も可能
スウィートキッズは、低温に強い性質があります。
草勢がやや強めですが、花粉の出がとても良いので、着果率も高いです。

 

初期に着果させ収穫した後も、2番果を着果させて収穫できるので、
1株でもたくさん収穫できます。

 

家庭菜園では、栽培スペースが限られているため、
1株でもたくさん収穫できるのは、嬉しいポイントです。

 

皮はとても薄いですが、丈夫で硬いので、裂果の心配も少ないです。
収穫後の輸送にも十分耐えられるので、出荷目的としても優秀な品種です。

 

 

■スウィートキッズ

 

◎特徴
・外は緑と黒の縞模様、中は鮮やかな赤色の小玉スイカ
・糖度は高く、シャリ感は大玉スイカなみ
・果汁をたっぷり含んでジューシーで、食味抜群
・正球形~やや腰高で形が良い
・ハウス~トンネル栽培に向く
・交配から収穫までの期間は、3月~4月収穫で39日~47日、

5月~6月収穫で31日~39日、7月収穫で30日~31日が目安となる

 

◎栽培のコツ
・基本の育て方は、一般的な小玉スイカと同じ
・植え付け時の株間は75cm~85cmが目安
・草勢がやや強めなので、元肥を少し控えめにする

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方
・スイカ 収穫時期の見分け方


スポンサードリンク

 

タグ :

スイカの品種

人気の記事!

«  | ホーム |