ゴジラのたまご

スイカの育て方.com

ゴジラのたまご

読了までの目安時間:約 5分

 


スポンサードリンク


ゴジラのたまご C)果物王国 浜中屋

 

 

ゴジラのたまごは、北海道の月形町で栽培されるブランドスイカの1つです。
流通・販売される時には、ブランド名の「ゴジラのたまご」とされますが、
ゴジラのたまごというスイカ品種はありません。

 

もとは大型たまご品種を、特定の農家で栽培してブランド化し、
販売しているものを、ゴジラのたまごと呼んでいます。

では、そのゴジラのたまごには、どのような特徴があるのでしょうか。

 

 

[ゴジラのたまご]

 

 

◎超大玉サイズのたまご型スイカ
このスイカの実を見た時、まるで恐竜のたまごのようだということから、
ゴジラのたまごという名前がつけられて販売されるようになりました。

 

ゴジラのたまごは8kg~12kgにもなる超大玉スイカなのです。
小さくても7kg~8kgほどには生長するため、
大玉スイカの中でも大きい方となります。

 

最大では15kgになるともいわれているほど大きく育つため、
ゴジラのたまごという名前がついたのにも納得できます。

 

ゴジラのたまごは、大きさもさることながら、
姿形が一般のスイカとは少し異なります。

 

まず形は、よくあるスイカのような丸い形ではなく、
たまごのような楕円形をしています。

 

また、表面の皮は明るい緑色で、黒い線が入った縞模様はありません。
地の色よりも少し濃い緑色の、細い網目模様が入っていますが、
じっと見ないと分からないくらいの薄さです。

 

 

C)ホクレングリーンネットショップ

 

 

◎サクサクで甘さすっきり
見た目に非常にインパクトがあるため、味に期待されないこともありますが、
ゴジラのたまごは食べてもおいしいスイカです。

 

皮はスイカにしては薄い色をしていますが、
中の果肉は普通のスイカと同じくらいの桃紅色をしています。

 

種も普通のスイカと同じ黒色をしていて、
桃紅色の果肉とのコントラストがスイカらしさを感じさせてくれます。

 

実際に食べてみると、さっぱりとした甘さがあり、おいしいスイカです。
それもそのはずで、糖度は12度前後まで上がることが多く、
スイカとしては甘い部類に入ります。

 

スイカ特有の香りが爽やかで、甘すぎることがなく、くどくありません。
超大玉のゴジラのたまごを丸ごと買っても、
食べ飽きることなく、満足するまでたっぷりと食べることができます。

 

◎ゴジラのたまごの販売店
ゴジラのたまごは、生産量の少ないブランドスイカです。
栽培している農家も限られていて、取り扱っているお店も限られています。
百貨店などでは取り扱いもありますが、
10kg以上の重さのスイカを持ち帰るのはとても大変です。

 

確実に購入するためにも、ネット通販がお勧めです。
販売個数も限られているため、早めの予約をしておくと安心です。

 

ネット通販なら、玄関まで重いスイカを持ってきてくれるので、
辛い思いをして家まで運ぶ必要がありません。
ネット通販でゴジラのたまごを扱っているお店をご紹介します。

 

・ホクレングリーンネットショップ
ゴジラのたまごは、2Lサイズ秀品と4Lサイズがあります。

 

2Lは約7kg、4Lは約9kgの重さがあります。
4Lサイズの方は、特製の木箱に入って届きます。
2Lなら5500円、4Lなら9600円、どちらも税・送料込みの値段となっています。

 

・果物王国 浜中屋
こちらでは、3L~5Lサイズのゴジラのたまごを販売しています。
ボール紙製の化粧箱に入って届くため、贈答品としても使えます。

 

3L~5Lサイズで8800円(税込み)です。
送料は別途かかります。

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方
・スイカ 収穫時期の見分け方


スポンサードリンク

 

タグ :

スイカの品種

人気の記事!

«  | ホーム |