ひとつだね Tiger

スイカの育て方.com

人気の記事!

ひとつだね Tiger

読了までの目安時間:約 4分

 


スポンサードリンク


ひとつだねTiger

 

 

ひとつだねTigerは、萩原農場が販売しているひとつだねシリーズの1つです。
ひとつだねシリーズは、どれもほぼ種のない種なし品種です。

 

ひとつだねは3kg前後の小玉種、ひとつだねBearは黒皮種、
そしてこのひとつだねTigerが種なしの大玉種です。
その特徴と育て方のコツをご紹介します。

 

 

表皮はスイカらしい、緑と黒の縞模様をしていて、
球型~やや腰高くらいの美しい形をしています。

 

ひとつだねシリーズの中でも、このひとつだねTigerは種なしということ以外、
特に何の特徴もない品種のように感じていましたが、
このひとつだねTigerは種なしスイカのイメージを変える素晴らしい品種なのです。

 

種なしスイカといば、種はないけれどスイカの味や甘みが薄かったり、
スイカらしいシャリ感が少なくて物足りないというイメージでした。

 

しかも中には種なしと謳っている割りに、
黒くて硬い種がいくつも発生していたりすることもありました。

 

また、種なしスイカは、果肉の中央には甘みがのるものの、
皮際にいくにしたがって甘みが薄れ、中心と外側の糖度の差が気になるところでした。

 

◎シャリ感、均等な甘みが魅力
このひとつだねTigerは、スイカらしい味わいと香りはもちろん残した状態で、
シャリ感の強さが魅力です。

 

シャリ感が強く、さらに甘みが強いのも特徴で、中央から外側まで、
ほぼ均等に甘みがのるのが最大の特徴です。

 

ひとつだねシリーズをお披露目したイベントで実測された糖度では、
中央が12.6、外側が12.2だったそうです。

 

スイカの中でも、13度前後まで糖度の上がるものは、甘いスイカとされ、
中央と外側でこれほど甘みに差ができないものも珍しいでしょう。

 

カットした中の果肉は空洞果が少なく、
シイナと呼ばれる白い小さな種の発生も少ないので、カット販売に適します。

 

ダイス状にカットし、素敵なガラス容器に盛り付けてピックを刺せば、
お洒落なフルーツカップとしてお店で提供することもできます。

 

スーパーで販売する時も、ダイスカットにして透明のプラカップに詰めれば、
種なしの魅力を前面に出すことができます。

 

種なし大玉スイカの中でも、比較的育てやすい品種となっているため、
栽培にチャレンジしやすいのも魅力です。

 

 

■ひとつだね Tiger

 

◎特徴
・緑と黒の縞模様が美しい種なしの大玉種
・果肉はよく締まってシャリ感が強く、甘みが強い
・果肉の中央と外側で糖度の差が出にくい
・空洞果が少ないため、カット販売に最適

 

◎栽培のコツ
・比較的栽培しやすい品種
・大玉スイカの育て方を参照してください。

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方
・スイカ 収穫時期の見分け方


スポンサードリンク

 

タグ : 

スイカの品種

«  | ホーム |