ひとつだね Bear

スイカの育て方.com

人気の記事!

ひとつだね Bear

読了までの目安時間:約 4分

 


スポンサードリンク


ひとつだね Bear

 

 

ひとつだねBearは、萩原農場が育成販売している、
ひとつだねシリーズの黒皮品種です。

 

ひとつだねシリーズは、萩原農場の種なしスイカのシリーズです。
もちろん、このひとつだねBearも種なし品種です。

特徴と育て方のコツをご紹介します。

 

◎黒皮種で美しい種なしスイカ

スイカの中でも、皮の黒いタイプの黒皮種は希少とされていますが、
その中でもさらに種なしで、ひとつだねBearはかなりレアな存在といえます。

 

表面の皮はとても色が濃く、遠目から見ると黒に近いように見えますが、
近くで見るとスイカらしい縞模様がうっすらと見えるのが特徴です。

 

中の果肉は明るい赤色をしているため、外側の黒と中の赤、
それから皮と果肉の間の白い部分とのコントラストが美しい品種です。

 

黒い種の発生がほぼないため、大きめのスプーンで豪快にすくって食べても、
種を気にする必要がなく、安心して美味しさを満喫できます。

 

種がない点を利用して、ジュースにして贅沢な気分を味わうのも良いです。

 

◎シャリ感が強く甘みと旨みもじゅうぶん
種なしスイカは味が悪いと思われていることがありますが、
ひとつだねBearは果肉がよく締まり、シャリ感が強いです。

 

甘みもシリーズの中では特に強く、強い甘みと旨み、
スイカの香りとシャリシャリとした食感を存分に楽しめます。

 

1玉が6kg~8kgほどにもなる大玉スイカなので、
大人数で食べる時にも遠慮する必要がありません。

 

実の形もキレイな球型なので、中をくりぬいて器にして、
フルーツポンチやゼリーなどにするのも豪華でおいしいです。

 

草勢はやや強めですが、雌花の着生が良いため、着果率も安定しています。
また、空洞果などの発生も少ないため、秀品率が高いのも嬉しい点です。

 

 

■ひとつだね Bear

 

◎特徴
・1玉6kg~8kgの大玉種
・表面の皮は黒く、近づくとうっすらと縞模様が見える
・中の果肉は明るい赤色
・肉質はよく締まってシャリ感が強め
・糖度が安定して高く出るため、甘く濃厚な味わいを楽しめる
・シイナ(白い種)も目立ちにくいため、カット販売にもお勧め
・空洞果の発生が少なく、秀品率が高い

 

◎栽培のコツ
・草勢は強めだが、雌花の着生は安定している

 

■参考
・スイカ 地植えの育て方
・スイカ プランターの育て方
・スイカ 鉢での育て方
・小玉スイカ 地植えの育て方
・小玉スイカ プランターの育て方
・スイカ 収穫時期の見分け方


スポンサードリンク

 

タグ :

スイカの品種