ひとりじめBONBON

スイカの育て方.com

人気の記事!

ひとりじめBONBON

読了までの目安時間:約 5分

 


スポンサードリンク


hitorijimebonbon

ひとりじめBONBON

 

 

ひとりじめBONBONは、一般的なスイカに比べ皮の色が濃い黒小玉品種です。
黒皮ではありますが、皮の色が真っ黒というわけではありません。

 

一般的な縞模様のスイカと比べると、色がずいぶんと濃いですが、
よく見ると縞模様が浮いているのが分かります。

 

だいたい1玉が2.5kg~3kgくらいの小玉品種です。
ひとりじめBONBONは、小玉スイカの代表品種「ひとりじめシリーズ」の仲間です。

 

他のひとりじめシリーズと同じように、萩原農場が交配した品種です。
ひとりじめと同じように、丸っこい形をしていますが、
育った環境によっては円形~やや腰高くらいの形になります。

 

縦長の印象が強くなるような腰高ではなく、
円形の範囲内での腰高な形なので、とてもキレイな形をしています。

 

皮は黒いですが、中の果肉は真っ赤な色をしています。
表面の黒っぽい色と、中の赤色とのコントラストが美しいので、
切った時の断面も理想的な配色とバランスをしています。

 

小玉スイカは、皮際まで甘い品種が多いですが、
このひとりじめBONBONも皮際まで甘みがあり、とてもおいしく食べられます。

 

糖度も12度ととても高く、スイカの中でも高糖度な部類に入ります。
甘みが強いと、果肉が柔らかいこともありますが、とても果肉が締まっていて、
スイカ特有のシャリシャリとした食感が強いのも、ひとりじめBONBONの魅力です。

 

黒っぽいツヤのある皮をした実を切ってみると、
とたんに中からスイカの甘い香りが漂います。

 

よく冷やしてかじると、シャリッとした食感と、
じゅわっと広がる甘くジューシーな味わいと香りがたまりません。

 

自宅用として家族で楽しんでも、贈答用にして大切な人に贈っても喜ばれるスイカです。

 

ひとりじめBONBONは、種や苗も販売され、家庭菜園でも育てることが可能です。
草勢は中~やや強めなので、プロの農家でなくてもコントロールがあまり難しくなく、
良い雌花がつきやすい性質があるため、着果も安定しやすい品種です。

 

仕立て方によって、1株で2玉~3玉収穫を狙えるので、
家族で楽しむのには十分な収穫が見込めます。

 

家庭菜園では、育てられる株数が限られますが、それだけ収穫できれば万々歳です。
小玉種の中には、収穫適期を逃すと玉割れや裂果が多くなるものもありますが、
ひとりじめBONBONは皮がとても丈夫なため、裂果することがほとんどありません。

 

裂果が少ないのも、家庭菜園で育てやすい理由の1つです。

 

 

■ひとりじめBONBON

 

◎特徴
・黒皮の小玉種
・表面の皮は黒っぽい色をしているが、よく見ると縞模様が入っている
・球形~やや腰高の形をしているため、とても見栄えがする
・1玉2.5kg~3kgほど
・糖度12度と甘みが強く、スイカ特有の香りが強い
・皮がとても丈夫なため、裂果がほとんど起きない
・果肉は鮮やかな赤色
・果肉がよく摘まっていてシャリ感が強い
・ウルミ果の発生が少ない

 

◎栽培のコツ
・種子が小さめなので播種~接ぎ木までにかかる日数が2日~3日ほど長い
・3本仕立てにして2玉収穫、あるいは4本仕立てにして3玉収穫を目指す
・交配~収穫までは、5月~6月収穫で34日~42日、7月~9月収穫で30日~34日が目安
・草勢は中~やや強め
・良い雌花がつきやすいので、着果が安定している

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方
・スイカ 収穫時期の見分け方


スポンサードリンク

 

タグ :

スイカの品種